ニュース
» 2011年12月21日 19時20分 UPDATE

日立、UPS内蔵のストレージサーバを発表――設置面積を32%削減

日立はUPSを内蔵したネットワークストレージサーバ「HA8000/NS10 内蔵UPSモデル」を発表した。

[ITmedia]

 日立製作所(日立)は12月21日、中小規模のネットワークストレージサーバ「HA8000/NS」に無停電電源装置(UPS)を内蔵したモデルを発表した。「HA8000/NS10 内蔵UPSモデル」として同日より販売を開始する。

 一般的にUPSは、外付けで利用されることが多く、接続や管理、設定などに手間がかかっていた。また小規模事業所においては、設置場所の問題から、UPSを導入できないこともあった。今回の製品では、タワー型の筐体内にUPSを内蔵することで、東日本大震災の発生によるBCPへの意識の高まりと、それによるUPSの需要増加に答えるという。

 HA8000/NS10 内蔵UPSモデルには、専用の管理ソフトウェアがプリインストールされている。UPSを外付けする場合と比べて、設置面積を約32%(日立調べ)できるという。価格は44万9400(税込)となる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -