ニュース
» 2014年01月23日 11時05分 UPDATE

来季はリーグ優勝なるか:横浜F・マリノス、チーム戦術強化などを目的にSurfaceを導入

選手のスキルアップやチームの戦術確認を効率化すべく、横浜F・マリノスはクラウドサービスおよびタブレット端末を採用した。

[ITmedia]

 日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)の横浜F・マリノスは、個人のスキルアップやチームの戦術確認などの効率化を図るため、タブレット端末「Surface」およびクラウドサービス「Windows Azure」を採用した。サービスを提供した日本マイクロソフトが1月23日に発表した。

 ユースチームなどの育成世代から同サービスを利用開始する。具体的には、Windows Azure上の動画共有サービスに保存した試合や練習の映像を、選手やコーチなどがSurfaceを活用していつでもどこでも閲覧できるようにする。

marinos01.jpgmarinos02.jpgmarinos03.jpg 動画共有サービスの編集サンプル画面

 また、横浜F・マリノスは日本マイクロソフトとスポンサー契約を締結した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -