ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2019年04月24日 07時06分 公開

Alphabetのドローン企業Wing、FAA認可で米国での配送可能に

Google系列のWingが、ドローン企業としては初めて米連邦航空局から航空運送業者としての認可を取得した。年内にバージニア州で配送のトライアルを開始する。

[佐藤由紀子,ITmedia]
 wing

 米Alphabet傘下のドローン企業Wingは4月23日(現地時間)、米運輸省連邦航空局(FAA)からAir Carrier Certification(航空運送業者としての認可)を取得したと発表した。ドローン企業としてACCを取得したのは同社が初だ。

 これにより、Wingは米国内で商業ドローン配送サービスを開始できる。

 同社は年内に最初のトライアルを実施するとしている。向こう数カ月は、FAAによるパイロットプログラム「Unmanned Aircraft System Integration Pilot Program」のサウスウェストバージニアでのテストを続け、フィードバックを集める。

 Wingは2014年にProject Wingとしてスタートし、2015年には米国でのテスト飛行をFAAが承認。オーストラリアでは既に7万回以上のテスト飛行を実施しており、配送テストは3000回以上行った。

 同社は9日、オーストラリアで初の商用ドローン配送サービスを開始すると発表した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.