ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「母子家庭」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「母子家庭」に関する情報が集まったページです。

長友選手「300万円を100人に」 総額3億円支援する「長友ドリーム」発表 第1弾10人をTwitterで募集
第1弾はフォロー&リツイートした人の中から長友選手が選ぶとのことです。(2019/6/21)

うつ病の母の介護に限界が 公的支援サービスで“依存を分散させた”体験漫画が参考になる
いつか役立つときに備えて、読んでおきたい。(2019/6/11)

“東京で生きる”男子の迷いと変化 「東京独身男子」最終回、あえて結婚しない男子たちが辿り着いた答えとは?
結婚してもしなくても、今の自分に納得することが幸せのはじまり。(2019/6/10)

痛みを感じる光だけが君を救う光になる:
五月病は不治の病、過去をかえるたった一つの方法、それでもきみは令和の今日まで生き残った
どうすれば、可愛くなれる。(2019/5/31)

PR:学生が運営する学食って何? 千葉商科大学「学生ベンチャー食堂」の安ウマメニューとリアルな経営の話を聞いた
20歳の女子学生がお店を営業中。いま1日5万円の売り上げだとか。(2019/5/21)

鈴木紗理奈、シングルマザーとして奮闘する姿に反響 長男の顔出し終了も報告で「寂しいけど、仕方ない」の声
ハートが強い。(2019/5/14)

いかにしてトップに上り詰めたのか:
シングルマザーだった私が“ニューヨークの朝食の女王”になるまで――「サラベス」創業者に聞く
「ニューヨークの朝食の女王」と形容されるサラベス・レヴィーンさん(76)に独占取材。シングルマザーだった女性はいかにして米国で成功を収めたのか?(2019/5/10)

彼女と同棲中の長男に「愛してる」と鬼電する母親の恐怖 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
相談自体も怖いけど、ヘビーリスナーならもっと怖い。(2019/5/6)

月9「ラジエーションハウス」への期待と不安。100点満点の窪田正孝起用、ツンデレ未知数の本田翼
「JR SKI SKI」CMの歴代最高カップリングが月9にやってくる!(2019/4/8)

早慶に計10人合格、不登校経験者が前向きに――設立3年「N高」の実力
通信制高校「N高等学校」が間もなく開校3周年を迎える。これを記念した会見に、ドワンゴの新社長の夏野剛氏らが登壇。現在の生徒数や卒業生の進路などを語った。(2019/3/28)

「子どもの実の父親である彼とともに」 浜田ブリトニー、お笑い芸人と結婚発表 ギャルらしい家族目標も
おめでとうございます!(2019/3/13)

「人生は、いい事ばかりではない」 梅宮アンナ、体調不良続く長女とMRI検査へ 母の気丈な思いに反響
大事でなければよいけれど……。(2019/3/5)

「渋いチョイス」「愛情が半端ない」 益若つばさ、絶妙な「ドラゴンボール」キャラ弁に息子から意外なツッコミ
ノリでポポを再現するアイデアがすごい。(2019/3/4)

「平成育ちの起業家」の肖像:
「東大博士の起業家」ジーンクエスト高橋祥子が考える“ポスト平成の働き方”
「東大博士の起業家」であるジーンクエストの高橋祥子社長に“ポスト平成の働き方”を聞いた。(2019/2/27)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「産まない女が問題」麻生発言の陰で、増え続ける“未婚シングルマザー”
結婚せずに母親になった「選択的シングルマザー」が増えている。フランスでは婚外子の権利を保障する取り組みが進んでいるが、日本では未婚というだけで「会社を辞めなければならない」現実にぶち当たる人がいる。“世間のまなざし”は変わるのか。(2019/2/8)

「100%在宅勤務」 N高、リモートワーク職員募集 シングルマザー歓迎
N高がリモートワーク雇用制度を導入する。「出勤が困難であること」が必須条件で、シングルマザーを歓迎している。(2019/2/5)

痛みを感じる光だけが君を救う光になる:
初めて誰かを愛して、初めて憎んだ<前編>
きみでよかったのに、きみがよかった。(2019/1/12)

パーフェクトウーマン 女性が拓く新時代:
育児でブランク14年 障がい者のシングルマザーが楽天子会社の副社長になるまで
完璧な人間はいない――。だが、仕事も私生活も充実させ、鮮やかにキャリアを築く「女性リーダー」は確実に増えてきた。企業社会の第一線で活躍する女性たちの素顔に迫り、「女性活躍」のリアルを探る。(2018/11/27)

サイボウズ式:
人生の選択肢がありふれる今、選択肢が狭まることは「ラッキー」かもしれない
(2018/10/29)

今井絵理子議員、詐欺罪問われる橋本健被告との交際認め「再起にむけて歩みを進めて」とエール 
いばらの道も覚悟の上。(2018/10/3)

働き方改革で「地方格差」なくせ:
「地方の障害者雇用」を創出するリクルートのテレワーク
「障害者雇用の水増し」は自治体や裁判所などにも拡大している。望むべき姿は、障害のある人が、障害のない人と同じように普通に働ける環境を作ることだ。その理想に向けて取り組むリクルートの子会社を取材した。(2018/9/19)

人手不足の陰で大量に発生する「人余り」:
「生産性を上げても賃金は上がらない?」 伊藤元重学習院大学教授に聞く“日本経済の処方箋”
経済財政諮問会議のメンバーである伊藤元重学習院大学教授に、働き方改革を進める上での課題と日本経済の処方箋を聞いた。(2018/9/18)

月ノ美兎が語るヤバイ少女漫画『秘密のチャイハロ』
『なかよし』で連載しているすごい漫画をご存知ですか?(2018/9/2)

娘が連れてきた同性の結婚相手に母がかけた言葉は…… 母の心情描いた漫画に涙が出る
お母さんの優しさに涙が止まりません。(2018/9/1)

「幸せになって」 小倉優子、一般男性との交際宣言にファンから応援の声 今後についても言及
幸せになってほしい。(2018/8/28)

優しい男子に“塩対応”を貫く女子、本当の気持ちは……? 素直になれない乙女心がもどかしい漫画
見ていてもどかしくなる関係。(2018/8/7)

土曜インタビュー劇場(得意ワザ公演):
「お父さんバンク」ってなに? 1日限定のパパが注目されている
得意ワザを持て余している人と、それを必要としている人をマッチングさせる「お父さんバンク」が広がりつつある。最大の特徴は、無料のプラットフォームであること。世の中には子育て支援サービスはたくさんあるのに、なぜこの仕組みが広がっているのだろうか。(2018/7/7)

小倉優子の左手に結婚指輪? 「再婚するの?」「旦那さん誰だろう」とファンざわつく
離婚から1年以上が経過したゆうこりん。(2018/6/28)

独立を告げた時、「周囲」はどう反応したか:
35歳でフリーライターになった元公務員が踏んだ「修羅場」
 公務員の安定を捨てて独立する――。希望の道に進むのは素晴らしいことではあるものの、そのプロセスは決してバラ色ではない。独立を切り出したとき、妻や母、職場の上司など、「周囲」はどう反応したか。35歳で公務員を辞めてフリーライターになった小林義崇さんに、当時の苦悩を振り返ってもらった。(2018/6/6)

「10年後私は捨てられるんだ」 42歳モデル仁香、16歳下カメラマンとの真剣交際に葛藤明かす
仁香さん「年上女性の成れの果ては分かりきっている!」。(2018/6/1)

40代の引きこもり、シングルマザーの貧困 「社会問題が見えるかるた」クラウドファンディング開始
LGBTやシングルマザーの貧困、40代以上の引きこもりなど、さまざまな社会問題を扱う「社会問題が見えるかるた」のクラウドファンディングが始まった。目標金額は100万円。(2018/4/23)

「未婚の母でまだ未熟な私ですが」 浜田ブリトニー、38歳の高齢出産を乗り越え第1子授かる
ギャル時代が懐かしい。(2018/4/20)

