ニュース
» 2013年03月04日 16時51分 UPDATE

国内サーバ市場は縮小に転じる 出荷台数は2桁減――IDC調査

IDC Japanによると、2012年通年の国内サーバ市場は出荷額、出荷台数ともに前年比でマイナスだった。

[ITmedia]

 IT調査会社のIDC Japanは3月4日、2012年通年の国内サーバ市場に関する調査結果を発表した。金額ベースでは前年比5.1%減の4453億円、出荷台数は同12.0%減の55万台だった。

 2011年の同市場は、富士通が理化学研究所向けに出荷した「京」の影響でプラスとなったが、2012年には反動減でマイナスとなった。ただし、製品セグメント別ではメインフレームが4年ぶりにプラス成長を記録。特に金融業向けの大型案件が集中し、出荷額の50%以上を金融業向けが占めたという。

 x86サーバ市場は、出荷台数は前年比で微減だったが、金額ベースではプラス成長を記録した。内蔵メモリや内蔵HDDの容量増加により、x86サーバの平均単価が上昇したためだとしている。

photo 国内サーバ市場の推移(出典:IDC Japan)

 IDC Japanの都築裕之サーバリサーチマネジャーは「2012年の国内サーバ市場は、金融業を中心としたメインフレームの大型更新が集中した。金融業では、実績に証明されたメインフレームの高い信頼性が評価されている。そのため、メインフレーム市場における金融業向けの出荷構成比は年々増加する傾向を示している。一方、2012年の国内x86サーバ市場は、出荷台数が2年連続で小幅に減少した。サーバ仮想化やクラウド導入の拡大により、サーバ集約傾向が表れつつある」と分析している。

 ベンダー別シェアは、x86サーバとメインフレームの出荷額を伸ばした富士通(22.2%)が6年連続で首位を獲得。以下、2位にIBM(18.3%)、3位にNEC(17.4%)、4位にHewlett-Packard(15.4%)、5位に日立製作所(13.6%)と続いた。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -