ニュース
» 2014年05月01日 05時27分 UPDATE

IBM Impact 2014 Report:Google、IBM POWER8搭載サーバのマザーボードを披露

OpenPOWER Foundationに参加するGoogleが、最新のIBM POWER8を採用したサーバのマザーボードを「Impact 2014」で披露した。

[國谷武史,ITmedia]
googlepower8.jpg Impact 2014に出展したGoogle

 米IBMが米国ラスベガスで開催中のカンファレンス「Impact 2014」に、Googleが最新のIBM POWER8を採用するサーバのマザーボードを展示会場で披露した。

 Googleは、IBMやNVIDIAなどと2013年夏に「OpenPOWER Foundation」を設立。POWERアーキテクチャを公開し、関連ハードウェアやソフトウェアの開発を参加各社でオープンに進めている。現在は25社が参加している。IBM POWER8は4月23日に、日本でも発表されたばかり。

 披露されたマザーボードは参考出品。1Uサイズ程度の大きさとなっている。担当者が不在で詳しい話は聞けなかったが、関係者によればGoogle+などのサービスに使われるかもしれないという。

googlepower8-2.jpg 公開されたマザーボード

関連キーワード

POWER | IBM | マザーボード | Google


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