ニュース
» 2013年03月06日 12時43分 UPDATE

導入事例:カネカ、本社移転でコラボレーション基盤を構築

ワークスタイル革新の一環として、マイクロソフトのOffice 365とLync Serverを採用した。

[ITmedia]

 化成品大手のカネカが、1月の本社移転に合わせて社内の情報共有基盤を新たに構築した。これを支援した日本マイクロソフトが3月6日に発表した。

 カネカではマイクロソフトのクラウド型コラボレーションサービス「Office 365」のExchange Online、SharePoint Online、Lync Online、Lync Server 2010を採用。メール容量の拡張や在席情報、オンライン会議などの各機能を利用、Lync Serverの「エンタープライズボイス機能(PBX)」で電話機能も統合した。

 これにより、ワークスタイルの変革と業務効率の向上、コスト削減を目指すとしている。

関連キーワード

Microsoft | Office 365 | Microsoft Lync | 情報共有


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -