ニュース
» 2013年01月21日 14時22分 UPDATE

サイボウズスタートアップス、モバイル端末管理の新サービス 3台まで無料

スマートフォン3台まで無料で使えるモバイル端末管理サービスをサイボウズスタートアップスが提供。公私分計サービスも備え、企業のBYOD(個人所有端末の業務利用)を支援するという。

[ITmedia]

 サイボウズ子会社のサイボウズスタートアップスは1月21日、個人所有スマートフォンの業務利用を支援する「BYODサービス」の提供を始めた。Android/iOSに対応し、端末3台までの利用は無料。それ以降は基本料金が1000円/月、端末の追加料金が1台当たり120円/月(ともに税別)。

 端末のセキュリティリスク管理機能や公私分計電話機能などを備えるモバイル端末管理サービス。セキュリティ機能では、スマートフォンのパスワードポリシーの徹底やウイルス/スパイウェア対策、リモートロックによる情報漏えい対策、端末のJailbreak(いわゆる“脱獄”)やroot化による情報漏えい対策などをPCの管理画面上で設定できる。

photophoto トップページ(左)、端末の管理ページ

 公私分計電話機能では、従業員が1台のスマートフォンをビジネス利用時とプライベート利用時で使い分け、前者の利用料金だけを所属企業に請求できる公私分計サービスを搭載。このほか、OSのバージョンやMACアドレスといった端末情報をPC上で管理できる機能(GPS情報や操作ログなどの個人情報は除く)も備え、企業におけるBYOD(Bring Your Own Device:個人所有端末の業務利用)を支援するという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -