ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「経費」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「経費」に関する情報が集まったページです。

クラウド経費精算の「BIZUTTO経費」がキャッシュレス決済に対応、領収書原本添付が不要に
ALSIの経費精算クラウド「BIZUTTO経費」に、キャッシュレス決済の利用明細データを経費精算に利用できる新機能が加わった。クレジットカードや電子マネーの利用明細から必要なデータを自動で取得する。(2021/8/31)

「声優になりたい」「イルカに乗りたい」 夢を実現するにはいくらかかる? 諸経費を解説する書籍『夢のねだん図鑑』登場
いろんな夢をかなえるのにかかる経費を解説。(2021/8/29)

維持費の平均は月1万1700円:
マイカー所有者が「負担だなぁ」と思う諸経費 「駐車場代」「燃料代」を抑えて1位になったのは?
ソニー損保が、自家用車を所有し月に1回以上車を運転する男女1000人を対象に「全国カーライフ実態調査」を実施した。(2021/8/26)

コンカー、請求書管理クラウド「Concur Invoice」で、Sansanの請求書受領サービス「Bill One」と連携
 経費管理クラウドサービスを提供するコンカー(東京都中央区)は8月11日、請求書管理クラウド「Concur Invoice」とSansan(東京都渋谷区)の提供するクラウド請求書受領サービス「Bill One」のデータ連携を開始したと発表した。(2021/8/16)

ジョブカン勤怠管理、経費精算にNFC機能追加 ICカードをiPhoneにかざして勤怠打刻
クラウドサービス事業を行うDONUTS(東京都渋谷区)は7月27日、提供するバックオフィス支援クラウドサービス「ジョブカン勤怠管理」「ジョブカン経費精算」にNFC機能を追加したと発表した。これにより、iPhoneを打刻機として使用でき、交通費データの自動連携も可能となる。(2021/7/27)

気象庁、Web広告を再開 2021年度の収入は800万円の見込み
気象庁は公式ページへのWeb広告の掲載を再開した。2021年度は800万円の広告収入を見込む。収入は、公式ページに導入しているシステムの運用経費に充てる。(2021/7/20)

不正経費検知システム「Stena Expense」リリースキャンペーン実施 1年分の診断無料
AIを用いた自動不正ユーザ検知システム「Stena Expense」(ステナ エクスペンス)のリリースキャンペーン開始。1年分の経費不正利用と異常経費利用をまとめて検知する、健康診断プラン(通常10万円)が無料となる。(2021/7/7)

企業の意識を「性善説」に変えていけ 経費精算クラウドトップ「コンカー」の三村社長
コンカーは国内経費精算市場のトップ企業だ。特に大手企業への導入で強く、金額ベースのシェアでは7年連続でトップ、シェアは50%を超えている。コロナ禍でデジタル化への関心が急上昇する経費精算。コンカーは、経費精算の未来をどう捉えているのか。三村真宗社長に聞いた。(2021/7/6)

不正利用を疑われかねない「悪意なきミス」をどう防ぐか
「記憶頼りの申請」をたった2カ月で解消、アイデアとノウハウの自動化アプリ
経費精算業務の電子化が進みつつあるが、一方で「領収書やカードの決済データに十分な情報が記載されていない」「決済データが利用順にシステム連携されない」などの理由で、自動化できない業務も残っている。どうすればよいか。(2021/7/15)

ビジネスパーソンの4人に1人が「経費精算のために出社が必要」と回答
「コロナ禍における経費の立て替えと支払いに関する調査」を実施。その結果、ビジネスパーソンの約4人に1人が「コロナ禍でも経費精算のために出社が必要」と回答した。(2021/6/25)

「経費精算不正」見つけたことある7割 「接待交際費」に危機感
経費精算クラウドサービスを提供するコンカーは日本CFO協会と共同で、日本企業の財務幹部を対象とした「経費精算における不正リスクの実態調査」を実施した。不正リスクがあると考える人は7割を超え、特に「接待交際費」(37%)、「出張費」(26%)にリスクが高いと感じる人が多い。(2021/6/16)

3年で2.4倍の売上高 ラクスのSaaS最強決算
国内SaaS領域で最高益を叩き出した企業がある。経費精算システム「楽楽精算」や電子請求書発行システム「楽楽明細」などのSaaSプロダクトを提供するラクスだ。5月13日に公表した2021年3月期決算発表では、売上高153億円(前年同期比32.6%増)、営業利益38億円(前年同期比232%増)と他社を圧倒する利益水準となった。(2021/5/18)

労働環境の変化に対応:
旭化成、3万人規模で新たな経費精算プラットフォーム構築へ SAP ConcurとWalkMeを導入
旭化成は間接費管理基盤として、コンカーのSAP Concurソリューションとデジタルアダプションプラットフォーム「WalkMe」を採用した。コロナ禍で大きく変化した労働環境に対応する就業環境を整備する。(2021/5/18)

JR東、「みどりの窓口」7割削減へ Suica普及などでニーズ減る
JR東日本はICカード「Suica」の普及などでニーズが減少しているとして、2025年までに首都圏と地方の約7割の駅で「みどりの窓口」を廃止すると発表した。コロナ禍で収益が減少する中、設置駅を絞ることで経費を削減する。(2021/5/11)

三井住友カードとコンカー、データ連携機能を拡充 「経費精算の完全自動化」目指す
三井住友カードと経費管理クラウドサービスを提供するコンカーは、経費精算クラウドシステム「Concur Expense」へのデータ連携機能の拡充を発表した。2020年9月に発表した戦略的業務提携の第二弾であり、入力項目削減とチェック作業の効率化を実現する。(2021/4/28)

20年12月期決算:
日本旅行、店舗を200店→100店規模に半減へ 「Go To」ストップ痛手、赤字転落
日本旅行が、グループ全体の店頭・店舗数を200店舗規模から100店舗規模に減らす。コロナ禍で売り上げが半減する中、収益が見込まれる分野に要員をシフト。一時帰休や経費削減を徹底する。(2021/3/18)

確定申告が面倒すぎて異世界に逃亡するも…… 「投げナイフは消耗品費」「装備は経費」結局逃げ切れない漫画に涙
いつの間にか確定申告に詳しくなっていそう。(2021/3/8)

荏原製作所、グローバル経営体制の強化に向け、SAP S/4HANAで基幹業務システムを刷新
荏原製作所は、グローバル経営体制の強化に向け、基幹業務システムを「SAP S/4HANA」で刷新する。併せて、人事管理、調達/購買管理、出張/経費管理などのSAPソリューションも導入し、グローバルでの業務標準化や一体運営を支える情報基盤を構築する。(2021/2/26)

コンカー、経費精算の次は請求書のデジタル化へ 「デジタルインボイス構想」掲げる
クラウド型の経費精算システム大手のコンカーが、請求書のデジタル化に向けたサービスの強化にかじを切る。同社社長の三村真宗氏は、今後4年間で3倍の販売実績を目指すとし、売り上げに対する比率も現在の10%から40%まで増やす計画だ。(2021/2/10)

HIS、Adobe Signを導入 契約更新業務における全工程の約30%を削減
HISは「Adobe Signエンタープライズ版」を導入して契約書のやりとりを効率化した。Adobe Signの導入により契約更新の全工程の約30%を削減し、毎月10万円程度の経費削減を実現した。(2021/2/1)

リクルート、還元率1.5%の法人カード「Airカード」提供開始
リクルートとジェーシービーは1月26日、1.5%のポイント還元率を備えた法人カード「Airカード」の提供を開始した。経費管理の課題解消に有効な法人カードだが、経営者の多くが法人カードについて知らないという問題意識から、提供するという。(2021/1/26)

AWSが生まれたのは、Amazonが経費削減のためにSunのサーバからHP/Linuxサーバへ切り替えたことがきっかけ 当時の社員が振り返る
Amazon.comの元社員・Dan Rose氏が、AWS立ち上げ時の秘話をTwitterに投稿。その内容と翻訳をお届けする。2000年前後のAmazonでは何が起きていたのか?(2021/1/13)

東急グループ、経費管理をペーパーレス化 年10万時間の業務削減目指す コンカーの経費精算クラウド導入
東急グループが経費管理の効率化に向け、コンカーのクラウドサービスを採用。一般社員による経費精算では年4万8000時間、管理職や出張手配なども行う経理部門では年5万2000時間の業務削減を目指す。(2020/12/23)

経費精算システム導入に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で5名様にAmazonギフト券5000円分をプレゼント。(2020/12/17)

「経費精算システム」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券3000円分をプレゼント。(2020/12/7)

18駅を廃止、18駅を自治体管理に JR北海道、2021年春ダイヤ改正で約6.2億円の経費削減を狙う 普通・特急の本数カットも
経費削減を狙う春のダイヤ改正案が発表されました。(2020/12/10)

「うまくなじめない……」:
「オフィス縮小」即断、電話や掃除もオンライン化──“用意周到”だった企業が直面した盲点
人材系ベンチャーのLAPRASが、11月にオフィスを縮小移転した。これからはリモートワークをメインとし、「オフィスはおまけ」の位置付けだ。また、経費精算から電話まで業務に関わるあらゆるものをオンライン化している。その方向性は緊急事態宣言下の5月には決まっていたという。決断のスピードを支えたのは社員の役割が明確化されている組織体制や、ITツールに強い社員たち。しかし、課題がなかったわけではない。コミュニケーション量の低下による一体感が損なわれる事態も経験した。それらを乗り越えて、LAPRASが確立した新しいオフィスや総務の在り方とは。(2020/11/30)

IoT&5Gソリューション展:
通信基地の鉛蓄電池を遠隔監視、保守経費の削減につながるIoTソリューション
アドテックは2020年11月、通信基地局などで使われる鉛蓄電池用のセンシングデバイスと、それを用いて開発を進めているバッテリーの遠隔モニタリング用IoTソリューションを展示した。鉛蓄電池の内部温度や電圧などを測定し、遠隔地のPCから電池の稼働状況などを把握できるようにする。(2020/11/12)

経費精算システム導入に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で5名様にAmazonギフト券5000円分をプレゼント。(2020/11/17)

PR:経費精算システム導入に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で5名様にAmazonギフト券5000円分をプレゼント。(2020/11/17)

アフターコロナはキャッシュレスが新常識?
経費精算フローそのものが不要に? テレワーク時代の無駄な出社をなくす仕組み
紙ベースの経費精算業務を続けてきたことで、テレワーク全盛の今も、精算のために出社せざるを得ないという企業は多い。これを解消するには、経費精算を効率化するのではなく、フローそのものを「なくしてしまう」方法が有効だ。(2020/11/18)

交通費も自動取込して精算 NTTコム、モバイルSuica連動の経費精算サービス「SmartGo Staple」開始
NTTコミュニケーションズは、モバイルSuicaと法人用プリペイドカードを組み合わせて、交通費を含めた経費を自動で精算できる「SmartGo Staple」の提供を始めた。従業員にプリペイドカードを配布し、紐付いたモバイルSuicaを利用してもらうことで、カードで使用した経費や交通費が自動的に経費精算サービスに取り込まれ、容易に経費処理できる。(2020/9/30)

慶應大、経費管理のペーパーレス化を推進 コンカーの経費精算クラウド導入
慶應大が、コンカーの経費精算用クラウドサービスの採用を決定。段階的に導入を進め、2021年12月に完了する予定。経費精算や請求書処理の効率化を目指す。(2020/9/25)

三井住友カードとコンカーが業務提携 デジタル経費精算で連携
三井住友カード(東京都港区)と経費精算SaaSなどを提供するコンカー(東京都中央区)は9月8日、戦略的業務提携を発表した。企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を共同で推進する。(2020/9/8)

モビリティサービス:
過疎地の移動手段確保にも、国交省が地域課題解決に貢献するMaaS事業を支援
国土交通省は2020年7月31日、「日本版MaaS(Mobility as a Service)推進・支援事業」として、地域課題の解決に貢献し得るMaaS事業として38事業を選定したと発表。該当する事業に対しては、事業化に向けた実証実験を実施した際に、その経費の一部が補助金として交付される。(2020/8/12)

ソフトバンクグループ、400億円の申告漏れ 「経費の計上時期がずれたため」
ソフトバンクグループが、東京国税局から400億円の申告漏れを指摘されていたことを明らかにした。申告漏れの原因は経費の計上タイミングずれで、修正済みという。(2020/8/4)

三鷹市、請求書のペーパーレス化を実験 コンカーの経費精算クラウドなど使用
東京都三鷹市が、請求書のペーパーレス化に向けた実証実験を実施。請求書の管理や処理などの業務をオンラインに移行し、会計担当者の負担軽減を目指す。コンカーとインフォマートが協力し、経費精算ツールを提供する。(2020/7/30)

PayPay、LINE Payと提携し紙の領収書を不要に 経費精算クラウドのコンカーは何を目指すのか?
経費精算クラウドサービスのコンカーは、経費精算を楽にするのではなく「なくしてしまう」ことを目指すと話す。そのためのステップの1つが、各種キャッシュレス決済システムとの連携だ。今回、PayPay、LINE Payと提携し、紙の領収書を不要にする第一歩を踏み出した。(2020/5/20)

