ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

  • 関連の記事

「PlayBook」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「PlayBook」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

生成AIは味方? 未来の営業:
24時間働ける「AIセールスマン」に勝てる? 今人間が磨くべきスキルとは
(2024/2/28)

生成AIは味方? 未来の営業:
マネジャーはもう不要? 営業組織のAI活用で「人間の業務」はどう変わるか
(2024/2/27)

生成AIは味方? 未来の営業:
生成AIの台頭で、日本から「外回り営業」は無くなるのか?
(2024/2/26)

米国式「BDR」の実力:
2年分のアポをたった半年で獲得、なぜ? TOPPANデジタルのインサイドセールス改革
(2024/1/29)

「飛び込み営業」がついに死語に!? AIの台頭でくつがえる営業の常識
もしかしたら、AIの活用によって日本から飛び込み営業がなくなる日が来るかもしれない――。AIの台頭で営業の常識が変わりつつある今、時代遅れな方法はどんどん淘汰されている。今後の日本の営業活動はどう変化するのだろう……?(2023/12/7)

令和でも「黒革の手帖」は通用するか:
「俺の顧客リスト」を持つ営業マンを採用――これって正解? 米国から学ぶ「脱・属人化」
トップ営業マンがいわゆる「黒革の手帖」と呼ばれるような独自の顧客リストを作ることが価値になる風潮がいまだに存在する。令和の時代でも「黒革の手帖」に価値はあるか? グーグルジャパン元営業統括部長が解説する。(2023/12/4)

併用すれば多くのインフラ管理が可能に:
「Ansible」と「Docker」の違いは? 両ツール連携の仕組みは?
AnsibleとDockerにはそれぞれ特定の役割がある。AnsibleのPlaybookとDockerのDockerfileを一緒に使えば、サーバの制御と構成可能性が向上する。本稿では、AnsibleとDockerの違いと、両ツールが連携する仕組みを解説する。(2023/12/1)

「再現性」が肝:
リードの40%が商談化するインサイドセールス「BDR」の立ち上げ方 8STEPをじっくり解説
(2023/11/28)

リードの40%が商談化!? 米国式インサイドセールス「BDR」の実力とは
米国で注目を集めるインサイドセールス「BDR」をご存じだろうか? リードの40%が商談化するというデータも出ており、今注目を集めている。日本でも需要は高まるか。(2023/11/9)

たくさんのサーバを一気に構築できる“自律構築の仕組み”とは:
「ダブルチェックを頑張る」でごまかさない、スクウェア・エニックスのサーバ設定漏れ防止策
スクウェア・エニックスは膨大な数のゲームを提供している。当然、それらを支えるインフラも大量で、運用管理にかかる手間も大きい。「Cloud Operator Days Tokyo 2023」のセミナーを基に、大量サーバの最適な管理法を紹介する。(2023/11/9)

【プロンプト公開】:
ChatGPTが受注率も算出できる「良い営業データ」とは? AI時代のデータの作り方
AI時代に求められる「良い営業データ」とはどういうものでしょうか? 良い営業データとAIを組み合わせることで、さまざまな営業業務の自動化が可能になります。実際に良い営業データをChatGPTに入れてみたところ……(2023/10/13)

開発や運用における「生成AI」の実力【第2回】
“生成AIが仕事を奪う”なんて話より大事な「IaC」や「SRE」に何が起きるのか
人間の仕事は生成AIに置き換わるのではないかという懸念が広がっている。生成AIは開発者や運用担当者の仕事をどう変える可能性があるのか。(2023/9/29)

営業業務の効率化に「AI」は必須ではない より重要な「ある条件」を満たすデータ
AIを営業活動に取り入れ、効率的に活用するためには、AIに学習させるデータの準備が不可欠です。そのデータの質はとても重要で、実は「とある条件」を満たすデータであればAIを活用せずとも、営業活動を効率化できるのです。(2023/9/7)

AIはまだ営業を代替できない:
なぜ、日本企業の営業組織は「AI」と「データ」を正しく使えないのか?
なぜ日本企業の営業組織は「AI」と「データ」を正しく使えないのか? 効果的な活用を阻む日本企業特有の課題と、解決策を前後編にわけて解説していきます。(2023/8/10)

CIO Dive:
ChatGPTが“ばか”になっている? 研究で明らかになった「噂の真相」
「ChatGPTが“ばか”になっている」「しかも有料版の方が無料版よりもまずい回答をしている」といったうわさは本当か? スタンフォード大学とカリフォルニア大学の研究結果を紹介する。(2023/7/31)

AIの波にのまれるな:
米国で「営業マネジャー不要論」が話題 AIが代替できない「営業の仕事」はあるのか
「営業職はAIに代替されるのか」というテーマは、日本のみならず世界中で話題になっており、米国では「営業マネジャー不要論」が持ち上がっています。なぜ米国ではそのような議論に発展したのでしょうか? そのワケと日本企業への影響を解説していきます。(2023/7/21)

APACのCIOが重視するIT分野【第4回】
「AI技術」の“これだけは外せない”用途は? IDC調査から探る
APAC(アジア太平洋地域)のCIOは、人工知能(AI)技術をどのような用途に使おうと考えているのか。主要な用途をIDCの調査結果から探る。(2023/4/19)

BIM先進国の英国に学ぶ:
BIM先進国の英国に学ぶ「ISO 19650」の真意と「建築安全法」の背景【BIM特別鼎談 Vol.1】
英国は、日本での2023年度からの公共事業のBIM原則適用よりも先行して、2016年に全ての公共工事の調達でBIM Level 2(Full Collaboration:意匠/構造/設備でBIM共有)を義務化した。2018年には英国規格協会のBSIが「ISO 19650」を策定して以降、ここ数年は国内でも大和ハウス工業を皮切りに、ISOの認証取得に挑む企業が増えつつある。BIM本格化を前にして岐路に立つ日本の建設業界にとって、BIM先進国の英国に学ぶことは多いはずだ。(2023/4/17)

APACのCIOが重視するIT分野【第3回】
「脱パブリッククラウド」を引き起こす“あの問題”とは
パブリッククラウドのシステムを別のインフラに移行させる動きがアジア太平洋地域(APAC)で起きていることが、IDCの調査で分かった。企業がインフラを選定する際に、何が問題になっているのか。(2023/4/12)

APACのCIOが重視するIT分野【第2回】
「脱パブリッククラウド」が当然のように起きている“意外な理由”
調査会社IDCの調査によれば、アジア太平洋地域の企業がパブリッククラウドから従来のデータセンターへとシステムを戻す傾向があることが分かった。何が理由なのか。(2023/4/5)

APACのCIOが重視するIT分野【第1回】
アジア太平洋のCIOが考える「懸念」と「重点分野」は? IDCが調査
調査会社IDCがアジア太平洋地域(APAC)のCIOとIT意思決定者を対象に、IT分野の優先順位に関する調査を実施。APACで懸念点や関心事になっていることとは。(2023/3/29)

NTT ComがマネージドSOARサービスを提供 セキュリティ自動化を容易に実現
NTT Comは2023年3月31日から、SOARの円滑な導入と運用を支援する「マネージドSOAR」の提供を開始する。インシデント対応時の対処をテンプレート化、自動化することで、セキュリティ担当者不足を解消する。(2023/3/28)

スキマ時間にこっそり学ぶ「Ansible」入門(終):
AnsibleとTerraformを連携させてAWS環境の構築を自動化してみよう
Ansibleのユースケースを紹介しながら、Ansibleの魅力をお伝えする本連載。最終回はAnsibleとTerraform を連携させてAWS環境の構築を自動化する方法を紹介します。(2023/3/28)

コードでインフラ構築、管理を実現するOSSたち(終):
OSSの運用自動化ソフト 注目の7製品まとめ(Jenkins/Packer編)
「IaC(Infrastructure as Code)」を実現するソフトウェア製品を比較して紹介する本連載。今回はJenkinsとPackerを紹介します。ぜひ選ぶ際の参考にしてみてください。(2023/3/24)

事前学習なしで対話型AIのノーコード開発を実現 Kore.aiが新機能を発表
Kore.ai Japanは、対話型AIプラットフォームの最新版「Kore.ai Experience Optimization Platform 10.0」の提供を開始した。バーチャルアシスタントの設計や開発、管理を大幅に簡素化する機能が盛り込まれた。(2023/2/21)

海外医療技術トレンド(92):
米国の医療ロボットセキュリティを主導するオープンコミュニティーの広がり
本連載第88回で「対米外国投資委員会による国家安全保障リスクの進展に対する堅牢性の考慮の確保に関する大統領令」を取り上げたが、その典型的な対象製品の一つが、医療介護福祉分野で普及するロボットだ。(2023/2/17)

端末への攻撃、検知だけで本当に大丈夫か?:
PR:EDRの導入が進んでも、日本の企業や組織を防御する決定打にはならない理由
テレワークの拡大も相まって、エンドポイントのセキュリティ対策の一つとして注目されているのが「EDR」だ。だが、“EDRだけ”では激化するサイバー攻撃を防ぐことは難しいのが実情でもある。EDRがセキュリティ対策の決定打となり得ない理由とは、EDRに足りないものとは、EDR以外に有効な対策とは何か。(2023/2/9)

編集部コラム:
ChatGPTでPlaybookを生成してみて分かったこと、足りないこと
「それらしい回答」をそれっぽく自信満々に回答するチャットAIと向き合う人類に必要なことは何でしょうか。(2023/1/31)

スキマ時間にこっそり学ぶ「Ansible」入門(3):
Ansibleを使って複数サーバのセキュリティチェックと脆弱性対応を進める方法
自動化ツールの一つである「Ansible」について、これから学ぼうという方、使っていきたい方を対象に、導入方法から実用例までを簡単に紹介していきます。第3回は複数のシステムに対するバージョンチェックや脆弱性対策を一度に実行する方法を解説します。(2023/1/26)

スキマ時間にこっそり学ぶ「Ansible」入門(2):
WordやExcelでまとめた構築手順書を「Ansible Playbook」に置き換えてみよう
自動化ツールの一つである「Ansible」について、これから学ぼうという方、使っていきたい方を対象に、導入方法から実用例までを簡単に紹介していきます。第2回は、Ansibleを利用してWordやExcelでまとめた構築手順書を置き換える方法を解説します。(2023/1/10)

ソフトウェアサプライチェーンの守り方(2):
日本におけるソフトウェアサプライチェーンセキュリティとSBOMの目的
米国と欧州を中心に法整備が進みつつある「ソフトウェアサプライチェーン」のセキュリティについて解説する本連載。第2回は、日本でのソフトウェアサプライチェーンセキュリティに関する取り組みの状況について紹介する。(2023/1/5)

注目のIaC(Infrastructure as Code)ソフトウェア7製品徹底比較 2022年版(2):
OSSの運用自動化ソフト 注目の7製品まとめ(Chef/Puppet/Pulmi編)
「IaC(Infrastructure as Code)」を実現するソフトウェア製品を比較して紹介する本連載。今回はChef、Puppet、Pulumiを紹介します。ぜひ選ぶ際の参考にしてみてください。(2022/12/28)

TechTarget発 世界のITニュース
「Now Platform」に勤務環境と業務効率を改善する“3機能”が追加
ServiceNowが「Now Platform」の3つの新機能を発表。電子化と自動化で従業員の働き方管理や組織の生産性向上を支援する。(2022/12/26)

解決!OSSコンプライアンス(10):
SBOMの2大フォーマット「SPDX」「CycloneDX」の違いとは?
OSSコンプライアンスに関するお悩みポイントと解決策を具体的に紹介する連載「解決! OSSコンプライアンス」。今回は、協力会社を巻き込んだ開発で重要性を増す、話題のSBOMと標準フォーマットを詳しく解説します。(2022/12/7)

コードでインフラ構築、管理を実現するOSSたち(1):
OSSの運用自動化ソフト 注目の7製品まとめ(Ansible/Terraform編)
システム構築、運用の自動化を担う「IaC(Infrastructure as Code)」を実現するソフトウェアは多くの種類が存在します。本連載では注目のIaCソフトウェア製品を7つ列挙し、それぞれの特徴などを比較して紹介します。ぜひ選ぶ際の参考にしてみてください。(2022/11/30)

スキマ時間にこっそり学ぶ「Ansible」入門(1):
さらば煩雑な手作業、運用負荷――Ansibleで「インフラ自動化」を始めよう
自動化ツールの一つである「Ansible」について、これから学ぼうという方、使っていきたい方を対象に、導入方法から実用例までを簡単に紹介していきます。初回は、Ansibleの概要と基本的な使い方、導入方法を解説します。(2022/11/15)

こっそり始めるパッチマネジメント自動化入門(2):
Linux/Windowsのパッチ適用自動化のポイント――基盤環境構築、単体試験の自動化で使える4つのOSSとは
パッチ適用の時間を短縮する「自動化」について解説する連載。今回は、Linux/Windowsのパッチ適用の自動化と、OSSを使う基盤環境構築、単体試験の自動化について解説します。(2022/9/12)

「Cloud Operator Days Tokyo 2022」セミナーレポート#5:
なぜベテラン運用者は「しきい値超えのアラート」を静観できるのか ブロードリーフが考える“アラートへの向き合い方”
Cloud Operator Days Tokyo 2022のセッション「効果的なアラートを再考する『メモリ使用率が80%になりました。』んで、どうすればいいん?」にてブロードリーフの左近充 裕樹氏は、監視の基礎である「アラート」に対する向き合い方や対処方法を解説した。(2022/8/22)

今求められる組織づくり:
PR:デジタル化×パンデミックによる“大退職時代” 従業員エンゲージメントを高め「変化に強い」組織をつくるには
(2022/6/20)

2021年の障害を教訓に:
「あけおめLINE」による過負荷障害をどう防ぐ? LINE SREが語る“安定稼働”の裏側
2022年3月12日、大規模サービスを展開する国内IT企業6社が「6社合同SRE勉強会」をオンラインで開催した。LINEでSREを務める加藤俊弥氏は大量アクセスが発生する「元日」に過負荷による障害を起こさないため、SREとして取り組んだ「準備」「検知」「対処」を紹介した。(2022/4/7)

UB Ventures、SaaS企業分析年次レポート「SaaS Annual Report 2021」を無償公開
 サブスクリプションビジネスに特化したベンチャーキャピタルであるUB Ventures(東京都渋谷区)は1月26日、国内SaaS企業分析の年次レポート「SaaS Annual Report 2021」を無償で公開した。(2022/1/27)

営業SaaS「Magic Moment Playbook」、コミュニケーションを自動化する「Playbook シーケンス」をリリース
 営業支援サービスを提供するMagic Moment(東京都港区)は12月8日、LTV経営を支援する営業SaaS「Magic Moment Playbook」において、商談や顧客の状況に応じてコミュニケーションを自動化する新機能「Playbook シーケンス」をリリースしたと発表した。(2021/12/8)

CIO Dive:
身代金の支払いは五分五分で「あり」? 米国企業のランサムウェア対策事情
急増したランサムウェアに対し、日本だけでなく世界中の企業が対応を迫られている。米国企業の取締役会はこれを深刻な事業継続リスクと捉え、対策に本腰を入れ始めた。ランサムウェア対策に向け、米国企業内部ではどのような変化が起きているのか。(2021/11/8)

事例で学ぶ営業組織改革:
PR:効率化と顧客満足度向上を一挙に実現 今注目のキーワード「オペレーション」とは?
多くの日本企業がDXにまい進する中、データの分散や業務の分断が大きな壁となっている。そこで知っておきたいのが「オペレーション」というキーワードだ。本記事では、HubSpot Japanが開催したイベント「Ops Day 2021」から、オペレーションとは何かといったポイントや、オペレーションを起点に営業組織改革を実現した事例を紹介する。(2021/11/11)

デルが「Omnia」発表 HPCやAIのワークロード管理を自動化
デル・テクノロジーズは、「Omnia」の提供を開始すると発表した。AnsibleのPlaybookを活用し、データ分析やAIに必要なワークロードのプロビジョニングや管理を自動化する(2021/7/1)

TechTarget発 世界のITニュース
「ランサムウェア」が全攻撃の8割に、特定のポイントとは? Sophosの調査から
セキュリティベンダーのSophosがまとめた報告書によれば、大多数の攻撃は身代金を要求するランサムウェアに関するものだった。ランサムウェア攻撃を特定するためのポイントは何か。(2021/6/24)

Ansible活用でIP払い出し作業時間をほぼ自動化:
楽天のインフラエンジニアが明かす、AWSを用いた大規模ネットワーク運用の効率化
2021年5月11〜12日に開催された「AWS Summit Online 2021」で、楽天グループ グローバルテクノロジー統括部 Vice Group Managerの藤井博貴氏が登壇。「楽天の大規模AWSネットワークインフラの運用方法」と題して、「AWS Transit Gateway」導入の効果や、Ansibleを用いた業務自動化の取り組みを紹介した。(2021/6/16)

OSSにチャレンジしたい。でもサポートは?:
PR:「難しい」HAクラスタの構築と運用をAnsibleとLINBIT クラスタスタックサポートで簡単、安心に
HAクラスタはシステムの可用性を高めるために有効な手段だ。「難しい」「手間がかかる」「製品やサービスが高い」などを懸念するIT担当者は少なくないが、「OSSを使って安価で簡単に実現する方法がある」という。(2021/2/22)

「ケーキ」の作り方で理解する
いまさら聞けない「コンテナ」「コンテナイメージ」の基本的な違いとは?
「コンテナ」と「コンテナイメージ」は何が異なり、どのような関係にあるのか。それぞれが果たす役割は何か。「Docker」での操作や例え話を交えて説明する。(2020/12/21)

ネットワーク開通処理を「最短数分」で実現 ネットワンシステムズがサービス提供
ネットワンシステムズは、ネットワークサービスの設定を自動化するシステム「ATBeXオーケストレータシステム」を構築した。同システムを利用することで、開通処理に必要な期間をこれまでの2営業日から最短数分に短縮できる。(2020/12/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。