ニュース
» 2012年02月13日 18時28分 UPDATE

コンカー、クラウド型経費管理「Concur Expense」を正式リリース

クラウド型経費管理サービス「Concur Expense」の日本版が正式リリース。交通系ICカードから運賃データを自動抽出する機能や、ジョルダン「乗換案内」との連携機能などを追加した。

[本宮学,ITmedia]

 コンカーは2月13日、クラウド型経費管理サービス「Concur Expense」の日本版を正式リリースしたと発表した。

 Concur Expenseは、従業員の経費申請、申請状況の分析、承認作業などができるクラウド型の経費管理サービス。今回、新たにSuica、PASMO、ICOCAなどのICカードに記録されている「交通機関の利用日」「乗車区間」「運賃」などのデータを自動で取り込む機能を搭載。これによりユーザーは交通費精算処理を効率化できるほか、データの二重取り込みや改ざんを防げるとしている。データは市販のカードリーダー(Felica準拠)で取り込む。

 また、ジョルダン「乗換案内」との連携機能も搭載した。ユーザーはConcur Expense上で電車などの乗車区間・経路を選択すれば、運賃データをConcur Expenseに自動で入力できる。「最安ルート」「最速ルート」「簡単ルート」などを表示できるほか、定期区間を事前に登録しておけば、当該区間を考慮した運賃を自動算出できるようにした。

 これに併せ、同社は国内向けコンサルティングおよびサポート体制を整備。今後は「日本人スタッフによる迅速かつきめ細かいサービスを提供していく」としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -