ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「モバイル機器管理」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「モバイル機器管理」に関する情報が集まったページです。

「Windows 365」を使うメリットと2大プランの違い【前編】
クラウドPC「Windows 365」を使いたくなる“あのメリット”
「Windows 365」は「Windows」の仮想デスクトップを容易に利用できるようにするDaaSだ。エンドユーザーだけではなくIT管理者にとっても役立つ、Windows 365の主なメリットを説明する。(2022/5/25)

「パスワードレス認証」7つの課題【第5回】
“パスワードのいらない世界”が招くプライバシー問題の正体
企業がパスワードレス認証を導入する上で、解消すべき課題が幾つか存在する。その中から本稿は従業員のプライバシー保護と、“過度な期待”で生じるリスクを解説する。(2022/5/12)

「Windows 11」「Windows 365」の新機能はビジネスにどういうメリットをもたらす? 日本マイクロソフトが説明
日本マイクロソフトが法人ユーザーを対象に「Windows 11」「Windows 365」の新機能を紹介するイベントを開催した。Windows 11に搭載される(予定)の新機能は、ビジネスにどのようなメリットをもたらすのだろうか。(2022/4/28)

iPhoneのパスコードを忘れてしまってもアンロックできるソフトを試してみた
iOSデバイスで忘れたパスコードを解除できるツール「PassFab iPhone Unlocker」を試した。(2022/4/26)

チップからクラウドに至るまで保護機能を提供:
Microsoft、ゼロトラストの原則に基づいたWindows 11の新しいセキュリティ機能を紹介
Microsoftは、Windows 11の今後のリリースでは大規模なセキュリティ更新によって、チップからクラウドに至るまで保護機能を提供することを明らかにした。(2022/4/21)

本当に必要な機能だけ使える
中堅・中小企業がシンプルかつ安価にモバイル端末管理を実現する方法
中堅・中小企業の社用スマホを狙う攻撃が急増し、自社のスマホがマルウェアに感染したことで取引先にまで被害が及ぶケースも報告されている。中堅・中小企業が意識すべきリスクと社用スマホを簡単に脅威から守る方法を紹介する。(2022/3/30)

安心、安全を手軽に実現:
PR:ぼっち情シスの課題「安くて楽で安全なテレワーク環境」はかなうのか
デバイス管理ツールの導入やセキュリティ製品の見直し、配布PCの刷新などテレワーク環境の整備には手間も予算も掛かるのが常識とされてきたが、まったく別のアプローチで課題を解決する方法が提案されている。どんな技術をどう使っているかを取材した。(2022/3/23)

働き方改革時代の「ゼロトラスト」セキュリティ(17):
君は今、ゼロトラストの旅路のどこにいる?――米国政府機関が参照する地図、CISA「ゼロトラスト成熟度モデル」とは
デジタルトラストを実現するための新たな情報セキュリティの在り方についてお届けする連載。今回は、米国CISAが発表した「ゼロトラスト成熟度モデル」について解説する。(2022/3/3)

従業員のITスキルに依存しないセキュリティ
増えるデバイス、多彩なOS……全デバイスを一括で守る「クラウドMDM」の導入法
場所も時間も問わずに働く環境を整えるに当たってモバイルデバイスの活用は必須だ。デバイス管理に必要な機能も高度化、複雑化している。情報システム部門の負荷を増やさない「高度なMDM」の実現方法とは。(2022/2/14)

「続けたくなるテレワーク環境」の作り方【第3回】
いまさら聞けない、テレワーク用デバイスに「最低限やるべき」5つのセキュリティ対策
やむを得ない事情でテレワークを実施している企業でも、IT資産を守るために「これだけは実施すべき」という、5つのセキュリティ対策とは。不正アクセスの入り口となるデバイスの管理方法に焦点を当て、解説する。(2022/1/25)

日立システムズが岐阜市にAzure Peering Serviceを導入 ICT活用と働き方改革を支援
日立システムズは、Azure Peering Serviceを利用したMicrosoft 365向けサービスを岐阜市に提供した。(2022/1/26)

「複雑化する攻撃手法に対応できていない」:
半数が「業務委託先のセキュリティ対策」を把握していない KPMGコンサルティングが「サイバーセキュリティサーベイ2022」を発表
KPMGコンサルティングは、「サイバーセキュリティサーベイ2022」を発表した。「過去1年間にサイバー攻撃あるいは不正な侵入を受けたことがある」企業の割合は30.5%。「情報セキュリティ人材が不足している」企業の割合は79.0%に上った。(2022/1/21)

プランと利用料金は?
iPhone管理をサブスクで Appleの中小向けMDM「Apple Business Essentials」とは
中小企業向けにAppleが MDM(モバイルデバイス管理)サービスをサブスクリプション型で提供すると発表した。その内容は。(2022/1/17)

Microsoft、2021年最後の累積更新プログラムを配信 30以上の製品が対象
Microsoftは2021年12月の累積更新プログラムを配信した。今回の累積更新プログラムでは30を超える製品が対象となる。「緊急」(Critical)に分類される脆弱性もあるため、迅速にアップデートを適用してほしい。(2021/12/16)

「モバイルセキュリティポリシー」策定が企業を守る【後編】
モバイルセキュリティポリシーには「従わない社員はどうなるか」も記載すべし
企業はモバイルデバイスのセキュリティ要件をどのように定義すればよいのか。免責事項や従業員が負う可能性がある責任など、モバイルデバイスセキュリティポリシーに盛り込むべき要素を紹介する。(2021/12/15)

IT担当者必見!:
PR:働き方のアップデートに「Windows 11×モダンPC」をどう活用すべき? 日本マイクロソフトの中の人に直接聞いてみた
「働き方改革」は、大企業だけでなく中小企業も取り組むべき課題である。その解決の一助となりうるのが、Windows 11を搭載する「モダンPC」だ。「日本で一番Windows 11に詳しい人」に、モダンPCやWindows 11を導入するメリットについて話を伺った。(2021/12/9)

PR:老舗企業の情シス担当が「別世界」と語る、日本HPの“スナドラ”搭載ノートPCの魅力とは?
(2021/12/9)

「モバイルセキュリティポリシー」策定が企業を守る【中編】
「モバイルセキュリティポリシー」、これだけは外せない基本要素とは
いざ「モバイルセキュリティポリシー」を策定しても、必要な要素が網羅されていなければ意味がない。盛り込むべき要素6つのうち3つを紹介する。(2021/12/8)

「ビジネス用Chromebook」の使い方・選び方【第1回】
格安ノート「Chromebook」を仕事で使う管理方法と、使う前の注意点
「Chromebook」をビジネスで安全かつ快適に利用するためには、適切な管理が不可欠だ。Chromebookにはさまざま管理方法があり、ニーズに合わせて選択できる。主要な管理方法の概要を紹介しよう。(2021/12/5)

Windowsにゼロデイの脆弱性、MSは放置も専門家は「深刻」と指摘
Microsoftは毎月の累積更新プログラムでセキュリティの脆弱性を修正しているが、中には外部からリスクを指摘されても正式に脆弱性として認識されず、放置されたものもある。(2021/12/1)

「モバイルセキュリティポリシー」策定が企業を守る【前編】
企業が「モバイルセキュリティポリシー」を軽視してはいけない法的理由
企業は「モバイルセキュリティポリシー」を策定、もしくは再考する必要に迫られている。その理由とは。法令順守の観点から解説する。(2021/12/1)

iOS 15、iPad OS 15で「宣言型デバイス管理」を追加
iPhone、iPad管理が楽に Appleが追加した「MDM」の“ありがたい機能”とは
Appleは「iOS 15」「iPadOS 15」でMDM(モバイルデバイス管理)機能を強化。企業で同社デバイスを管理しやすくする狙いがある。新OSは管理者にとってどううれしいのか。(2021/11/23)

活性化するモバイルデバイスの二次流通【後編】
「中古スマホ」なぜ増える? 「5G」が原因との声も
米国でモバイルデバイスの二次流通市場が著しく成長している。成長をけん引するのは何なのか。下取りの現場で起こっている“ある変化”とは。(2021/10/8)

何のためにシステムを守るのか:
PR:CISOがせめぎ合いを乗り越え“セキュリティ運用のサイロ化”を防ぐ全体最適のヒントとは
「セキュリティ対策は日々複雑化し、新たなキーワードが頻出しているので、今やるべきことが見えない」と嘆いている管理者には、目先の対策をパッチワーク的に行って投資が無駄になる未来しかないのだろうか。「ITmedia Security Week 2021秋」の「脱サイロ化、セキュリティ運用」ゾーンでは、“セキュリティのサイロ化”を防ぐ全体最適のヒントが明かされた。(2021/10/6)

活性化するモバイルデバイスの二次流通【前編】
「中古スマホ」市場が活況 最も下取りに出されたiPhone、Androidスマホは?
パンデミックが続く中で、米国のモバイルデバイス二次流通市場が急成長している。下取りに出されているのは、どのような端末なのか。(2021/10/2)

特集:「惰性をやめる、慣習を疑う」こんどこそ楽になる運用管理(6):
最新Microsoftテクノロジーで従来の運用管理は、どう楽になるのか――運用管理を変える4つのポイント
新規サービス開発におけるクラウド活用や基幹システムのクラウド移行など、オンプレミスからクラウドへのシフトが盛んな時代になった。一方で、オンプレミスに残されたシステムやサービスの運用管理も行わなければならず、そのことがこれまで以上に運用管理を複雑にしている。本稿では、クラウドとオンプレミスが混在する現在のITシステムにおいて、これまでとはどのように運用管理が変化し、どうすれば自動化や省力化、コスト削減できるかについて、Microsoftのテクノロジーやサービスとともに解説する。(2021/9/28)

PR:スマホ紛失は業務用PC紛失と同じ危険度 個人情報漏えい、ブランド失墜、身代金要求…… まずは正しい認識を
(2021/9/30)

中小企業に最適な「ゼロタッチ」の防御とは:
PR:シンプルかつ万全に、テレワーク時代にモバイルセキュリティを実現する方法
テレワークにおいてモバイルセキュリティは喫緊の課題だ。しかし大企業向けの高機能な製品は中小企業にとって過剰である可能性がある。コストと運用負荷を抑えてシンプルかつ必要十分な「セキュリティの最適化」を図る方法とは。(2021/9/28)

User Enrollmentで実践、iOS/iPadOSデバイスのBYOD【後編】
私物iPhone管理に「User Enrollment」を活用するには? 「Intune」を例に確認
MDMツールで「iPhone」「iPad」を管理する際、Appleのデバイス管理機能「User Enrollment」を利用するには、どうすればよいのか。「Microsoft Intune」を例に、User Enrollmentの活用方法を簡単に紹介する。(2021/9/16)

「続けたくなるテレワーク環境」の作り方【第2回】
“テレワーク前提”なら無視してはいけない「セキュリティ」の課題と解決策
テレワークを一時的な施策ではなく長期施策として継続する場合に、無視できないのがセキュリティに関する課題だ。どのような課題があり、どうすれば解決できるのか。(2021/9/13)

「Windows」と「Mac」、業務用にどちらを選ぶか【第1回】
絶対王者「Windows」に進撃の「Mac」 業務用デバイス“頂上決戦”の歴史
業務用クライアントデバイスなら、当然「Windows」搭載PCだ――。疑いようがないと考えられていた“常識”が崩れ始めている。「Mac」が存在感を高め始めているからだ。背景には何があるのか。(2021/9/12)

User Enrollmentで実践、iOS/iPadOSデバイスのBYOD【前編】
私物iPhone/iPad管理を楽にする「User Enrollment」とは?
Appleの「User Enrollment」(ユーザー登録)は、「iOS」「iPadOS」端末のBYODに役立つ可能性がある。企業データと個人データの明確な分離を実現するUser Enrollmentの主要機能は。(2021/9/9)

働き方改革時代の「ゼロトラスト」セキュリティ(14):
拡大するランサムウェア対策の要にもなる、ゼロトラストにおけるデバイス防御
デジタルトラストを実現するための新たな情報セキュリティの在り方についてお届けする連載。今回は、ゼロトラストにおけるデバイス防御について解説する。(2021/9/3)

「Apple Configurator」の限界と代替策【後編】
Hexnode、Jamf、DigiDNA……iPhone、iPad管理ツールの“本命”はこれだ
Appleのモバイルデバイスの管理ツールには、「Apple Configurator」以外にも複数の選択肢がある。それぞれどのようなメリットがあるのか。IT担当者の負荷を減らし、効率の良い管理への道を開く最適解はどれなのか。(2021/8/31)

アカウント管理、デバイス保護などを実現 次世代のテレワーク基盤とは何か?
ドコモ・システムズらは、日立のゼロトラストネットワーク技術やMicrosoft製品、シスコ製品を組み合わせた「次世代テレワーク基盤」を構築した。同社の管理部門やシステム開発部門など約700人が同基盤の利用を開始した。(2021/8/27)

製品導入だけでは足りない:
PR:企業活動に欠かせないモバイル端末、そこに迫る脅威の動向と対策
スマートフォンなどのモバイル端末への攻撃は、ますます手口が巧妙化しているという。今やモバイル端末は業務にも欠かせない存在となっており、対策が必要だ。モバイル端末への攻撃動向とセキュリティ対策をテーマに開催されたパネルディスカッションの内容をお届けする。(2021/9/1)

「Apple Configurator」の限界と代替策【前編】
iPhone、iPad管理に「Apple Configurator」を使うのは“賢い選択”ではない理由
「iPhone」「iPad」といったAppleのモバイルデバイスを管理する手段に「Apple Configurator」がある。ただし、あらゆる企業に適しているわけではない。Apple Configuratorの注意点は何か。(2021/8/24)

「続けたくなるテレワーク環境」の作り方【第1回】
テレワークを避けられないなら最低限押さえておきたい「経営課題」とは
感染症対策として急場しのぎでテレワークを導入した企業が、テレワークを長期施策として捉えたときに、浮き彫りになる経営課題とは。主要な項目を整理する。(2021/8/18)

「macOS」搭載デバイス管理の選択肢【後編】
Mac管理ツール「Jamf」と「Fleetsmith」の料金の違いは? どちらを選ぶべきか
Apple製デバイスの管理においては、管理ツールがどのような他ツールと連携可能なのか、利用料金は幾らなのか、といった観点も重要だ。こうした観点で「Jamf」と「Fleetsmith」を比較してみよう。(2021/8/11)

「macOS」搭載デバイス管理の選択肢【中編】
「Jamf」「Fleetsmith」の長所と短所を比較 Mac管理がしやすいのはどっち?
Apple製デバイスの管理における要件は企業によって異なる。管理ツール「Jamf」と「Fleetsmith」をどう比較すればいいのか。検討すべきポイントを紹介する。(2021/8/4)

BYODの導入と継続のためのヒント【後編】
「BYOD」を成功させたいなら最低限検討すべき3つの事項
BYODのデメリットを抑えながら、メリットを最大限に引き出すためには、どうすればよいのか。BYOD導入を成功させるための3つの検討事項を紹介する。(2021/8/3)

Weekly Memo:
ついに1兆円規模を突破、拡大する国内パブリッククラウド市場を待ち受ける3つの課題
企業のDX進展に伴い、パブリッククラウド市場が高成長を続けている。ただ、最新の調査によると、ユーザーにとっての課題が浮かび上がってきた。(2021/8/2)

医療ITニュースフラッシュ
聖マリアンナ医科大学がコロナ禍で「iPad」を導入した“納得の理由”
「iPad」を導入した聖マリアンナ医科大学の取り組みや地域医療連携のために「コマンドセンター」を導入した草津総合病院の事例など、医療ITに関する主要なニュースを紹介する。(2021/7/31)

「macOS」搭載デバイス管理の選択肢【前編】
Apple製デバイス管理の「Jamf」と「Fleetsmith」の違い 後悔しない選択肢は?
「Jamf」と「Fleetsmith」はどちらも主要なApple製デバイスの管理ツールだ。「Mac」や「iPhone」などのデバイスを導入する企業に、より適した選択肢とは。(2021/7/28)

BYOD、CYOD、COPE、COBOを比較する【第4回】
「BYOD」「COPE」は社員受けが良い? モバイルデバイス配備方法の“正解”は
主要なモバイルデバイス配備方法の中でも、特に従業員から高評価を得やすいのが「BYOD」と「COPE」だという。それはなぜなのか。これらを選んだときに配慮すべき点と併せて紹介する。(2021/7/27)

BYODの導入と継続のためのヒント【中編】
「BYOD」を解禁しても使える私物端末を限定すべき“当然の理由”
BYODを解禁した企業が、従業員の全ての私物端末の業務利用を許可することは適切ではない。それはなぜなのか。BYODを始めるときの考慮点を整理する。(2021/7/21)

BYOD、CYOD、COPE、COBOを比較する【第3回】
「COPE」「COBO」とは? BYODだけではないモバイルデバイス配備方法の基礎知識
モバイルデバイスの配備方法に「COPE」と「COBO」がある。それぞれどのような特徴があるのか。知っておきたい基本的な事項を解説する。(2021/7/19)

BYODの導入と継続のためのヒント【前編】
「BYOD=コスト削減手段」だと考えてはいけない“納得の理由”
「BYOD」をこれから始める企業や十分に準備をしないまま始めてしまった企業は、BYODのメリットを十分に引き出せない可能性がある。BYOD解禁を検討する際の考慮点を説明する。(2021/7/15)

BYOD、CYOD、COPE、COBOを比較する【第2回】
いまさら聞けない「BYOD」とは? 併せて知りたい「CYOD」とは? 両者の違いは
モバイルデバイスの配備方法として一般的になった「BYOD」と、1文字違いの「CYOD」。これらは何が違うのか。双方の基本的な意味を簡単に解説する。(2021/7/13)

Windows 11、TPM 2.0 チップを搭載 ハードウェアベースでセキュリティ保護を実現
Microsoftは「Windows 11」のセキュリティ概要を発表した。高度なサイバー攻撃に対抗するためTPM 2.0 チップを実装し、マルウェアによる不正アクセスやデータの改ざんからハードウェアを保護する。(2021/7/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。