ニュース
» 2012年10月09日 12時54分 UPDATE

日立製作所、バックアップ作業の一元化を支援するソフトウェアを発売

日立とシマンテックは、バックアップデータの作成から復旧までを一元管理できるソフトを開発した。

[ITmedia]

 日立製作所は10月9日、バックアップデータの作成から遠隔地へのデータ保管、復旧までの一元管理できるとしたソフトウェア新製品「Hitachi Storage Adapter for Symantec NetBackup OpenStorage」を10日に発売すると発表した。

 新製品はシマンテックの技術協力で開発したもので、「Symantec NetBackup」と「Hitachi Unified Storage 100 シリーズ」を連携させる。NetBackupの管理画面からHitachi Unified Storage 100 シリーズのリモートレプリケーション機能の操作や管理ができ、ストレージ間のデータ転送で従来必要だったストレージ側での操作が不要になるという。

 また、NetBackupの管理画面上でストレージ内のデータの格納場所や保管方法を表示できるようにもなり、データの所在情報の把握や、優先度の高いデータを選んでの順次の復旧作業も行えるようになる。

 販売価格は103万9500円からで、11月15日から出荷を開始する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -