ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2019年07月24日 10時13分 公開

UPS、Wingに次いで米国内のドローン配送のFAA認可取得へ

米貨物運送大手のUPSがドローン配送子会社UPS Flight Forwardを設立し、米連邦航空局(FAA)に国内でのドローン配送のための認可を申請した。年内には取得できるとしている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米貨物運送大手のUPSは7月23日(現地時間)、米連邦航空局(FAA)に対し、同社のドローン配送事業UPS Flight Forwardへの航空規則(FAR)Part 135(以下「FAR135」)の認可を求めたと発表した。

 FAR135は、小型のプロペラ飛行機による定期便およびチャーター運航を認可するというもの。UPSは早ければ年内にも認可を受けられるとしている。この認可が下りれば、オペレーターの視界から外れても、また、昼夜を問わずドローンを飛ばせるようになる。

 UPSは2016年にドローン配送のテストを開始した。既にFAR107は取得しており、米国内の一部地域でドローンによる無人配送のパイロットプログラムを実施している。

 ups UPSの配送ドローン

 米Alphabet傘下のドローン事業Wingも4月にFAR135の認可を取得している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.