ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  U

「UPS(無停電電源装置)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Uninterruptible Power Supply

関連キーワード

スマート工場のインフラ:
PR:スマート工場化で高まる「電源」の重要性、モジュラー型UPSが示す7つの価値
IoTやAIなどのデジタル技術の活用により、圧倒的な効率化や付加価値創出を目指すスマート工場化が拡大している。しかし、これらのデジタル技術を支える「電源」の保護については、対策の導入が進んでいない状況である。スマート工場にふさわしい電源環境とはどういうものなのだろうか。(2020/10/23)

エネルギーのデジタル化をけん引:
PR:ファーウェイが日本で初のデジタルエネルギー製品の巡回展、注目の新製品を一挙公開
ファーウェイが日本で初となるデジタルエネルギー業界向け新製品の巡回展を開催。ソーラー・蓄電からUPS・バッテリー製品まで、注目のファーウェイ製品についてその機能や特徴を直接確かめられる貴重な機会だ。(2020/10/8)

製造ITニュース:
エッジ環境や製造現場で活用可能なUPS、産業用IoT用途などで訴求
シュナイダーエレクトリックは2020年10月5日、工場の生産設備やIoT向けなど産業用途を想定するモジュール型三相UPS「Galaxy VS」の発売を発表した。2020年11月上旬から提供を開始する。(2020/10/6)

村田製作所 MH1701:
UPSや瞬低補償装置向けのバッテリーモジュール
村田製作所は、リチウムイオン二次電池「FORTELION」を搭載した高出力バッテリーモジュール「MH1701」を発表した。長期間、安定して使用できるため、無停電電源装置や瞬時電圧低下補償装置など高出力の産業機器に適している。(2020/8/20)

STマイクロ STNRGPF02:
突入電流制御対応のデジタルPFCコントローラー
STマイクロエレクトロニクスは、デジタルPFCコントローラー「STNRGPF02」を発表した。機械的な突入電流制御機能を搭載し、産業用モーター、家電製品、UPSなど、600W〜6kWのアプリケーションに対応する。(2020/7/28)

自動運転のWaymoと運送大手UPS、自動配送で提携
GoogleからスピンアウトしたAlphabet傘下の自動運転企業Waymoが、米貨物運送大手のUPSと提携した。Waymoの自動運転車でUPSの貨物を搬送するパイロットプログラムを3月までにアリゾナ州フェニックスで開始する。(2020/1/30)

シュナイダーエレクトリック、リチウムイオンバッテリーを採用した長寿命設計のラックマウント型UPS
シュナイダーエレクトリックは、長寿命設計を実現したラックマウント型UPS「APC Smart-UPS Lithium-ion UPS 400VA 100V」を発売する。(2019/12/18)

停電時に仮想化サーバを保護する200V対応のUPS 自動シャットダウンソフトも提供、専門人材の不足解消に貢献
オムロン ソーシアルソリューションズが200V仕様のサーバ向け無停電電源装置「BU-2R(H)」を発売(2019/12/13)

「あと5分動いてくれれば助かったのに」を解消する方法:
PR:電源トラブル対策していますか? エッジ環境に最適なUPSの形とは
企業のデジタルトランスフォーメーションが推進される中、エッジ環境の重要性が増している。そこで注意すべきは、インフラ環境における電源保護だ。停電が原因でシステムが止まってしまうと、事業継続に影響が出ることもある。その対策について考察する。(2019/9/5)

FAニュース:
LANインタフェースカードにModbus仕様を追加、生産設備の安定稼働に貢献
山洋電気は、無停電電源装置のオプション「LANインタフェースカード」にModbus仕様を追加した。Modbusスレーブおよびマスター通信機能により、生産設備と無停電電源装置をシームレスに接続し、機器の安定稼働に貢献する。(2019/9/4)

UPS、Wingに次いで米国内のドローン配送のFAA認可取得へ
米貨物運送大手のUPSがドローン配送子会社UPS Flight Forwardを設立し、米連邦航空局(FAA)に国内でのドローン配送のための認可を申請した。年内には取得できるとしている。(2019/7/24)

現場管理:
地下の建設現場で、火災発生時に避難誘導させる「火災報知システム」を開発
戸田建設は、地下階の建設現場で火災があった際に、作業員をいち早く避難誘導するシステム「TO-FAS(TODA FIRE ALARM SYSTEM)」を開発した。地下階の建設現場で、火災が発生し停電した場合は、避難が困難なため、人命を損なう重大事故につながる可能性が少なくない。TO-FASはUPSを備えるため、停電後の電力供給も確保され、地下から地上への迅速な避難が可能になる。(2019/5/14)

FAニュース:
卓上型産業用タッチスクリーンPCにWindows 10 IoTモデルを追加
コンテックは、UPSバッテリーを搭載した卓上型産業用タッチスクリーンPC「PT-970」シリーズに、Windows 10 IoTモデルを追加した。操作端末や卓上設置のタッチ式受付端末、認証用端末など、幅広い用途に利用できる。(2019/3/25)

PR:「Nutanixを安全にシャットダウンできない!」――お客さまの声に耳を傾けたら、HCIに最適化したUPS製品が生まれ、社内の文化も変わった話
オムロンが開発した無停電電源装置(UPS)用の新しいネットワークカード「SC21」は、HCIのデファクトスタンダードとして知られるNutanixに対応するもので、国産メーカーとして初めて「Nutanix Ready」の認証を取得した。この電源ソリューションの開発には、どんな思いがあったのか――。(2019/3/18)

SANUPS E11B:
山洋電気、給電方式にハイブリッド方式を採用したUPSを開発
山洋電気は、給電方式にハイブリッド方式を採用したUPS「SANUPS E11B」を開発し、2019年2月1日に発売すると発表した。サーバ、通信機器、医療機器、工場内設備などでの利用を想定する。(2019/1/15)

Nutanix、VMware vSANに対応:
PR:予期せぬ電源障害でビジネスを止めない――主要なHCIに対応したUPS管理ソフトウェア、「PowerChute Network Shutdown」の実力とは
多くの企業でハイパーコンバージドインフラ(HCI)の導入が加速しているが、そこで忘れてはならないのが電源対策。予期せぬ電源障害が起こったときに、正しい手順で各システムを安全にシャットダウンしなければ深刻なトラブルを引き起こしかねないからだ。そうした中で注目されているのが、主要なHCIアーキテクチャに対応したソフトウェアベースの電源管理ソリューション「APC PowerChute(TM) Network Shutdown v4.3」である。(2018/12/17)

FAニュース:
手厚い保守も用意、無瞬断と高力率を両立したFA機器向けUPS
シュナイダーエレクトリックは2018年11月20日、FAやIIoT(産業用モノのインターネット)に向けた無停電電源装置(UPS)の新製品シリーズ「SecureUPS」を同年12月20日より発売すると発表した。工場などの厳しい環境に設置されることを想定した設計で、停電時も無瞬断かつ高効率にバックアップ電力を供給できる。(2018/11/20)

FAニュース:
装置の状態がひと目で分かる液晶ディスプレイを搭載した無停電電源装置
オムロンは、無停電電源装置「BW-T」シリーズ4機種を2018年2月5日に発売する。PCやワークステーションで使用できる正弦波出力と、無停電電源装置の状態がひと目で分かる液晶ディスプレイを採用した。(2018/2/9)

蓄電・発電機器:
災害時も情報を止めない、テレビ局の安定稼働を蓄電池で支える
奈良テレビ放送が自社の送信所に、無停電電源装置(UPS)を導入。ソニービジネスソリューションのリチウムイオン蓄電搭載のUPSを採用した。災害などによる停電時にも、デジタル送信システムを停止させないバックアップ用の電源として活用する。(2017/11/17)

コンテック PT-970シリーズ:
UPSバッテリーを内蔵する卓上設置タイプの産業用タッチスクリーンPC
コンテックは、UPSバッテリーを内蔵した卓上設置の産業用タッチスクリーンPC「PT-970」シリーズを発表した。(2017/3/29)

FAニュース:
UPSバッテリー内蔵の産業用タッチスクリーンPCを受注開始
コンテックは、UPSバッテリー内蔵の産業用タッチスクリーンPC「PT-970」シリーズの受注を2017年3月中旬に開始する。10.1インチの抵抗膜アナログ方式タッチパネルを採用している。(2017/3/15)

搬送トラックの天井から発着する配送ドローン、UPSがテストに成功
米貨物運送大手のUPSが、天井から配送ドローンを発着させ、玄関先までの“ラスト1マイル”の配達をドローンに任せるシステムのテストに成功した。(2017/2/22)

PFU AR4400 モデル200K:
Broadwell世代CPU搭載、UPSとRAIDを備えて整備性も高い産業用PC
PFUが産業用PC「AR」シリーズの新製品「AR4400 モデル200K」を発表した。Broadwell世代のCPUを搭載し、あわせてUPSやRAID、ECCメモリもサポート、高い信頼性が求められるアプリケーションに対応した。(2016/10/20)

米運送大手のUPS、ドローン配送のテストを開始
米貨物運送大手のUPSが、ドローンでの貨物配送テストを開始した。離島など、到達しにくい場所への救急物資の配送などでのドローン採用を検討している。(2016/9/26)

サンケン電気 執行役員兼技術本部副本部長 中道秀機氏:
PR:自動車、産業、Power IoT―― パワエレ総合力を結集し成長市場に挑む
サンケン電気は、IGBT、MOSFETといったパワー半導体素子から、電源ユニットやUPS、パワコンなどの大型機器までを扱う総合パワーエレクトロニクスメーカーとして、自動車をはじめとした成長市場でエコ/省エネを実現する技術、製品の提供を行っている。さらには、間もなく迎えようとしているIoT(モノのインターネット)時代の新たな電源のカタチとして“Power IoT”を提唱。「素子だけでなく、モジュール、システムレベルでの提案が行えるサンケン電気ならではの強みを生かして、Power IoTなどの新しい価値提供を行っていく」という同社執行役員で技術本部副本部長を務める中道秀機氏に、技術/製品開発戦略を聞いた。(2016/8/22)

電力供給サービス:
リオ五輪の熱戦報じる50MWの電力、3000台以上のUPSと24時間監視で保護
熱戦が繰り広げられているリオ五輪だが、実は大会に使用されている電力の20%が「報道」で費やされているという。この電力を支えているのがGEである。(2016/8/17)

製造IT導入事例:
産業用オンデマンド生産ネットワークの実現に向け、協業を発表
SAP SEは、暫定的に利用していた産業用3Dプリンティングを、注文から生産・配送までのシームレスなオンデマンド生産プロセスに変革するため、米総合物流王手のUPSと協業することに合意した。(2016/6/17)

省エネ機器:
病院で命を守るUPS、1つに集めるだけで電力2割削減
富士通エフサスは、富士通と共同で愛知県厚生農業協同組合連合会江南厚生病院(愛知県江南市)に設置したUPSを集約し、消費電力を約2割削減した。(2016/4/20)

ルネサス エレクトロニクス G8Hシリーズ:
電力変換ロスを大幅削減する第8世代IGBT、太陽光発電やUPSシステム向けに
ルネサス エレクトロニクスは、太陽光発電のパワーコンディショナやUPSシステムのインバータ用途向けパワー半導体として、電力変換損失を極小化し、システムの電力効率を向上する第8世代IGBT「G8Hシリーズ」を発表した。(2016/3/14)

75Aの単品パッケージ化を実現:
ルネサス、電力変換システム向け第8世代IGBT発表
ルネサス エレクトロニクスは、第8世代IGBT「G8Hシリーズ」のサンプル出荷を開始した。プロセス構造に独自のトレンチゲート構造を採用し、性能指数を最大30%改善。太陽光発電のパワーコンディショナーやUPS(無停電電源)システムのインバーターに適しているという。(2016/3/10)

製造マネジメントニュース:
半導体材料事業拡大に向け、米国の溶剤製造・販売会社を買収
富士フイルムは、米国の溶剤製造・販売会社UPSを買収することを決定。2015年9月30日に同社と買収契約を締結した。UPSの幅広い製品ラインアップ、製造設備、顧客基盤を獲得し、半導体材料事業を拡大していく。(2015/10/15)

CADの快適活用法:
停電時にCADデータを守る「UPS」とは?
UPSという言葉をご存じですか?(2015/10/14)

東芝 TLP7820他:
ΔΣ型A-D機能内蔵のアイソレーションアンプ
東芝は、ΔΣ(デルタ・シグマ)型A-D変換回路を内蔵した光結合型アイソレーションアンプ4製品の出荷を始めた。インバータやロボット、太陽光発電インバータ、UPS、サーバー用電源などの用途に向ける。(2015/9/15)

シュナイダーエレクトリック、APC製UPSの保守サービスを“最大6年”に拡大
シュナイダーエレクトリックは、APCブランド製UPS購入時に導入可能な保守サービス「サービスパック」に6年パックを追加した。(2015/7/30)

FAニュース:
200V系大容量無停電電源装置を発売、出力電力が11%向上
富士電機は、200V系大容量無停電電源装置「6000DX」シリーズを発売した。従来機種と同一サイズで出力電力を11%高めたことで、設備の省スペース化が可能になるという。(2015/3/23)

UPSのユタカ電機製作所が民事再生 営業は継続
無停電電源装置(UPS)などで知られるユタカ電機製作所が民事再生手続きの開始決定を受けた。(2015/2/26)

蓄電・発電機器:
太陽光発電と連携よく、UPS機能を備えた3kWhの蓄電池
住友電気工業は家庭内や小規模なオフィス、店舗など室内で利用する大容量リチウムイオン蓄電池「POWER DEPOTII」を開発、2015年4月に販売を開始する。容量は3kWh、出力は1kW。変換効率が高く、小型で低価格であることをうたう。キャスターを備えており、利用場所を容易に変更できる。(2015/2/24)

