ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

  • 関連の記事

「PlayBook」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「PlayBook」に関する情報が集まったページです。

Computer Weekly導入ガイド
顧客主導主義となるための投資
デジタルカスタマーエクスペリエンスの強化に向け、いかに小売り業務を転換すべきか。Forresterの「Digital Store Playbook」から抜粋して紹介する。(2019/2/13)

Azureでプロビジョニングなどを自動化:
MicrosoftがAnsible対応をさらに進める、完全構成済みのAzure Marketplaceソリューションを提供開始
Microsoftは、オープンソースの構成管理ツール「Ansible」について完全に構成されたAzure Marketplaceソリューションを提供開始した。(2019/2/1)

井手社長×スチュアート社長対談:
PR:ヤッホーとアトラシアンに学ぶ「チーム作り」の極意
「強いチーム」の力でビジネスを成長させている、ヤッホーブルーイングとアトラシアン。かたや長野県のビールメーカー、かたや外資系のITツール開発企業。一見正反対のようにも思える2社にはどんな共通点があるのか? 両社の社長が「チーム作り」について語り合った。(2018/5/30)

BlackBerryのアプリストア、2019年12月31日に閉店へ
2016年からAndroidベースの端末を販売しているBlackBerryが、独自OS向けアプリストア「BlackBerry World」を2019年12月31日に閉鎖すると発表した。(2017/12/18)

Google Playストアでの検索結果、高品質アプリを優先表示
GoogleはAndroidアプリストアの検索結果で、同じカテゴリのアプリであれば高品質なアプリを優先表示するようアルゴリズムを変更した。(2017/8/4)

DRBDの仕組みを学ぶ(16):
DRBD 9環境の構築をAnsibleでサクッと自動化する
DRBDを軸に、データを遠隔地にも即時複製して万が一の事態に備える「冗長化/高可用性システム」の構築テクニックを紹介する本連載。今回は、DRBDの最新版「DRBD 9」環境をOSSの環境構築自動化ツール「Ansible」を使って簡単に構築する方法をお届けします。(2017/4/17)

Sensuで始めるクラウド時代のシステム監視(4):
SensuとUchiwaのインストールと基本設定のポイント
新たなクラウド監視ツールとして注目され始めている「Sensu」の活用方法を解説する本連載。今回は、Sensu本体とSensuのダッシュボード「Uchiwa」のインストール方法を解説します。(2017/4/12)

サイバーセキュリティに関する広範な製品とサービス施策を発表:
マイクロソフトの「サイバーセキュリティ強化策」は、この1年でどれだけ進んだのか
マイクロソフトが、同社の注力するセキュリティ分野の技術、サービス開発、提携状況の過去1年の成果と状況を告知。モバイルファースト、クラウドファーストの実践に不可欠となるクラウドセキュリティにおける同社の取り組みをアピールした。(2017/2/14)

SAPなど基幹アプリケーションにフォーカス:
VirtustreamがNTT Comと提携して国内データセンター開設を発表
米国のユニークなクラウドサービス、「Virtustream」が、NTTコミュニケーションズ、EMCジャパンと提携して、国内データセンターからサービスを提供開始すると発表した。99.999%の可用性で、SAPなど、基幹アプリケーションのクラウド移行に焦点を当てている。(2017/2/6)

Ansibleで始めるサーバ作業自動化入門(終):
WebブラウザでAnsibleの実行を管理するAnsible Towerのインストールと使い方
本連載では、「マニュアルやシェルスクリプトを使ったサーバ管理に課題を持つ方」を対象に、Ansibleの基本的な使い方を紹介。今回は、Ansibleの実行をWebブラウザから管理するツール「Ansible Tower」について、概要と便利機能、インストール手順、使い方などを解説。(2016/11/30)

2016年内は無料の格安ビルドパイプラインも:
PR:サービスファースト時代、開発ツールベンダが、DevとOpsとカスタマーサービスの壁を壊した事例、チームの診断から演習までを提案する理由
開発ツールベンダのアトラシアンが年次イベント「Atlassian Summit 2016」の報告会を開催。アトラシアンが重要視したのは、ツールのアップデートのみならず、サービスファースト時代のビルドパイプライン、DevとOpsとカスタマーサービスの壁を壊した事例、チームの診断から演習まで、と多岐にわたるものだった。その裏側にある“思い”とは――(2016/11/28)

実際に検証済み!OSS徹底比較(7)Dockerコンテナ環境管理編:
OSSのDockerコンテナ環境管理ソフト 注目の5製品紹介 2016年版
Dockerコンテナ環境をGUIを利用して管理を行いたいニーズは大きく、各社よりDockerコンテナの起動制御やスケジューリングをGUIから行える管理ソフトが提供されている。今回は、GUIに対応したDocker環境の管理ツールの内の5つのOSSをピックアップ。特徴やメリット、デメリットなどを解説する。(2016/11/28)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
製造中止も何のその――BlackBerryマニアはドバイへ行こう!
最近になって、BlackBerryがスマートフォンの自社製造を停止することが決まりました。それでもドバイでは、まだBlackBerry人気が高いことを認識させられます。ドバイモールに行ってみると、巨大なBlackBerryストアが店を構えているのです。(2016/10/30)

Ansibleで始めるサーバ作業自動化入門(4):
Playbookを再利用しやすくするRoleの基本と共有サービスAnsible Galaxyの使い方
本連載では、「マニュアルやシェルスクリプトを使ったサーバ管理に課題を持つ方」を対象に、Ansibleの基本的な使い方を紹介。今回は、プレイブックを再利用しやすくするための機能と、「ロール」と呼ばれる推奨ディレクトリ構成、共有サービスAnsible Galaxyの使い方を紹介します。(2016/10/5)

オープンソースとエンタープライズの関係(5):
米レッドハットがAnsibleを買収した理由を責任者に聞いた
Ansibleはなぜ、米レッドハットに買収されたのか。また、どう進化しようとしているのか。米レッドハットでAnsibleの買収を指揮した、米レッドハット管理製品事業部門の責任者であるJoe Fitzgerald氏に聞いた。(2016/9/20)

Ansibleで始めるサーバ作業自動化入門(3):
Ansibleを効果的に使うのに欠かせないPlaybookの基本的な書き方まとめ
本連載では、「マニュアルやシェルスクリプトを使ったサーバ管理に課題を持つ方」を対象に、Ansibleの基本的な使い方を紹介。今回は、プレイブックの作成に焦点を当て、変数、繰り返し実行、条件分岐といった基本的な機能を紹介します(2016/7/26)

実際に検証済み!OSS徹底比較(4)サーバ構築自動化【後編】:
OSSのサーバ構築自動化ツール、4製品徹底検証 2016年版
サーバ構築・運用自動化ソフトの中でも特に利用者の多い、「Chef」「Ansible」「Puppet」「Itamae」の4製品をピックアップ。「各ソフトの実行環境の構築手順」「OSSのBlog/CMS基盤であるWordPressの構築」を通じて、その違いを探り、体感いただく本連載。後編ではPuppet、Itamaeを紹介する。(2016/6/24)

実際に検証済み!OSS徹底比較(3)サーバ構築自動化【前編】:
OSSのサーバ構築自動化ツール、4製品徹底検証 2016年版
今回は、サーバ構築・運用自動化ソフトの中でも特に利用者の多い、「Chef」「Ansible」「Puppet」「Itamae」の4製品をピックアップ。「各ソフトの実行環境の構築手順」「OSSのブログ/CMS基盤であるWordPressの構築」を通じて、その違いを探る。(2016/6/23)

Ansibleで始めるサーバ作業自動化入門(2):
Ansibleにおける環境構築やリリース作業でよく使う5つのModule+α
本連載では、「マニュアルやシェルスクリプトを使ったサーバ管理に課題を持つ方」を対象に、Ansibleの基本的な使い方を紹介。今回は、環境構築やリリース作業でよく使うモジュールについて、使い方とよく使う引数を紹介します。(2016/6/10)

Ansibleで始めるサーバ作業自動化入門(1):
サーバ管理者も開発者も知っておきたい構成管理ツールとAnsibleの基礎知識
本連載では、「マニュアルやシェルスクリプトを使ったサーバ管理に課題を持つ方」を対象に、Ansibleの基本的な使い方を紹介。初回は構成管理ツールとAnsibleの概要、Ansible 2.0の環境構築方法を解説します。(2016/3/28)

コードネームは“Over the Hills and Far Away”:
インフラ自動化ツール「Ansible 2.0」が正式版がリリース
インフラ自動化ツール「Ansible」がメジャーバージョンアップ。リファクタリングによるアーキテクチャの整理に加え、Block文や動的なIncludeなどの新機能が含まれています。(2016/1/13)

BlackBerry、SamsungのGALAXYベースのタブレット「SecuTABLET」を発表
かつて「PlayBook」というタブレットを販売していたBlackBerryが、SamsungおよびIBMと協力し、「GALAXY Tab S 10.5」ベースのセキュアなタブレット「SecuTABLET」を企業や政府機関向けに発売する。(2015/3/16)

【連載】今こそ! ヒートマップ:
第6回 ネイティブアドの“views”の効果計測にはヒートマップが欠かせない
2014年は日本におけるネイティブアド元年と言える年でした。そんな中、広告主、媒体側の両方にとって、ネイティブアドの効果測定をどう行うかが大きな課題になっています。今回は、ネイティブアドの効果計測にヒートマップをどのように活用すればよいのかを解説します。(2014/11/25)

CAが新経営戦略発表:
新CAはマネージメントクラウド、DevOps、セキュリティの3分野に注力
(2014/7/25)

端末の価格は数百ドルだが、データには数百万ドルの価値
従業員が半年でタブレット5台を紛失、そのとき企業はどう対処する?
企業導入が進むタブレット。調査によると、多くの企業はまだ場当たり的な対応しかできていない。端末の紛失・盗難など数多くのリスクが潜む。企業の機密情報を守るには、適切なモバイルデバイス戦略が必要だ。(2014/7/18)

動画で比較:
Kindle Fire HD 7とNexus 7第2世代モデルの比較
Googleが先日発表したNexus 7の第2世代モデル。2013年タブレットの標準構成といえそうなスペックだが、昨年発売されたAmazonのKindle Fire HD 7と比較してみた様子を動画でお届け。(2013/8/19)

BlackBerry、第1四半期のスマートフォン出荷台数は680万台
スマートフォン市場で苦戦するBlackBerryの3〜5月期のスマートフォン出荷台数は680万台で、タブレットはわずか10万台だった。(2013/7/1)

メインフレームを軸に「DevOps」など新分野へ注力――CAの5年計画
CA Technologiesが今後5年間の経営戦略を発表。メインフレーム向けソフトウェア事業を主軸としつつ、アプリケーション開発支援などの新分野にも注力するという。(2013/6/26)

新モデルの「Z10」、2カ月で100万台を出荷――BlackBerry、第4四半期は黒字に
売上高は前年同期比減となったが、1月末に発表した最新機種「BlackBerry Z10」の出荷台数が発売から約2カ月で100万台に達するなど好材料も出ている。(2013/3/29)

HTML5ベースの電子書籍は電子出版領域を破壊する
HTML5ベースで制作することでプラットフォーム非依存とした電子書籍は果たして人気を博すだろうか。(2013/3/12)

製品解剖:
BlackBerryの最新スマホを分解、「GALAXY S III」の採用品を数多く搭載
2013年2月に、社名を、その主力製品と同じBlackBerryに変更した旧RIM。同社の最新スマートフォン「BlackBerry Z10」を分解したところ、ライバルであるSamsung Electronicsの「GALAXY S III」に採用されている部品が、数多く搭載されていることが分かった。(2013/2/20)

「BlackBerry 10」発表間近のRIM、アナリストが高い評価――端末事業はLenovoが関心
RIMのBYOD対応の企業向けソリューションや新OSのユーザー体験を高く評価。一方で、端末事業にはLenovoが関心を寄せているという。(2013/1/25)

RIMのCEO、BlackBerryのOSライセンスとハードウェア事業売却の可能性を認める
「さまざまな選択肢を考えている」――。BlackBerry 10の発表を来週に控えたRIMのCEOが、スマートフォン市場の展望やRIMの将来について語った。(2013/1/22)

Zinio、新Z-Passメンバーシッププログラムを立ち上げ
複数の雑誌から3冊まで月額5ドルで読める――Zinioが電子雑誌向けの新たな購読パッケージ「Z-Pass」を発表した。(2013/1/21)

2013年にBlackBerry 10端末6機種を投入――RIM、スマホ第三極に自信
]1月30日に「BlackBerry 10」の発表を控えるRIM。2013年にはBlackBerry 10端末6機種を投入する計画で、AndroidやiOSに次ぐ第三極のスマホOSの座を確立したい考えだ。(2013/1/10)

Kindle Fire HD 7とKindle Fire2012年モデルの比較動画
7インチのKindle Fire HDと、スペックアップしたKindle Fire2012年モデルを動画で比較。(2012/10/11)

手段の1つでも本格的:
SAPジャパン流のBring Your Own Device
企業ITのトレンドの1つになった「BYOD」。企業への訴求に熱心なベンダーもあるが、ベンダー側はBYODをどのように考えているのか――。SAPジャパンでの取り組みを聞いた。(2012/8/2)

RIM、予想以上の赤字 「BlackBerry 10」遅延と5000人の削減を発表
2012年下期に予定されていた次期OS「BlackBerry 10」のリリースが、2013年1〜3月期にずれ込む。(2012/6/29)

海外モバイルニュースピックアップ:
Microsoft Surface、人気のほどは
海外のモバイル系ニュースを短信でお伝えします。今日のトピックは、Surfaceに関するアンケート調査の結果、高まる一方のスマホへの依存度、iPhoneなしだとどれだけ困る? つぶやくとただでお茶が飲める自販機など。(2012/6/25)

ESEC2012:
「車載情報機器のHMIはHTML5ベースが主流に」、QNXが新プラットフォームを公開
QNXソフトウェアシステムズが開発中の車載情報機器向けアプリケーションプラットフォーム「QNX CAR 2」は、標準でHTML5ベースのアプリケーションをサポートしている。(2012/5/16)

RIM、次期OS「BlackBerry 10」を正式発表
Research In Motionが開発者向けカンファレンスで次期OS「BlackBerry 10」を披露し、SDKの提供を開始した。(2012/5/2)

Google、YouTubeやWebサイトで展開できる「動画広告向けAdWords」を開始
AdWords同様にターゲティングでき、ユーザーが再生した場合にのみ課金される動画広告サービスがスタートした。(2012/4/23)

BlackBerryのRIM、赤字転落
RIMが2011年12月〜2012年2月期、ついに赤字転落。ソーステン・ハインズCEOは“戦略的機会”を検討中と語った。(2012/3/30)

電子ブックレット:
RIM初のタブレット「PlayBook」を分解、主要チップの多くをTIが供給
RIM初のタブレット端末「BlackBerry PlayBook」を分解したところ、主要チップの多くをTexas Instrumentsが供給していることが明らかになった。(2012/3/27)

これからの「タブレットOS」の話をしよう
タブレットシーン全体はあらゆる側面でApple iOSとGoogle Android OSに二分されたまま、両OSの支配が続いている。この現実を踏まえ、タブレットOSの今を考えてみたい。(2012/3/21)

海外モバイルニュースピックアップ:
早くも新iPadを求めて並ぶ人が――英国のリージェントストリートで
海外のモバイル系ニュースを短信でお伝えします。今日のトピックは英国の新iPadの行列、セレブとケータイのオモシロ写真、BlackBerry PlayBook用キーボードなど。(2012/3/14)

RIM、タブレットOS「BlackBerry PlayBook OS 2.0」リリース
遅れていたBlackBerryタブレット「PlayBook」の新版OSがようやく公開された。Androidアプリの一部が利用できるほか、TwitterやLinkedInのメッセージもまとめられる統合受信ボックスなどの新機能が追加された。(2012/2/22)

EE Times Japan Weekly Top10:
ルネサス・富士通・パナソニックの半導体事業統合報道、米国のEE Times編集長はこう見る
EE Times Japanで先週(2012年2月5日〜2月11日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2012/2/13)

ビジネスニュース:
PlayBookの値下げが止まらない、Kindle Fireとの激しい競争で
RIMはPlayBookの在庫を一掃しようとしている。それに伴い、同タブレット端末の価格は下がる一方である。(2012/2/8)

RIMの共同CEO2人が辞任 新体制下で立て直し
BlackBerryのRIMは、20年にわたって共同CEOを務めていたラザリディス氏とバルシリー氏が辞任したと発表した。新体制下で立て直しを図る。(2012/1/23)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。