ニュース
» 2012年02月02日 15時02分 UPDATE

国内主要ベンダーの2011年上半期の売上、震災の影響で大半がマイナスに

IDC Japanは国内主要ITベンダーの製品別動向調査の結果を発表した。

[ITmedia]

 IT専門調査会社のIDC Japanは2月2日、「国内IT市場 主要ベンダーの2011年上半期製品ポートフォリオとビジネス戦略の分析について」を発表しました。期間中の国内売上額は、東日本大震災の影響から大半のベンダーが前年同期比でマイナス成長となった。

 主要ベンダー11社(日本IBM、NEC、富士通、日立製作所、日本HP、東芝、デル、日本マイクロソフト、日本ユニシス、SAP、NTTデータ)の2011年上半期の売上額合計は3兆8457億円で、前年同期比で6.0%減少した。

 売上額の上位は、富士通、NEC、日立製作所、日本IBM、NTTデータ、日本HP。このうち「総合ベンダー」の5社(富士通、NEC、日立製作所、日本IBM、日本HP)のIT製品売上額の合計は2兆8420億円で、前年同期比6.0%の減少だった。成長率は、富士通が7.4%減、NECが8.8%減、日立製作所が2.2%減、日本IBMが2.7%減、日本HPが5.5%減となった。

idc0202.jpg 国内IT市場 総合ITベンダー5社 売上額/前年同期比成長率 2011年上半期(出典:IDC Japan)

関連キーワード

IDC | 富士通 | HP | IBM | NEC(日本電気) | NTTデータ | 市場調査


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -