ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  J

  • 関連の記事

「Jリーグ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Jリーグ」に関する情報が集まったページです。

公開資料で検証:
コロナ禍最盛期でも売上高1000億円超え 欧州主要クラブとの比較で見えたJリーグの特徴と課題
国内外で新型コロナへの警戒感が薄れつつある中、コロナ禍がJリーグと欧州主要クラブの経営にどんな影響を与えたのか、公開資料を使い、検証した。(2022/6/26)

妄想する決算「決算書で分かる日本経済」:
モンスト脱却目指すミクシィ、ゲームの次が公営ギャンブルとスポーツ事業なワケ
今回取り上げるのはミクシィです。もともとは社名の通りでSNSの「mixi」として成長してきた企業ですが、その後は「モンスターストライク」が大ヒットしてモバイルゲームが中心の企業となっています。(2022/6/20)

200人に聞いた:
子どもの希望で始めたスポーツ 3位「野球、ソフトボール」、2位「水泳」、1位は?
小学生の保護者向け教育メディア「おうち教材の森」が、子どもの希望で始めたスポーツに関する調査を実施した。(2022/6/14)

Jリーグクラブ初のNFT「金のベガッ太像」発売延期 「契約未完了のため」
ベガルタ仙台が発行するNFT「ファンのしるし『金のベガッ太像』」の発売がギリギリになって延期に。「販売に関連する契約の完了時期が確定していない」ため。(2022/6/1)

MALIA.、17歳次男との親密2ショットが美男美女すぎて「彼氏彼女みたい」 16歳で事業立ち上げ、父は山本KID徳郁さん
実業家の愛郁くん。(2022/5/29)

収益額3800億円! 世界最高峰のサッカーイベント「UEFA チャンピオンズリーグ」が生み出す巨額マネーの実態
世界最高峰のサッカーのイベント「UEFA チャンピオンズリーグ」の決勝が行われる。決勝戦を前に、大会の収益構造など巨額のサッカーマネーを、大会主催者UEFAの資料などを引用し、解説する。(2022/5/28)

槙野智章、盗難被害訴えたツイートに選手仲間からツッコミ殺到 ファンは「気の毒すぎます」「とんでもない」とぼうぜん
こんなことあるの……。(2022/5/19)

1位は2016年12月発売の「arrows NX F-01J」――FCNTが「歴代F機総選挙」の結果を発表
FCNTの携帯電話端末事業は30周年を迎える。そのことを記念して、同社は「総選挙」を実施し、その結果を発表した。1位は、“薄くて頑丈なスマホ”として2016年12月に発売された「arrows NX F-01J」となった。(2022/5/16)

「本当お似合い」「とっても幸せそう」 槙野智章、35歳バースデーに妻・高梨臨とラブラブ夫婦ショット
仲よし夫婦。(2022/5/12)

個性あふれる鉄道:
長さ日本一の「大阪モノレール」 一時はギネス 、「鉄むす」も3位に
今年は日本の鉄道開業150年。明治5(1872)年の新橋―横浜間の開通以降、各地に路線網が広がり関西も個性あふれる鉄道を生み出してきた。関西の鉄道の「ナンバー1」にまつわる話題をみる。(2022/4/30)

エンタメを代表する2社:
Cygames、ブシロードが仕掛けるTCG版「シャドウバース」 デジタルからアナログへの展開の狙い
eスポーツ種目としても社会的に広がっている『シャドウバース』。実際の紙を使ったトレーディングカードゲーム(TCG)への展開も進めている。このTCG版の名称は『Shadowverse EVOLVE(シャドウバース エボルヴ)』で、スターターデッキを発売した。(2022/4/28)

ナガサキから、世界へ:
V・ファーレン長崎社長からJリーグ理事に ジャパネットたかた創業者の長女が語るJリーグの可能性
Jリーグの常勤理事に就任したのが、2月末までV・ファーレン長崎の社長を務めていた高田春奈氏だ。高田氏は、ジャパネットたかた元社長の高田明氏の長女。常勤理事就任とともにJリーグの発展に尽力する。地方のクラブの経営に携わった経験から感じているJリーグの可能性と、今後の抱負を聞いた。(2022/4/26)

平愛梨、三男1歳の誕生日に家族ショット 慣れないフランスの出産で“泣きの授乳”に「気が滅入りそうだった」
看護師さんとも言葉が通じず……。(2022/4/23)

日本カーリング界の歴史を変えた:
ロコ・ソラーレ本橋麻里代表に聞く「ゼロから強い組織を作る方法」
北京冬季五輪のカーリングで銀メダルを獲得したロコ・ソラーレ。本橋麻里代表理事が、ITmedia ビジネスオンラインの単独インタビューに応じた。「起業家中の起業家」と表現しても大げさではない本橋代表に、ゼロから強い組織を作る方法を聞く。(2022/4/23)

「ロッテvs日ハム」の試合視聴者数、プロ野球中継でDAZN史上最高 「完全試合」達成の“佐々木効果”鮮明に
「DAZN」の運営元は4月17日に配信した「千葉ロッテマリーンズ vs 北海道日本ハムファイターズ」のライブ配信視聴数が、同社のプロ野球コンテンツ史上最高を記録したと発表した。「完全試合」を達成した佐々木朗希投手のピッチングに注目が集まったため。(2022/4/19)

DAZN、英プレミアリーグの放映権失う可能性 権利獲得の韓国企業「交渉の意思ある」
スポーツ動画配信サービス「DAZN」で、来季以降、イングランド・プレミアリーグ(EPL)の試合を視聴できない可能性が出てきた。運営元が「現時点においては来シーズンの放映権を保有していない」とするコメントを発表したためだ。ネット上では同社に対し、厳しい意見が出ている。(2022/4/15)

「現時点で来シーズンの放映権を保有していない」 DAZN、イングランド・プレミアリーグの放映権で公式声明
イングランド・プレミアリーグ(EPL)の2022-2023シーズン以降の放映権を巡り、韓国企業が運営する動画配信サービスが日本での放映権を獲得したとする一部報道に関して、「DAZN」を運営するDAZN Japan Investment(東京都港区)が「現時点においては来シーズンの放映権を保有していない」とするコメントを発表した。(2022/4/15)

「DAZN for docomo」、初期ユーザーも一律値上げ 7月から月額1078円→1925円に
NTTドコモはスポーツ動画配信サービス「DAZN」を視聴できる「DAZN for docomo」の初期ユーザー向けの月額料金を、7月1日から月額1078円から1925円に改定すると発表した。(2022/4/14)

Jリーグと「TikTok」が提携 Z世代への魅力発信強化
TikTok JapanはJリーグと「サポーティングカンパニー契約」を締結したと発表した。SNSを通じて、Z世代向けに各クラブの魅力発信を強化する狙いがある。(2022/4/14)

乾貴士、暴言や不服な態度を示し出場停止処分 「チーム規律・秩序を乱す行動が確認された」
5日に行われた柏戦での行動を受けとのこと。(2022/4/14)

スピードスケート高木菜那、引退会見後初のインスタ投稿で妹・美帆との2ショット 「長かったスケート人生に幕を下ろしました」
たくさんの感動をありがとう。(2022/4/5)

アウェイ戦はDAZNが独占配信中:
W杯予選「豪州vs日本」のライブ視聴者数、過去最多を更新 DAZNが発表、歴代ランキングTOP10は?
スポーツ動画配信サービス「DAZN」の運営元が、サッカーW杯アジア最終予選「オーストラリア vs 日本」のライブ視聴者数が過去最高を記録したと発表した。24日の同試合で日本代表が7大会連続のW杯出場を決めたことから視聴者数が伸びたとみられる。(2022/3/25)

「LINE NFT」始まる スクエニやB.LEAGUE、機動警察パトレイバーなどと連携 Web3.0に本腰【追記あり】
LINEがNFTの総合マーケットプレース「LINE NFT」を4月13日に提供すると発表した。吉本興業など17コンテンツと連携し、7ジャンル100種類以上のNFTを販売する。(2022/3/23)

リモートワーク定着で決断:
日本サッカー協会、自社ビル「JFAハウス」売却へ 三井不動産系と「100億円を超える契約」
日本サッカー協会は、自社ビル「JFAハウス」(東京都文京区)の売却に向け、三井不動産レジデンシャルと売買契約を締結したと発表した。売却額についてJFAは「100億円を超える契約」としている。1年後を目安にオフィスの移転先を検討する。(2022/3/15)

イノベーションのレシピ:
パナソニックが新規事業を育てる組織を新設、人を理解する製品とスポーツを軸に
パナソニックは2022年3月3日、組織としてイノベーションを起こす仕組みとして2021年10月1日に設立したBTCイノベーション室の取り組みについて説明。イノベーションの循環を生み出すさまざまな取り組みと共に、新たにプロスポーツチームと連携した地域とくらしへの貢献を目指した「ホームタウンDX」への取り組みについて紹介した。(2022/3/4)

au、DAZNがセットの使い放題プランを2月22日に提供 「ALL STARパック」の拡充も
KDDIは、2月22日からDAZNがセットの「使い放題MAX 5G/4G DAZNパック」を提供開始。同日に「使い放題MAX 5G ALL STARパック」の対象サービスを拡充し、Amazonプライムが利用できるほかセットにDAZNとGeForce NOWを追加する。(2022/2/21)

