ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「母子家庭」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「母子家庭」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

隠れた傑作を探せ! Amazonプライムビデオに眠る「謎の映画」をたくさん見てみる
「ブラッドパンチ タイムループの呪い」は見てほしい。(2021/5/7)

第2子出産を発表した浜崎あゆみ、インスタで「I’m back」とファンへ呼びかけ 出産時期や性別は明かさず
2020年10月2日の自身の誕生日に第2子の妊娠を公表していました。(2021/5/2)

最上もが、ちっちゃな足に小指添えた写真で第1子女児出産を報告 「愛しさが日々増しているところです」
シングルマザーとして育てていきます。(2021/5/1)

最上もが、ワンピ2種類のナチュラルなマタフォト エモい仕上がりにファンからは「影と光が神秘的で女神さまみたい」
めちゃくちゃおしゃれなマタフォト。(2021/4/14)

鈴木紗理奈、息子と頬を寄せ合う2ショットでDNAの絆を証明する 「そっくり 美男美女」「目もとが全く同じ」
顔のよく似た仲良し親子。(2021/4/8)

社会貢献型通販モール運営のWakeAi 福利厚生とCSR活動を同時に実現するプランをリリース
社会貢献型通販モールを運営するWakeAiは、企業内で福利厚生とCSR活動を同時に実現するプラン「WakeAiウェルフェア」をリリースした。(2021/4/2)

“わたしの青春”だった、たった一人の友達―― 大人っぽい友達に憧れた思い出漫画に「懐かしい気持ちになる」
青春時代を思い出すという反響が。(2021/3/12)

「バキバキ最凶肩凝編」が開始(はじ)まる!! 現代社会の宿敵がオリキャラで登場
どういう意味かな。言ってることがワカらねェや。(2021/3/8)

加藤紗里、娘にGUCCIのベビーシューズ 「嫌われものの母親でごめん」「でも愛してます」
娘・りりちゃんにたびたびブランド品をプレゼントしている加藤さん。(2021/2/22)

浜田ブリトニー、第2子長男の名前は「茶蔵(ちゃくら)」 夫との3ショットも公開
名前は2案あり、提出の朝まで悩んだとのこと。(2021/2/3)

真山景子、元夫とは2020年に離婚していた 現在は“友人”のような関係「前より会話が弾むようになった」
「不思議ですね」と胸の内をつづっています。(2021/2/1)

反響は:
パソナグループの南部代表に聞く、淡路島移転で何を目指すのか
東京から兵庫・淡路島への本社機能の一部移転を決めたパソナグループ。東京勤務の約1800人のうち、約1200人を令和6年5月までに移動させる計画だ。コロナで働き方で変わるなか、目指すものは何か。(2021/1/27)

浜田ブリトニー、第2子出産を“生まれたてほやほや”ショットで幸せ報告 入院日に破水で急きょ帝王切開に
よかった……!(2021/1/21)

子どもが「もっと早く産んでほしかった」 お母さんが大好きな故の理由を描いた漫画にじーん
おかあさんだいすき!(2021/1/21)

「4ヶ月で彼氏ができるとは!」 「流れ星」瀧上の元妻・小林礼奈、新恋人との“手重ねショット”で交際報告
娘は再婚を急かすほどの懐きぶり。(2021/1/17)

新山千春、14歳娘からの誕生日プレゼントに感動 “美人親子”ショットに「姉妹みたい」「憧れの母娘」の声
これは泣いちゃうやつ。(2021/1/16)

家から出られないなら「家に帰れない人の映画」を見よう 宇宙に90年独りぼっちの人、電話ボックスに閉じ込められた人←こいつらよかマシ
性格の悪い対処法で外出自粛を乗り切る。(2021/1/8)

スピード離婚の加藤紗里、新しい相手との再婚に「とりあえず準備はできてる」 第2子妊娠も否定せず
いろいろ展開早すぎ。(2021/1/6)

推しが突然兄になった! 毎日が“ファンサービスの過剰摂取”な漫画に主人公の命が心配になる
1回ファンサもらっただけでもヤバいのに、それが毎日だなんて……。(2020/12/28)

「年子を産んだ妻を持つ夫たちへ」 体験談を元にした育児漫画がすべての子育て世代の参考になる
相手をいたわって一緒に子育て。(2020/12/15)

「大きくなったとき自分で決めてくれたらいい」 最上もが、生まれてくる子どもの“性別”に持論述べる
「男の子に生まれてきたらよかった」と思ったこともあるという最上さん。(2020/12/12)

今井メロ、長女の施設入所を告白「ごめんなさい もう…分からなくなった」 “親と子”の在り方に多様な意見集まる
今井さん「世間の声は決して暖かくはないと思います」(2020/12/2)

今井メロ、1年の産後ダイエットで12.1キロ減 引き締まったおなかに「すばらしいですね」の声も
第3子を出産していた今井さん。(2020/11/30)

妊娠発表の最上もが、“ふっくらおなか”を披露に「うるっとした」「生命の神秘だ」としみじみする声
もうママなんだなぁ。(2020/11/27)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
女性の自殺“8割増”の厳しい現実 放置されてきた、2つの「低賃金問題」
10月の自殺者数は2000人を超え、特に女性は前年同月比で8割以上増加。女性の貧困問題としてシングルマザーが注目されるが、問題はそれだけではない。「非正規の低賃金」「女性の低賃金」の2つは社会全体の問題だ。「明日は我が身」かもしれないのだ。(2020/11/27)

最上もが、SNSの“フォロー全解除”の真相明かす 「何人か通報もしました」とアンチの迷惑行為が原因
最上さん「申し訳なくなったので、全て外しました」(2020/11/24)

Amazon「みんなで応援」プログラム開始 支援が必要な施設・団体の「欲しいものリスト」を公開
アマゾンジャパンが、支援を必要とする施設や団体の「欲しいものリスト」を公開して寄付を募る「『みんなで応援』プログラム」を始めた。(2020/11/19)

最上もが、妊娠を発表 「今のところ結婚の予定は御座いません」
今後は、体調と相談しつつ活動していくとのこと。(2020/11/12)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
ボーナスは“特権”か 「低賃金で何が悪い?」正当化され続ける非正規格差
非正規社員の賞与や退職金を巡る判決があったが、すぐに議論は鎮火した。女性を低賃金で雇うことが当たり前になった時代から変わっていない。非正規労働者は増加し、貧困問題に発展しているのに「自己責任」で片付けてきた。雇用問題の在り方から議論が必要だ。(2020/10/23)

石川温のスマホ業界新聞:
武田総務相が携帯電話利用者と意見交換会――そこそこ使うくせに「高い」と文句を言うのは難癖か
武田良太総務大臣が「携帯電話利用者」との意見交換会に臨んだ。「利用者」の中には、「そこそこ使うのに安くしてくれ」という旨の主張や、「安くなってもサポートをしっかりしてほしい」という旨の主張もあった。いっそのこと、菅義偉総理大臣がMVNO(格安SIM)に乗り換える位の周知が必要なのではないか。(2020/10/16)

武田総務大臣、10月8日に携帯利用者と意見交換会を開催 ただし非公開
総務省は、10月8日に「武田総務大臣と携帯電話利用者との意見交換会」を開催。しんぐるまざあず・ふぉーらむ、主婦連合会、老テク研究会、全国消費生活相談員協会、クラウドソーシング協会が参加する。(2020/10/6)

道端アンジェリカが第2子出産 離婚決意直後に妊娠発覚、シングルでの出産決断に「正しかった」
生まれたばかりの赤ちゃんの写真と動画を投稿しています。(2020/10/5)

「石原さとみさんのモノマネしていた私が、結婚同日に離婚発表するとは」 小林礼奈、まさかのかぶりに「なんちゅータイミングだよ」
どちらもこの先、お幸せに。(2020/10/2)

紅蘭、“母親らしい格好”を求める意見に苦言 「母親になると胸元が見える服は着てはいけない?」
紅蘭さん「その時その場面に合わせて好きな服を選ぶのが好きです。これが私です!」(2020/9/22)

ビニール袋の天才的な使い方を思いついて試してみたら…… 革命が起こりそうで起こらない日常漫画にクスッと和む
あるあるな状況からの天才的(?)発想です。(2020/9/1)

浜田ブリトニー、第2子妊娠を幸せ報告 「気持ちは自称ハタチのままですが」と41歳の高齢出産に思いつづる
おめでとうございます!(2020/8/14)

DASH村に続くのか? 手越祐也、“手越村”構想を発表 アドバイザーには元TOKIO山口達也を熱望 「1%でもやっていいよという言葉がいただけるなら」
今度は村……!?(2020/8/5)

「子育てにぐちぐち言わないで」 シングルマザーの紅蘭、“子連れ出勤”への批判に猛反論
紅蘭さん「娘連れて仕事は可哀想すぎる? どこが?」(2020/8/4)

「友人として注意すべきか……」確証もないまま友人カップルの生活保護不正受給を疑う相談者 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
相談者の本音は“友情”か、それとも……。(2020/7/20)

「お母さんになれたことが幸せだよ」 新山千春、一人娘の誕生日に幸せいっぱい“美人親子”ショット公開
いい親子だ……。(2020/7/13)

映画「MOTHER マザー」レビュー 長澤まさみが共感度ゼロな毒親になる、もはや実写版『連ちゃんパパ』な暗黒映画
「MOTHER マザー」は長澤まさみが共感度ゼロの毒親になってしまう、もはや実写版連ちゃんパパと呼んでも差し支えない“暗黒映画”だった。(2020/7/4)

「俺が1番下っ端」「NEWSの現場が嫌いだった」 手越祐也がデビュー当時を赤裸々告白 原動力は“歌”
ジャニー喜多川に認められた“歌”を原動力に奮闘(2020/7/1)

手越祐也、「INGプロジェクト」公式スペシャルサポーターに就任 「少しでも多くの人に知って欲しい」
6月ごろからお弁当を配達する手越さんの姿が目撃されていました。(2020/6/30)

加藤紗里、“離婚後300日問題”で民法改正を訴える 「加藤りりとしての保険証も作れない」「育ててるのは紗里なのに」
現在、子育て中の加藤さん。(2020/6/19)

シングルマザーの紅蘭、約1歳半の子育てに連日苦闘 「母は最強に強い」宣言には共感の嵐
多くの悩むママを支えていました。(2020/6/16)

スピン経済の歩き方:
なぜ日本人は「ネガティブ思考」なのか 新型コロナと水商売の関係
東京都で、新型コロナの感染者が増えてきた。こうした事態に対して、「自分の仕事はどうなる?」「日本経済がヤバいでしょ」などと悲観的に考える人も多いのでは。なぜネガティブ思考に陥るのかというと……。(2020/6/16)

どうする「新型コロナ緊急事態」:
新型コロナ「国民1人当たり10万円給付」以外でも知っておきたい、万が一のときに使える各種支援制度とは
新型コロナで大きな影響を受ける企業活動。全国に「緊急事態宣言」が発出された今、身を守るために知っておくべき各種支援制度とは? 新田龍氏が解説する。(2020/4/22)

【新型コロナの困りごと】ナイトワークで働くKさん「休んだだけで『コロナ嬢』」「心ない発言、誤解を受けるように」
「ナイトワークの人は、ほとんどが黙っています。職業差別を受けることに慣れていて」(2020/5/3)

保護者向け支援金、“風俗業従事者は不支給”見直しへ 一方で職業差別助長への謝罪なく
不支給要件の見直しが求められています。(2020/4/6)

新型コロナで仕事を休んだ保護者向けの支援金制度、風俗従事者が除外に “不支給要件”に疑問の声
風俗従事者が除外される理由は説明されていません。(2020/4/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。