FAニュース:
各種海外安全規格に対応した、産業現場向け無停電電源装置を発売
デジタルは、シュナイダーエレクトリック製の産業現場向けインダストリアル無停電電源装置(UPS)を発売した。各種海外安全規格の他、海外で採用されているAC120VとAC230Vの定格入力電圧に対応した。(2015/2/17)

2015年PC/タブレット春モデル:
ASUS、第5世代Coreの液晶一体型やUPS付きタワー型など4機種――「All-in-One PC ET2323INT/ET2232IUK」「M70AD/K31AN」
ASUS Japanは液晶一体型PCとタワー型PCの2015年春モデルを発表。それぞれ2機種を2月20日から順次発売する。(2015/2/13)

蓄電・発電機器:
無停電電源装置の活躍の場が広がる、生産現場向け
オムロンは2015年3月から無停電電源装置(UPS)3製品「BA75T」「BA100T」「BA100R」の販売を開始する。産業用製造装置や検査装置のシステム、FA用のPC向けを狙い、生産品のトレーサビリティ確保などに役立てる。産業機器の筐体に収まるよう小型化し、不要な機能を除くことで低価格化したという。(2015/1/26)

IR IRGP47xxファミリ:
耐圧650Vで高速スイッチング用途向け、IRジャパンのIGBT
インターナショナル・レクティファイアー・ジャパン(IRジャパン)の「IRGP47xx」ファミリは、耐圧が650Vと高いIGBT(絶縁ゲート型バイポーラトランジスタ)である。太陽光発電用インバータ、溶接装置、産業用モータ、電磁調理器、無停電電源装置など、高速スイッチングを行う用途に向ける。(2014/10/21)

今度はUPSで顧客のカード情報流出、代理店のシステムにマルウェア
現在のウイルス対策ソフトでは検出できないマルウェアの感染が広がっていると米政府から告知され、調べたところ、全米の24州にある51カ所の代理店でマルウェアが見つかった。(2014/8/22)

オフィスの停電対策、大丈夫ですか? 小容量UPS市場、増加傾向に
この時期は、停電時のリスクを軽減する「UPS」の需要が増える。市場全体は伸び悩む一方、小規模製品は増加傾向にある。矢野経済研究所調べ。(2014/8/20)

蓄電・発電機器:
冷蔵庫の上に置きやすい、800Wで80分使える家庭用蓄電池
日立マクセルは2014年8月、家庭用蓄電池「エナジーステーション タイプC」(容量1.4kWh)の受注を開始する。最小・最軽量の蓄電池であることをうたい、屋内しか設置場所がないユーザーに訴求する。小さいながらも、UPS機能を備え、太陽光発電システムなどと連携できる。(2014/8/12)

オリオスペック、停電時にも安心なUPS内蔵の小型ファンレスPC「ML300-UPS」
オリオスペックは、停電時などの場合にも約1時間の駆動が可能なUPSを搭載したファンレスデスクトップPC「NUC ML300-UPS FANLESS SILENT」を発売した。(2014/8/7)

シュナイダーエレクトリック、APCブランド製UPS公式Webショップ「ShopAPC」をリニューアル
シュナイダーエレクトリックは、同社運営Webショップ「ShopAPC」のリニューアルを実施した。(2014/6/30)

SOHO/中小企業に効く「UPS」の選び方(第4回):
即戦力なUPSを選んでみた(中小企業編)――重要情報を停電で失わないために
「無停電電源装置(UPS)」の基礎知識から、機器に合った製品選びまで、順序立てて解説する本連載。最終回は、中小企業を想定した具体的なオフィス環境を挙げ、それに合致したUPSを選定する。(2014/4/9)

SOHO/中小企業に効く「UPS」の選び方(第3回):
即戦力なUPSを選んでみた(SOHO編)――不意の停電もこれで安心
「無停電電源装置(UPS)」の基礎知識から、機器に合った製品選びまで、順序立てて解説する本連載。第3回は、SOHOでの具体的な機器構成例を挙げ、それに合致したUPSを選定するための手順を紹介する。(2014/4/1)

SOHO/中小企業に効く「UPS」の選び方(第2回):
「UPS」を正しく選ぶコツ――容量の計算方法は? 給電方式とは?
「無停電電源装置(UPS)」の基礎知識から、機器に合った製品選びまで、順序立てて解説する本連載。第2回は、UPSの選定で知っておくべき、容量の計算方法や給電方法の違いを紹介する。(2014/3/28)

FAニュース:
富士電機、アジア・中国市場向けに省エネで小型の大容量UPSを発売
変換効率96.5%、設置面積も35%削減。(2014/3/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。