本当に効率を上げるためのSaaS:
日本の生産性を押し下げる「経費精算」が無くならない根本理由
多くの会社員にとって、最も身近な事務処理、経費精算。しかし社員、経理担当者の双方にとって経費精算処理の難しさは、領収書などの原本回収が必須になることだ。電子帳簿保存法の改正はあったが、現時点でも導入企業はたったの2000社弱。中小企業にとってはむしろ導入コストや運用コストが増えるだけで、ほとんどメリットがないのが電子帳簿保存法だ。(2020/4/22)

経費精算をLINE Payで可能に マネーフォワードに狙いを聞く
企業の経費精算クラウドサービスを提供するマネーフォワードが、従業員の立替経費の精算金を、銀行振り込みの代わりに電子マネーで送金できるサービスの提供を始める。企業側にとっては、振り込み手数料を削減でき、従業員側には精算の頻度が増すメリットがある。(2020/3/27)

製造ITニュース:
食品製造業向け原価管理ソリューションで、レシピや経費情報を取り込み可能に
富士通九州システムズは、食品製造業向け原価管理ソリューション「QsConnect原価」の機能を強化した。外部システムとの連携が可能になり、レシピ情報、生産実績情報、経費情報の取り込みができるようになった。(2020/3/26)

東京都、テレワーク導入の中小企業に助成金 新型コロナ対策、上限は250万円
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京都が中小企業を対象に、テレワーク導入の経費を助成する。上限は250万円で、5月12日まで申請を受け付ける。(2020/3/6)

元国税専門官が教える『確定申告、得なのはどっち?』(1):
元国税専門官が明かす確定申告の極意 「『領収書』と『レシート』もらうべきはどっち?」
今年も確定申告の時期が到来した。税金の仕組みは複雑で、「どっちが正解?」と迷うことが少なくない。だが1つ判断を間違うと、税金が高くなってしまうこともある。東京国税局に勤務していた元国税専門官が、こうした確定申告にまつわる迷いやすいポイントを3回に分けて解説していく。初回は「領収書」と「レシート」のどちらがいいのかについて。フリーランスや個人事業主の多くが迷う、「必要経費」の問題を、証拠書類の観点から解説する。(2020/2/22)

経費精算・管理クラウド「Concur Expense」が「PayPay」と連携 直接の経費精算が可能に
コンカーの経費精算・管理クラウドサービス「Concur Expense」が、4月をめどに「PayPay」と連携できる機能を追加する。PayPayアプリ上から決済データをConcur Expenseに直接転送し、そのまま経費精算を行えるようになった。(2020/1/29)

PayPayで会社の経費精算が可能に 経費管理クラウドサービスのコンカーと連携
経費管理のクラウドサービスを手掛けるコンカー日本法人が、スマートフォン決済アプリ「PayPay」との連携を4月に始めると発表。PayPayの決済データがクラウドへ転送され、経費データを手入力しなくても経費精算が可能になる。(2020/1/29)

製品の機能比較では見えてこない?
情シス視点で考える、経費精算システムに必要な6つの条件
経費精算業務を効率化したい企業の選択肢となる、クラウド型経費精算システムの採用。だが、効率化を目的として導入したのに月末にまとめて処理をする悪弊から抜け出せなかったり、外部サービスとの連携で苦労したりするケースがある。(2020/1/31)

笑顔で月末を乗り切るために
マンガで解説:これで月末も安心 「ルール違反の経費申請」を一掃するには
「ここにも間違いがある……」。毎月、月末になると経理部門は経費申請の入力漏れやミスの確認に追われる。申請者に訂正を依頼してもなかなか返事が来ないこともしばしばだ。こうした状況を打開する解決策とは。(2020/1/17)

ERP連携のAI-OCRで経理精算を効率化 SCSKが提供開始
SCSKは、自社のERP「ProActive」とAI-OCRを組み合わせた「ProActive AI-OCRソリューション」の提供を開始した。スマホで撮影した領収書の「日付」「金額」「支払先」などを高精度に読み取ってデータ化し、経理システムに転記する。経費精算業務の負荷低減と生産性向上を支援する。(2019/12/4)

「経費精算システム」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で20名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2019/11/6)

東京五輪のマラソン・競歩、札幌市で開催決定
会場の変更によって生じる新たな経費は東京都に負担させないとのこと。(2019/11/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。