ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「マザーボード」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
自作PC - ITmedia PC USER
質問!CPU・メモリ・マザーボード→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でCPU・メモリ・マザーボード関連の質問をチェック

関連キーワード

古田雄介のアキバPick UP!:
激速ブートの夢へ――PCIe 4.0対応のM.2 SSD×4本挿しカードが登場
Windows 7終了の影響が広がっているアキバには、超高速なブート環境が構築できるPCIeカード「Hyper Quad M.2 Card」や、Ryzen Threadripper向けのROG STRIXマザーボードなど、ハイエンド構成が狙える新製品が多数登場した。(2020/1/21)

加藤紗里、YouTubeで妊娠を発表「シングルマザーとして育てていく」 父親については「分からない」と答えるシーンも
3カ月でスピード離婚していた加藤さん。(2020/1/19)

OPPO INNO DAY 2019:
OPPOのスマホ工場を見て感じた「品質至上主義」/フラグシップストアで5Gを体感
OPPOの工場は、深センから車で40分ほどの広東省東莞市にある。今回公開されたのは、ハードウェアのテクノロジーを研究する「Hardware Engineering Lab」、マザーボードなどの基板を製造する「SMT Center」など。中に入って、「従業員の邪魔になるのでは?」と心配になるほどの距離で見せてもらえた。(2019/12/23)

古田雄介のアキバPick UP!:
32コア64スレッドの「Ryzen Threadripper 3970X」が店頭に並ぶもRyzen 9 3950Xは完売
「Core i9-10980XE」や「Ryzen 9 3950X」とともに、AMDのウルトラハイエンドCPU「Ryzen Threadripper 3970X/3960X」と対応マザーボードの販売も始まった。(2019/12/2)

マウス、Ryzen 7搭載のミドルタワーゲーミングPC「G-Tune EN-A」
マウスコンピューターは、AMD X570チップセット搭載マザーボードを採用したミドルタワー型ゲーミングPC「G-Tune EN-A」を発表した。(2019/11/12)

古田雄介のアキバPick UP!:
待望のグラフィックス内蔵Core i3登場も静かな空気
Intelから「Core i3-9100」と「Celeron G4950」が登場し、下位CPUの層が厚くなった。また、新型Core-X対応をうたうX299マザーの予約もスタートしている。さて、アキバの空気は……?(2019/10/28)

古田雄介のアキバPick UP!:
1台で“デュアルデスクトップPC”を実現可能なタワーケースが3.3万円で登場!
「今週はPCケースの当たり週」なんてコメントも聞けた先週末のアキバ。2つのマザーボードが収納できるケースや取っ手付きの高拡張Mini-ITXケースなど、ユニークなPCケースの新製品が確かに多かった。(2019/10/21)

古田雄介のアキバPick UP!:
幻のMini-DTX規格を採用した「ROG Crosshair VIII Impact」がデビュー
ASUSTeKから、Ryzen向きの小型マザーボードが2モデル登場した。特に、ATX級の拡張性を確保するためにMini-DTX規格を採用した「ROG Crosshair VIII Impact」に注目が集まっている。(2019/10/15)

古田雄介のアキバPick UP!:
見た目で攻める12万円マザー「X570 AQUA」とNZXT製マザー「N7 Z390」が登場
ASRockのウルトラハイエンドマザーボード「X570 AQUA」が、予定通り9月28日に発売された。また、ケース等で有名なNZXT製のマザーボードも登場し、それぞれ店頭で目立っている。(2019/9/30)

古田雄介のアキバPick UP!:
12万円のRyzenマザー「X570 AQUA」が発売前から話題に
9月28日に発売を予定しているASRockのウルトラハイエンドマザーボード「X570 AQUA」の予約受付が一部ショップで始まった。すぐさま反響があり、新製品並に目立っている。(2019/9/24)

マザーハウス社長の山口絵理子が語る経営哲学――対立を越えて「よりよい解」を生み出す「サードウェイ」とは
マザーハウスの創設者である山口氏がこの夏、初の「ビジネス書」を刊行した。タイトルは「Third Way 第3の道のつくり方」。マザーハウス創業のきっかけにもなった同氏の経営哲学は、どのようなものなのか――。東京・六本木のアカデミーヒルズで行われた講演の内容を紹介する。(2019/9/24)

ASRock、水冷対応のAMD X570チップセット採用ハイエンドマザー「X570 AQUA」 全世界999台限定
CFD販売は、ASRock製の水冷ハイエンドATXマザーボード「X570 AQUA」の取り扱いを開始する。(2019/9/13)