既存ユーザーの料金は据え置き:
「DAZN for docomo」、月額3000円に値上げへ 4月18日以降の新規ユーザー対象
NTTドコモはスポーツ動画配信サービス「DAZN」を視聴できる「DAZN for docomo」の料金を、4月18日から月額3000円に値上げすると発表した。同日以降に加入した新規ユーザーが対象で、既存ユーザーの料金は据え置く。(2022/2/21)

プロジェクト:
船橋市に1万人収容のミクシィと三井不の新アリーナ、設計・施工は清水建設
千葉県船橋市に、収容1万人規模の大型多目的アリーナが2024年春に開業する。新アリーナの建設は、隣接地で大型商業施設「ららぽーとTOKYO−BAY」を運営する三井不動産と、プロバスケットボールチーム「千葉ジェッツふなばし」を傘下に持つミクシィが計画するプロジェクト。(2022/2/16)

ミクシィ、1万人規模のアリーナ建設へ 三井不動産と湾岸エリアに
ミクシィは、三井不動産と共同で、1万人規模の大型多目的アリーナを東京湾岸エリアに建設へ。グループのプロバスケチーム「千葉ジェッツふなばし」のホームアリーナにする。(2022/2/7)

大幅値上げ:
「DAZN」値上げするなら、コンテンツ充実を
DAZNが今月22日から、視聴料を月額税込みで1925円から3千円、年間プランは税込み1万9250円から2万7千円(一括払い)に大幅値上げする。ほぼ1.5倍となる強気の料金改定。ガソリンをはじめとしたさまざまな物の価格が上がる中、ただでさえ苦しくなっいるわが家の家計を直撃しそうだ。(2022/2/5)

「DAZN」、NFTに今春参入へ ミクシィとマーケットプレイス共同運営
スポーツ動画配信サービス「DAZN」を運営するDAZN Japan Investment(東京都港区)が、今春NFTに新規参入すると発表した。ミクシィと共同で、スポーツ特化型NFTマーケットプレイス「DAZN MOMENTS」(ダゾーンモーメンツ)を提供する。(2022/2/4)

V・ファーレン長崎の社長は退任へ:
「V・ファーレン長崎」の高田春奈社長、Jリーグ理事就任へ ジャパネットたかた創業者の長女
ジャパネットホールディングスが運営するJリーグ2部(J2)所属の「V・ファーレン長崎」は、同クラブの高田春奈社長がJリーグ理事に選出されたと発表した。理事選出に伴い、同クラブの社長は2月末で退任する。(2022/2/1)

DAZN大幅値上げの背景 狙いは「会員数安定」路線へのシフトチェンジか
(2022/2/1)

DAZNの新戦略「DAZN JAPAN 2.0」の正体とは? NFT参入も示唆、会見から見えた“次の一手”
「DAZN」の運営元が新戦略の一部を発表した。会見では価格改定以外にも、幹部がNFT参入を示唆する場面もあった。会見内容を詳しく振り返る。(2022/1/29)

2月下旬以降提供開始:
「DAZN」を月額1100円で利用可能に KDDIが新セットプラン続々発表 ドコモに対抗か
KDDIは「DAZN」がセットになったデータ使い放題の料金プラン「使い放題MAX 5G/4G DAZNパック」を2月下旬以降に提供を始めると発表した。「使い放題MAX 5G/4G」に、追加で1100円支払うことで、DAZNを利用できるセットプラン。NTTドコモが提供中の「DAZN for docomo」への対抗プランとみられる。(2022/1/26)

DAZNの値上げは「成長に必要なこと」 月額3000円でも「競争力ある」と自信
スポーツ動画の配信サービス「DAZN」が2月22日から月額3000円に値上げされる。その理由について、DAZN Japanのエグゼクティブ バイスプレジデントの山田学氏は、成長を目指すために必要だと語った。今後は投資フェーズから収益化を目指す。(2022/1/26)

DAZNの「ライブコンテンツ視聴ランキング2021」 サッカー日本代表戦が上位独占! 1位は?
スポーツ動画配信サービス「DAZN」を運営するDAZN Japan Investmentが、「ライブコンテンツ視聴ランキング2021」を発表した。2021年の視聴者数最多はサッカー日本代表の「ベトナム vs 日本」だった。上位5位までを日本代表戦が独占した。(2022/1/26)

DAZN値上げでJリーグなどの「年間視聴パス」に駆け込み需要か 売り切れ相次ぐ
スポーツ動画配信サービス「DAZN」の値上げ発表を受け、これまでの料金で今後1年間は視聴できる「DAZN年間視聴パス」の需要が高まっている。チームごとの特典も付く。(2022/1/26)

月額1078円で利用できるユーザーも:
「DAZN for docomo」は月額1925円のまま 理由は「答えられない」
スポーツ動画配信サービス「DAZN」の運営を手掛けるDAZN Japan Investmentが、NTTドコモ向けに提供中の「DAZN for docomo」の料金を据え置き、月額1925円のまま提供を継続すると発表した。同社は同日、月額3000円に値上げすると発表していたが、同サービスはその対象外となる。(2022/1/25)

DAZN、2月22日から月額3000円に 年間プランは月額2600円の分割払いも可能に
スポーツ番組の動画配信サービス「DAZN」が、2月22日から月額3000円(税込み)に値上げ。これに伴い12カ月分の料金の分割払いプランを新設し、1カ月間の無料トライアルを終了する。(2022/1/25)

運営元が会見で明らかに:
「DAZN」、2月からの値上げを正式発表 1.5倍の月額3000円は「適正価格」と強調
「DAZN」の運営を手掛けるDAZN Japan Investmentが、月額料金の値上げを正式発表した。2016年8月のサービス開始以降、初めての料金改定となり、同社は2月22日以降、月額料金を従来の1925円から3000円とする。同社は同日に開催したオンライン会見で「3000円は適正価格」と強調した。(2022/1/25)

「DAZN」値上げ、2月から月額1925円→3000円に 「詳細は後日発表する」
スポーツ動画配信サービス「DAZN」を運営するDAZN Japan Investmentは、2月22日から月額料金を現行の1925円から3000円に値上げすると明らかにした。(2022/1/21)

JFL昇格を目指す:
サッカークラブ「南葛SC」、選手給与の一部を仮想通貨に 『キャプテン翼』作者が代表
人気サッカー漫画『キャプテン翼』の作者である高橋陽一さんが代表を務めるサッカークラブ「南葛SC」(東京都葛飾区)は、所属選手に支払う給与の一部を、クラブが独自に発行する仮想通貨「クラブトークン」で支払うと発表した。(2022/1/19)

製作元の朝日放送とタッグ:
「アタック25」復活 地上波ではなく“ジャパネットの放送局”でよみがえるワケ
通販事業を手掛ける「ジャパネットたかた」の親会社ジャパネットホールディングスがクイズ番組「パネルクイズ アタック25」を、自社のBS放送局で3月末から放送すると発表した。2021年9月に地上波での放送を終了していたが、朝日放送とのタッグで復活する。(2022/1/19)

医療技術ニュース:
新型コロナ感染リスクを判断、評価する多領域横断型の研究ラボを設立
産業技術総合研究所は、新型コロナウイルス感染リスクを総合的に判断、評価する「新型コロナウイルス感染リスク計測評価研究ラボ(Research Laboratory for COVID-19 Infection Risk Assessment)」を設立した。(2022/1/18)

J1札幌の荒野拓馬、ヘアドネーション参加に称賛の声 「誰かのためになったり幸せになってくれる」と思いつづる
すばらしい!(2021/12/27)

PR:DX時代のデータ活用に役立つツール 「統計学が最強の学問である」著者が起業して開発に至った背景に迫る
企業のDXやデータ活用を手探りで進めるのは難しいものです。そこでデータ活用の“いろは”を解説したベストセラー書籍「統計学が最強の学問である」の著者である西内啓氏に、日本のDX推進のヒントを聞いた特別対談の前編です。(2021/12/15)

セルジオ越後、54歳キングカズに辛口「選手としてはもう無理」 クラブの体質も問題視し「こんなもんでいいのか」
今後のアドバイスを送っています。(2021/12/12)

丸高愛実&柿谷曜一朗、結婚5周年で“和服”2ショットを公開 「ステキです!」「似合いすぎ!」
美男美女!!(2021/12/9)

FC東京、ミクシィが子会社化 コロナ禍で入場料収入が激減
ミクシィは、Jリーグクラブ「FC東京」を運営する東京フットボールクラブを子会社化すると発表をした。東京フットボールクラブが実施する、11.5億円の第三者割当増資をミクシィが引き受け、株式の51.3%を保有する。(2021/11/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。