ニュース
» 2012年06月13日 15時11分 UPDATE

導入事例:アデランス、全社で新統合基幹システムを稼働

アデランスで新統合基幹システムが稼働。日本オラクルのERP製品を活用して構築した。

[ITmedia]

 アデランスは、日本オラクルのERP製品「Oracle E-Business Suite」を活用した新基幹統合システムの稼働を開始した。日本オラクルが6月13日に発表した。

 アデランスは2010年に組織改編を実施し、関連会社の統合による成果を上げることが課題になっていたという。また日本、欧米、アジアの11カ国に販売拠点、2カ国に製造拠点を展開する中、グループ全体の状況を把握するための仕組みが求められていたという。

 そこで同社は同年、新統合基幹システムの全社的な構築を決定。製品選定に当たっては、グローバル対応やビジネス環境の変化に対する順応性を評価してOracle E-Business Suiteを採用したという。導入作業は東洋ビジネスエンジニアリング(千代田区)が担当。同製品の標準機能の活用で、まずは会計と購買のシステムを11カ月で稼働。その後販売システムと物流システムを稼働し、新システムの全社展開が完了したという。

 アデランスでは現在、部門横断的に250人のユーザーが新システムを利用している。新システムの導入で、管理業務の本社集中化、販売業務の標準化、在庫情報の可視化、在庫の削減などを実現したという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -