ニュース
» 2012年05月31日 11時42分 UPDATE

コラボレーション機能を強化したBPM最新版 日本IBM

日本IBMは、業務担当者の作業状況をリアルタイムで確認する機能などを追加したBPMソフトウェアの最新版を発表した。

[ITmedia]

 日本IBMは5月31日、ビジネスプロセス管理(BPM)ソフトウェア製品の最新版「IBM Business Process Manager V8.0」を発表した。6月15日より提供を開始する。

 同製品は、受注から支払いまでのプロセスや、開発から製造、物流までの統合サプライチェーンなど、企業における組織横断的な業務プロセスを最適化するもの。最新版では、業務にかかわる担当者すべての作業状況をリアルタイムで表示したり、作業経験者のリストを表示したりするソーシャルコラボレーション機能を追加した。これにより、遠隔地で勤務する担当者の作業状況をメールや電話で確認する必要がなくなるため、業務を効率的に進めることができるという。

 また、iOS搭載のモバイル端末からの情報入力や承認ができるようになったほか、作成したプロセスやユーザーインタフェース、ダッシュボードなどの一部をグループ会社や関連会社でも利用できるようにした。

 1人当たりの最小構成価格は699万3100円(税別)から。開発者ライセンスおよび開発環境とテスト用の実行環境を含む。

関連キーワード

IBM | コラボレーション | 業務プロセス


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -