ニュース
» 2012年06月06日 17時07分 UPDATE

国立情報学研究所、研究者向けクラウドシステムを構築

国立情報学研究所が研究者向けに提供するクラウド環境をNTTデータが構築、オープンソース技術を多用しているのが特徴という。

[ITmedia]

 NTTデータは6月6日、情報・システム研究機構 国立情報学研究所(NII)が研究者向けに提供するクラウドシステムを構築したと発表した。NIIでは7月に運用を始める予定。オープンソース技術を多用しているのが特徴という。

 クラウド環境には、NIIが中心となって開発を進めるオープンソースソフトウェアの「dodai-compute」「dodai-deploy」を採用。dodai-computeは物理マシンの管理、dodai-deployはクラウドに導入するソフトウェアの構成管理を担う。ネットワークではNTTデータが開発した「OpenFlowコントローラ」を利用する。

 NTTデータによれば、従来のクラウド環境はITリソースの利用効率を高めるために複数ユーザーの環境を1台のコンピュータに収容する方法が取られてきたが、コンピュータのリソースに制約が伴うことから、リソースをできる限り使うことが求められる研究用途には向かないという。NIIの研究者向けクラウドでは上述の技術を活用することで、これを可能にした。

 同社はこれらの技術を今秋にも商用化する予定。

tkndt01.jpg 研究者クラウドの利用イメージ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -