ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  J

「Jリーグ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Jリーグ」に関する情報が集まったページです。

トップダウンはもう古い! 肩書なくし業績アップ
企業やスポーツチームで上下関係をなくす試みが成果をあげている。令和時代の組織のあり方として注目される「脱 トップダウン思考」(東京法令出版)の著者にも話を聞いた。(2019/6/17)

チケット価格変動「ダイナミックプライシング」エイベックスが音楽ライブに導入へ 専門企業に出資
需給に応じてチケットの価格を変動させる「ダイナミックプライシング」を、エイベックスが音楽ライブに導入へ。(2019/6/13)

スポーツ中継のDAZN、コールセンター業務でクラウド活用 AWSベースの「Amazon Connect」導入
DAZN日本法人が、顧客からの問い合わせ対応にAWSベースのコールセンター支援サービス「Amazon Connect」を導入。クラウド経由で電話回線を利用する他、クラウド上での通話録音などを活用していく。ユーザー増に伴って増える問い合わせに効率よく対応する狙い。(2019/6/11)

旧友からLINEで「飲もう♪」……これってマルチ商法? 記者の“奇妙な体験”
近年、LINEなどのSNSを活用した「マルチ商法」の勧誘が増えている。筆者も、疎遠だった友人からLINEで飲み会に誘われ、参加した結果、もうけ話を持ちかけられた経験がある。本記事では、筆者の体験談を基に、あやしい勧誘の特徴を探る。(2019/5/27)

マウス、浦和レッズとオフィシャルPCサプライヤー契約を締結
マウスコンピューターは、Jリーグチームの浦和レッズとオフィシャルPCサプライヤー契約を締結した。(2019/5/24)

チケット高額転売、どう対策? 電子化や顔認証……普及に課題も
スポーツやコンサートなどでチケットの不正転売を禁じる入場券不正転売禁止法が6月14日に施行されるのを前に、業界が知恵を絞っている。電子チケットの導入や顔画像の登録など、本人確認を強化する対策が進む一方、システム導入のコストや手間が増えることで「利用者が敬遠するのでは」と懸念する声も。(2019/5/10)

Jリーグは「誤審多すぎ」? 「VAR」本格導入に賛否、三木谷氏は「一刻も早く」
JリーグがVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の本格導入に向けて大揺れだ。毎年Jリーグにやってくる外国人選手のほとんどが「Jリーグは誤審が多すぎる」とストレスを抱えるという。(2019/4/18)

「信頼関係がないと、お客さんは暴君になってしまう」 ”できるプロマネ”は何が違うか
「プロマネ業務の80%はAIに肩代わりされる」という予想もあるが、本当だろうか。元アクセンチュアのプロマネが、誤解されがちなプロマネの役割や、プロジェクトを成功に導くコツを語った。(2019/4/15)

DAZNと「ウイイレ」がコラボ J1前節に出場した選手がゲームにも 活躍に合わせて能力アップ
J1前節に出場した選手がモバイルゲーム「ウイニングイレブン 2019」内に登場。試合での活躍に合わせ、能力がアップした状態になるという。(2019/4/4)

大都市で規制:
世界的にキャッシュレス化が進んでいるのに、なぜ米国は反発するのか
世界的にキャッシュレス化の動きが加速している。こうした動きの中で、反発する国がある。米国だ。ペンシルベニア州ではキャッシュレス型店舗を規制する法律が可決され、この動きは広がりつつ……。(2019/3/28)

DAZN、ついに巨人と提携 読売グループ口説き落とした舞台裏と“懸念”
「DAZN」に対し、球界の盟主・巨人がついに主催試合の配信を認めた。親会社の読売新聞グループ本社を抱き込んだ、至れり尽くせりの提携案で口説き落とされた格好だ。巨人戦のテレビ中継を武器に日本に君臨してきたメディアグループが、スポーツ中継の“黒船”とも呼ばれる海外の競合他社と呉越同舟に。(2019/3/20)

NTTとJリーグが連携 試合映像や選手データ配信
今季のJ1で運用を開始する。(2019/3/15)

楽天が親会社のヴィッセル、本拠地で「現金NO」 観客は歓迎や戸惑い
会場の「ノエビアスタジアム神戸」では、この日からチケット代や飲食代など全ての支払いを対象にした「完全キャッシュレス化」が始まった。(2019/3/4)

AIで価格変更 テーマパークやJリーグ、広がる「変動制」
需要を予測し年間を通じてチケット価格を変動させる「ダイナミックプライシング(価格変動制)」と呼ばれる手法が、娯楽ビジネスを中心に広がってきた。市場動向の分析精度を高め、効果的な価格を決められるようにと、人工知能(AI)の導入も進んでいる。(2019/2/26)

渋谷豊の投資の教室:
日本の人口は減り始めているのに不動産を買って大丈夫?
お金持ちの投資の定番「不動産投資」。しかし日本ではついに人口がピークを超え、これから人口減少の時代に突入します。ここ数年上がり続けてきた印象のある不動産ですが、このタイミングで買ってもいいのでしょうか?(2019/2/25)

需要をAI予測し価格変更 テーマパークやJリーグ、広がる「変動制」
需要を予測し年間を通じてチケット価格を変動させる「ダイナミックプライシング」と呼ばれる手法が、娯楽ビジネスを中心に広がってきた。(2019/2/25)

渋谷豊の投資の教室:
不動産を買ったらお金持ちになったのか、お金持ちだから不動産を買ったのか
不景気に強いのは、金や不動産などの実物資産だといわれる。株や債券と並んで、資産運用を考える上で避けて通れないのが不動産。では不動産にはどんな特徴があって、どういう考え方で投資を考えるべきなのでしょう。(2019/2/21)

渋谷豊の投資の教室:
海外の富裕層はなぜゴールド(金)を持つ? 金を買う3つの方法
海外の富裕層はゴールド(金)を資産として持つ人が多くいます。それはなぜなのでしょうか? また自分でも金を買いたいと思ったら、どんな方法で買えるのでしょうか?(2019/2/18)

渋谷豊の投資の教室:
今こそ考える? ゴールド(金)投資の魅力
株式市場が軟調だと、自然とリスクに強そうな投資に目が向く。特に、歴史的に価値を保ってきたゴールド(金)は、実際に手に取って触れられる資産ということもあって、気になっている人が多いだろう。(2019/2/12)

浦和にあるのに「鹿島湯」―― 「この地で一番名乗ってはいけない名前」の銭湯が話題に
ホームなのにアウェイ。(2019/2/6)

渋谷豊の投資の教室:
金利が上がるといろんな資産が下落する。その時何に投資する?
経済の状況が悪いと金利が下がります。しかし、金利が低いということは債券価格は上がりますし、会社もお金を借りやすくなって株価が上昇するかもしれません。逆に、金利が上がってくると、いろいろな資産の価格が下がる方向に働きます。そんなとき、何に投資したらいいのでしょうか?(2019/2/4)

LINEチケット、プロ野球やJリーグの公式戦も販売開始
LINE TICKETが電子チケットサービス「LINEチケット」でスポーツチケットの販売を始める。プロ野球やJリーグの公式戦チケットを、LINEから購入できる。(2019/1/31)

渋谷豊の投資の教室:
金利が投資に影響するわけ 金利は経済の体温計
投資に関する情報を集め始めると、「金利が上がったから」「利上げが」といった言葉をよく聞きます。でもこの金利とは何で、どうして投資に関係するのでしょうか? リスク管理、資金管理と同じくらい重要だという金利について、話を聞きました。(2019/1/28)

渋谷豊の投資の教室:
300万円か給料6カ月分 投資の前に現金を持ってますか?
資産運用が大事だといっても、すべてのお金を投資に回せるわけではないし、回して良いわけではありません。いったいどのくらいを預金や現金として持っておくべきなのだろうか? 単に生活のための現金という以外に、リスクコントロールのツールとして、またチャンスが来たときのための現金という要素もあった。(2019/1/10)

「絶対 頑張って欲しい!!」 小柳ルミ子、親戚のJ3「ザスパクサツ群馬」入り内定明かす
大喜びの小柳さん。(2019/1/6)

渋谷豊の投資の教室:
日本で暮らしているのに海外投資が必要な2つの理由
分散投資といったときに、外せないのが海外への投資だ。日本だけでなく海外各国へ分散することが重要だといわれる。しかし、日本に住んで日本でモノを買っているのに、どうして円以外へ投資する必要があるのだろうか?(2018/12/27)

川崎フロンターレ仕様の超軽量モバイルノートPCが登場
フロンターレサポーター必見。(2018/12/26)

渋谷豊の投資の教室:
分散投資でも防げない2つのリスクを知っていますか?
なぜ投資をする人としない人で大きな差がつくのか、そして退職金をもらってからいきなり投資を始めるのではなく、若い内から投資経験値をしっかりと貯めていくことが重要だという話を聞いてきました。そして重要なのが、価格のブレ幅を意味する「リスク」です。今回はそのリスクに関するこわい話です。(2018/12/21)

『クリスマスキャロル』再演の真意:
僕の足を引っ張らない社会を作る――ホリエモンが演劇をアップデートする理由
ホリエモンこと堀江貴文氏が主演を務め、現在公演中のミュージカル『クリスマスキャロル』。そもそもなぜホリエモンは芝居をやっているのだろうか? その真意を探った。(2018/12/15)

自然エネルギー:
ジュビロ磐田の「ヤマハスタジアム」、CO2ゼロの電力プランを導入
「ヤマハスタジアム」が2019年3月からCO2排出係数ゼロの電力を購入。地域新電力のスマートエナジー磐田が供給する「いわたゼロエミでんき」を利用する。(2018/12/13)

渋谷豊の投資の教室:
退職金離婚に陥らないための投資経験値
皆さんは資産運用をしていますか? 今や自分で資産運用を行って老後の資金を貯めていくよう、社会も急速に変わってきています。でも、資産運用なんて考えたこともない。そんな人に向けて、どう考えて資産運用に取り組んだらいいかの連載です。第3回は投資経験値の貯め方について。(2018/12/13)

水曜インタビュー劇場(中の人公演):
フォロワー30万人! なぜキングジムのTwitterに人が集まるのか
「Twitterをやっているけれど、フォロワーが増えないなあ」と悩んでいる人もいるのでは。そんな人に、キングジム(フォロワー数:30万人以上)の“中の人”をオススメする。人気アカウントの中の人はつぶやくとき、どんなことに注意しているのか。話を聞いたところ……。(2018/12/12)

渋谷豊の投資の教室:
資産の15%を失っても、あなたは夜寝られますか?
皆さんは資産運用をしていますか? 今や自分で資産運用を行って老後の資金を貯めていくよう、社会も急速に変わってきています。でも、資産運用なんて考えたこともない。そんな人に向けて、どう考えて資産運用に取り組んだらいいかの連載がスタートしました。第二回はリスクについて。(2018/12/6)

スポーツ観戦を楽しくするチャットbot 変化する試合状況に合わせて対話――NTTドコモ、「自然対話プラットフォーム」で開発
NTTドコモは、スポーツ観戦中にチャットbotとリアルタイムに変化する試合状況に合わせた対話ができる機能を開発。試合中の選手のパフォーマンスからスタジアムグルメまで、幅広い情報が入手可能になり、スポーツ観戦の新たな楽しみ方を提供するという。(2018/11/29)

渋谷豊の投資の教室:
投資する人としない人で、資産に「年3.5%」の差がつくのはなぜか?
皆さんは資産運用をしていますか? 投資とか資産運用なんてお金持ちだけの話……というのは今は昔。自分で資産運用を行って老後の資金を貯めていくよう、社会も変わってきています。でも、資産運用なんて考えたこともない。そんな人に向けて、どう考えて資産運用に取り組んだらいいかの連載がスタートしました。(2018/11/29)

Jリーグから制裁金300万円:
横浜F・マリノス元社員が約3300万円を私的流用
横浜F・マリノスの元経理担当社員が、2012〜18年の計7年間にわたって約3300万円の資金を私的流用していた。収入印紙を着服・換金する手口を用いていた。ガバナンス体制を問題視し、Jリーグは制裁金300万円を課した。(2018/11/20)

特集・ビジネスを変える5G:
スタジアムの観客みんなが審判に? 5Gで変わるスポーツ観戦
次世代通信「5G」でスポーツ観戦の未来はどう変わるのか。KDDIに聞いた。(2018/11/19)

DNP、Mastercardの非接触決済が可能なウェアラブルデバイスを提供 11月にJリーグ公式戦で実証実験
大日本印刷は、Mastercardの非接触決済「Mastercardコンタクトレス」を搭載したウェアラブルデバイスの発行体制を構築。小型の非接触ICカードをさまざまなウェアラブルデバイスに組み込むことでキャッシュレス決済が可能となり、第一弾として11月にJリーグ公式戦での実証実験を行う。(2018/11/16)

観戦ビジネスの強み:
15兆円を目指すスポーツ市場、何を増やすのか?
日本の成長戦略の一環として、スポーツ市場を2025年までに15兆円の市場規模を目指すらしい。2012年時点の市場は7兆円(公営ギャンブルを除く)だが、何をどのようにして増やすのか。(2018/10/31)

常見陽平のサラリーマン研究所:
SNSでニヤニヤしてしまう、「転身ポエム」を分析してみた
SNS上で「転身ポエム」をよく見かける。就職、転勤、転職などのタイミングで、その「想い」が劇的につづられているのだ。この転身ポエム……よーく読むと、その人の過去がいろいろ透けて見えてきて、とても味わい深いのだ。(2018/10/26)

初の専門アナウンサー事務所設立:
元大手民放エースアナ 甲子園を捨てeスポーツ実況に懸けた理由
大手民放のアナウンサーが「自分抜きで盛り上がるのは許せない」と初のeスポーツ実況専門の事務所を設立。今後は後進育成や「選手の生き様を語る」実況を目指す。(2018/10/24)

異業種が熱視線 日本の「eスポーツ」はビジネスになるのか
日本国内でもにわかに盛り上がりを見せている「eスポーツ」。ゲーム業界だけでなく、芸能事務所やテレビ局、プロスポーツリーグなどが続々と市場参入を表明しているが、そこにどんな可能性があるのか。(2018/10/20)

LINEが電子チケットサービス「LINEチケット」を提供開始
LINE TICKETは、10月10日に電子チケットサービス「LINEチケット」をスタート。音楽ライブやスポーツなどのチケットを検索・購入・発券から入場までLINE上で完結でき、公式リセール機能も提供する。(2018/10/10)

「LINEチケット」開始 100%電子チケット、公式リセール機能で不正転売防止
音楽ライブやスポーツなどのチケットをLINEから手軽に購入できるサービス「LINEチケット」開始。電子チケットのみを扱い、公式リセール機能も実装。ユーザーの利便性を担保しながら不正な高額転売を防ぐ。(2018/10/10)

サイバーエージェント、FC町田ゼルビアを買収
サイバーエージェントが、JリーグクラブのFC町田ゼルビアを子会社化した。早期のJ1ライセンス取得を目指すとしている。(2018/10/1)

スポーツ中継の「DAZN」がSpotifyと提携 月額1750円で両サービスを使えるキャンペーン
「DAZN」が「Spotify」と提携。両サービスを月額1750円(税別)で1年間使えるキャンペーンを実施する。(2018/9/6)

1・3・5カ月単位:
DAZN、コンビニで買えるプリペイドカード発売 クレカ登録なしでスポーツ観戦
DAZNのプリペイドカードが登場。1・3・5カ月単位で、家電量販店とコンビニで取り扱う。新規ユーザーの獲得が狙い。(2018/8/28)

日銀那覇支店が分析:
FC琉球は「生産性」でも健闘 勝ち点1を取るのにかかった人件費は?
日本銀行那覇支店はFC琉球がJ2昇格が期待されていることを受け、Jリーグの各チームが勝ち点1を取るのにどれだけ人件費がかかったかを分析し、発表した。(2018/8/14)

「なでしこリーグ」も配信 世界80カ国を開拓したサッカー無料配信サイト「mycujoo」は何者か
普段はなかなか見られない世界各国のマイナーなサッカーリーグの試合を配信するサービス「mycujoo」。スイス発の動画配信サービスはどのように生まれたのか。(2018/7/12)

カズダンス、ミサンガ、Jリーグカレー……日本が空前の「Jリーグブーム」だった頃のこと
「Jリーグカレー」のCM、忘れられない。(2018/7/8)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。