ファームウェアの課題が浮き彫りに
OS再インストールでも防げない、ファームウェアの脆弱性が判明
多くのマザーボードに採用されているVertiv Group製BMCファームウェアに深刻な脆弱性が見つかった。BMCは独立したプロセッサなのでOSの再インストールでは防ぐことができない。(2019/9/9)

古田雄介の週末アキバ速報:
Ryzen 7 2700Xセット割で6000円オーバー! Core i7-9700Kなら8000円以上値引きも!
CPUとマザーボードの組み合わせで、1パーツ分も浮くようなセット割が今週は各所で目立っている。Ryzen 7 2700X限定モデルも2.8万円切りの底値で入手可能だ。(2019/8/31)

人材流出を防ぐために:
ワーキングマザーを“戦力外”にするな 企業の「小1の壁」「小4の壁」の乗り越え方
いまだに難しい育児と仕事の両立。小学校就学後も子どものケアを理由に退職する女性は多い。パーソル総研の研究員が調査結果を元に処方箋を提案する。(2019/8/30)

ASUSTek 30周年記念――13.3型「ZenBook Edition 30」が台数限定で登場 自作向けマザボ「PRIME X299 Edition 30」も発売へ
設立30周年を迎えた台湾ASUSTek。それを記念したZenBookが間もなく国内で発売される。同じく30周年を記念したマザーボードも、国内で発売される見通しだ。(2019/8/20)

マザーハウス社長が語る“脱・分断”への道:
マザーハウス代表、山口絵理子が語る“脱・対立”への道 価値観の違いが渦巻く世界から学んだこと
「途上国から世界に通用するブランドをつくる」――。そんなミッションを掲げて若くして起業し、さまざまな困難を乗り越えながらマザーハウスを成長させてきた同社代表の山口絵理子氏。同氏がビジネスをよりよくするためのフレームワークとして大事にしている「サードウェイ」とは?(2019/9/27)

サーバを構成するハードウェア、基本の「き」
いまさら聞けない「マザーボード」「プロセッサ」「RAM」「HDD」とは?
どのような形態のサーバでも、共通して使われている部品がある。本稿では、サーバを構成する4つの部品の基礎知識を説明する。(2019/8/10)

対立しがちな「経営」と「ものづくり」、マザーハウス代表の山口氏はどう解決してきたのか
「途上国から世界に通用するブランドをつくる」――。そんなミッションを掲げてマザーハウスを成長させてきた同社代表の山口絵理子氏。同氏がビジネスをよりよくするためのフレームワークとして大事にしている「サードウェイ」で、対立しがちな「経営」と「ものづくり」を両立できるのか。(2019/9/30)

古田雄介のアキバPick UP!:
X570初のmicroATXマザーが登場! Ryzen 7 3700X以上はやはり枯渇
X570チップセット搭載で初のmicroATXマザーボードがASRockから登場した。第3世代Ryzenを自作するバリエーションは順調に広がっているが、CPUとDDR4メモリの在庫は厳しめだ。(2019/7/23)

古田雄介のアキバPickUp!:
第3世代Ryzen販売スタート! 遅れた3800Xは12日頃登場か
7月7日に販売スタートとなったRyzen Desktop 3000シリーズやAMD X570チップセット搭載マザーボード、Radeon RX 5700シリーズ採用グラフィックスカード。いずれも好調だが、人気が過熱したモデルはすでに取り合いの空気になっている。(2019/7/9)

週末アキバ速報(号外):
第3世代Ryzenらの七夕販売、雨天に負けず700人が集う
7月7日午後7時、AMDの新世代CPU「Ryzen Desktop 3000」シリーズや対応するX570マザーボード、「Radeon RX 5700」シリーズ搭載グラフィックスカードが売り出された。反響はほとんどのショップが「予想外」と驚くほどだった。(2019/7/8)

夏の自作特集:
ASRockのAMD X570搭載マザーボードにみる最新トレンド
ついに発売日を迎えた、AMDの第3世代RyzenプロセッサとX570チップセット。これらの組み合わせが、ユーザーにどのような体験をもたらしてくれるのだろうか。最新のトレンドを見ていこう。(2019/7/7)

週末アキバ速報:
Ryzen 3000にX570マザー、Radeon RX 570は7月7日午後7時に一斉発売 上手な買い方は?
AMDの新世代CPUとチップセット搭載マザーボード、グラフィックスカードの発売動向がより具体的に見えてきた。その発売を記念して、普段以上にお値打ちとなるSSDを用意するショップも。(2019/7/6)

コンガテック conga-TC370、conga-JC370、conga-IC370:
モバイルプロセッサ搭載のボードとモジュール
コンガテックは、第8世代Intel Coreモバイルプロセッサ搭載のCOM Express Type 6モジュール「conga-TC370」、組み込み式3.5インチシングルボードコンピュータ「conga-JC370」、Thin Mini-ITXマザーボード「conga-IC370」を発表した。(2019/7/5)

古田雄介のアキバPickUp!:
「グラボを置くだけ」の台が異例のヒット! マザーボード用やマウス用も登場
先週はグラフィックスカードを展示するための台「NB-VGA-DP01」が複数のショップで売り切れになるほどヒット! そして、第3世代Ryzenの発売解禁日が店頭に貼り出されるようになった。(2019/7/1)

工場ニュース:
アズビルの湘南工場新生産棟が完成、マザー工場として稼働
アズビルは、神奈川県高座郡寒川町の湘南工場内に新生産棟を建設した。azbilグループのマザー工場として稼働を開始し、グローバル生産体制における中核拠点としての活用を進める。(2019/6/28)

キャリアニュース:
上司に仕事量の調整希望を伝えていないワーキングマザーが約5割
パーソル総合研究所が「ワーキングマザー調査」の結果を発表した。ワークライフバランスがとれていない正社員女性の49.1%が、仕事量の調整希望を上司に「伝えていない」と回答した。(2019/6/27)

古田雄介のアキバPickUp!:
Core iシリーズの入荷が続くも「潤沢にあらず」 迫るAMDの影?
アキバで長らく“枯渇”状態が続いているCore iシリーズだが、先週は複数のショップで多くのCPUが入荷した。しかし、安堵(あんど)の声は聞かない。また、Windows 7がインストールできるSoCオンボードのマザーボードも注目を集めている。(2019/6/24)

長尾製作所、マザーボードの造形にうっとりできる飾り台 マウス用飾り台も
長尾製作所は、マザーボード/キーボードを立てかけられるディスプレイ台「NB-KEYBD-DP02」など2製品を発売する。(2019/6/14)

古田雄介のアキバPickUp!:
増え続けるCore iシリーズと第3世代待ちでも好調なRyzen
慢性的な供給不足に悩むIntel陣営も、先週は「Core i7-9700F」を投入するなど選択肢を増やして活路を探っている。一方のAMDは、第3世代Ryzenを控えながらもマザーボードのセット割などで好調な様子だ。(2019/6/11)

古田雄介のアキバPickUp!:
5.1GHzで動く選別品Core i9-9900Kと水冷マザーの20万円セットが話題に
選別品のCore i9-9900Kをセットにしたギガバイトのマザーキット「Z390 AORUS XTREME WATERFORCE 5G」が各ショップで話題を呼んでいる。また、人気PCケース「Sonata Proto復刻版」なども登場している。(2019/5/28)

週末アキバ速報:
マザーのネジ穴を利用した格安VGAホルダーが人気!
マザーのネジにかませて固定するタイプのVGAホルダー「GB-001」が、648円という安さもあってヒット中だ。週末特価はCrucialの2.5インチSSD「CT500MX500SSD1/JP」が複数店で7000円を切って注目されている。(2019/5/25)

週末アキバ速報:
オリオで“令和初”のアウトレットセール! Intel SSD 750 400GBが9720円
オリオスペックが5月18日限定のアウトセットセールを開催する。Intelの「SSD 600p 512GB」や「SSD 750 400GB」、NUC用マザーボードやNVIDIA Quadro M4000、マイニング系パーツなど多彩なアイテムが激安で並ぶ。(2019/5/18)

鈴木紗理奈、シングルマザーとして奮闘する姿に反響 長男の顔出し終了も報告で「寂しいけど、仕方ない」の声
ハートが強い。(2019/5/14)

いかにしてトップに上り詰めたのか:
シングルマザーだった私が“ニューヨークの朝食の女王”になるまで――「サラベス」創業者に聞く
「ニューヨークの朝食の女王」と形容されるサラベス・レヴィーンさん(76)に独占取材。シングルマザーだった女性はいかにして米国で成功を収めたのか?(2019/5/10)

古田雄介のアキバPickUp!:
DDR4メモリにSSD、マザー系ブランドの“囲い込み”に賛否両論
ROGにTUF、AORUSにPHANTOM――最近はマザーボードベンダー系のブランド展開がジャンルを越えて目立つようになっている。また、AMDは創立50周年を記念したモデルを投入。注目の動きを見ていこう。(2019/4/29)

古田雄介のアキバPickUp!:
にわかに“ゼロSATA”構成が人気を集めている理由
ここ最近、複数のショップでSATAケーブルを使わない構成のマシンを組むユーザーが増えていると耳にする。それに伴い、M.2 SSDが2枚差しできるマザーボードや外付けのM.2 SSDケースが売れているという。(2019/4/8)

これぞ高根の花 「Xeon W」が使える20万円のROGマザーがデビュー
40万円弱のアンロックCPUに7万円の専用水冷クーラー、CPUの性能をフルに引き出せる20万円マザーが登場。趣味方面では久方ぶりの突出具合だが、各ショップで順調に売れている様子だ。(2019/3/25)

マザーボードなしでATX電源の動作確認ができるテストモジュール
ドスパラは、ATX電源の動作確認を行うのに便利なテストモジュール「DN-915640」の販売を開始した。(2019/3/15)

古田雄介のアキバPickUp!:
派手で大きくゴージャスに――水枕が付いたZ390マザーが目立つ
マザーボードとしては規格外の箱に入ったGIGABYTEの「Z390 AORUS XTREME WATERFORCE」が売り場で異彩を放っている。見た目も価格もなかなか目立つ。(2019/2/19)

週末アキバ特価レポート:
1TBのNVMe SSDが税込み9180円! オリオが土曜に決算セール
オリオスペックが2月16日限定で決算セールを開催。ADATA製SSDの修理上がり品やQNAP NASキット、BTC型番のマザーやPCIe延長アダプターなどのマイニング系パーツなどが放出されている。(2019/2/16)

ASRock、耐久性を重視したAMD B450チップセット採用マザーボード2製品
ASRockは、AMD B450チップセットを採用したATX/microATXマザーボード計2製品の販売を開始する。(2019/2/13)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「産まない女が問題」麻生発言の陰で、増え続ける“未婚シングルマザー”
結婚せずに母親になった「選択的シングルマザー」が増えている。フランスでは婚外子の権利を保障する取り組みが進んでいるが、日本では未婚というだけで「会社を辞めなければならない」現実にぶち当たる人がいる。“世間のまなざし”は変わるのか。(2019/2/8)

「100%在宅勤務」 N高、リモートワーク職員募集 シングルマザー歓迎
N高がリモートワーク雇用制度を導入する。「出勤が困難であること」が必須条件で、シングルマザーを歓迎している。(2019/2/5)

古田雄介のアキバPickUp!:
Core iと1TB SSD、16GBメモリが品薄な年始のアキバ
年末年始を大賑わいをへたアキバ自作街を歩いて最新の様子をウォッチ。2018年から続くCore iシリーズの枯渇以外にも、マイニングマザーが保守パーツとして再注目されるなど、さまざまな動きがあった。(2019/1/7)

サイコム、「G-Master Hydro-X299」など4製品のBTOオプションにCore i9-9820X/9900Xを追加
サイコムは、X299マザーボード搭載BTOデスクトップPC計4製品のBTOオプションにCore i9-9820X/9900Xを追加した。(2018/12/14)

「マザーボードに不正なハードウェア発見されず」 Supermicroが調査結果を発表
サーバ用マザーボードから不正なハードウェアが見つかったと報じられた米Supermicroは、外部の調査会社に依頼して徹底調査を行った結果、悪質なハードウェアは一切発見されなかったと発表した。(2018/12/12)

パーフェクトウーマン 女性が拓く新時代:
育児でブランク14年 障がい者のシングルマザーが楽天子会社の副社長になるまで
完璧な人間はいない――。だが、仕事も私生活も充実させ、鮮やかにキャリアを築く「女性リーダー」は確実に増えてきた。企業社会の第一線で活躍する女性たちの素顔に迫り、「女性活躍」のリアルを探る。(2018/11/27)

シリーズ「モノづくりの現場から」(パナソニック ES社 新潟工場):
LED照明市場の変化に合わせてモノづくり革新を推進するパナソニック 新潟工場
国内製造業の現場では、AIやIoT、ロボティクス技術を活用した“次世代モノづくり”の実現に向けた取り組みが加速している。ライティング事業のマザー工場として位置付けられ、蛍光灯照明器具の生産終了を前に、LED照明器具の生産に弾みをつけるパナソニック エコソリューションズ社 新潟工場(新潟県燕市)を取材した。(2018/10/18)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。