女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」を展開していたスマートデイズ、東京地裁に対し民事再生法適用を申請
2017年末ごろから、サブリース賃料の引き下げや一方的な支払いストップなどでオーナーから不満の声が多くあがっていました。(2018/4/9)

「今年も自称ハタチと出産を頑張る」 浜田ブリトニー、“自称20歳”の誕生日を今年もお祝い(通算20回目)
大きなおなかをプリントした自称ハタチケーキも登場。(2018/4/7)

「シングルマザーという道を選びました」 浜田ブリトニー、病をのりこえ第1子の妊娠発表
2013年に一般男性と婚約、2014年には解消していたブリトニーさん。(2018/2/20)

「こんな叩かれると思わんかった」 岡崎体育、日本初のファンクラブシステムに批判殺到 SNSで真意を明かす
ファンクラブ内でランク付けするシステムを導入。(2018/2/4)

「いつみても仲良し家族ですてき」 梅宮アンナ、娘の16歳誕生日を梅宮辰夫らファミリーで祝福
梅宮辰夫さん幸せそう。(2018/1/22)

PR:2018年は「お見せ合い婚」が増える? 今どきの“ネット婚活”事情とは
(2018/1/23)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
映画に演劇も 2018年期待の鉄道エンターテインメント
新年の鉄道を俯瞰する「おせち記事」のなかで、見落とされている分野がエンターテインメント。実は今年、鉄道をテーマにした映画や演劇が豊作の予感だ。(2018/1/12)

夏目の「経営者伝」:
社長が語る 「いきなり!ステーキ」の“原点”とは
2013年に銀座に1号店を出店し、2017年には187店舗を出店した「いきなり!ステーキ」――。創業者はペッパーフードサービスの一瀬邦夫社長だ。東証一部上場も果たし、店は有名になったものの、彼が熱血漢・人情の男であることはあまり知られていない。彼の成功法則について、2回に分けてお伝えする。(2017/12/27)

「ファンタビ」ジョニ―・デップ降板を望む声に作者J・K・ローリングが正式声明 ファン「本当にがっかり」
元配偶者アンバー・ハードに対するDV報道を理由に。(2017/12/9)

NHK朝ドラ、2018年10月からは「まんぷく」 即席麺の発明者・安藤百福と妻をモデルにした人生逆転物語
テーマは「復活の物語」。(2017/11/14)

麹町OLの週末ビジネス探検:
家事代行サービスを使ってみた
ここ数年で一気に普及してきた「家事代行サービス」を導入してみた麹町OLの末路は――。各サービスの比較もしてみた。(2017/9/16)

乗り心地良さそうだな! 渡辺直美の“お馬さん”が大人も乗ってみたくなる柔らかボディー
ハートフルな光景。(2017/8/17)

東洋経済オンライン、文春記事に反論 「『2億PVの実態は下ネタ中心』は事実ではない」
「『東洋経済オンライン』衝撃の内部告発 2億PVの実態は下ネタ中心で社内の士気は低下」と題した文春の記事に、東洋経済が反論した。(2017/8/9)

矢田亜希子の“20年間”ビフォーアフター写真が衝撃 18歳当時よりカワイイが進化する
こりゃすげえや。(2017/7/21)

経産省若手による“日本なんとかしないとヤバい”的資料に注目集まる 「作者たちで政党作れ」「恐ろしいことが書かれてる」
「この数年が勝負」。頑張れ若手官僚。(2017/5/19)

「Growth Hacker Awards 2017」レポート:
Webサイト改善で売り上げアップを請け負う「グロースハッカー」という仕事
Webサイトの改善提案で製品やサービスの売り上げ増に貢献する役割を担う「グロースハッカー」。2016年に最も貢献したグロースハッカーを表彰する「Growth Hacker Awards 2017」の模様をレポートする。(2017/4/12)

安達祐実、今夜放送の「相棒」で8カ月ぶりのドラマ復帰 息子と2人暮らしのシングルマザー役で
いつまでも若く見ますがキャリア20年以上のベテランです。(2016/11/23)

土屋アンナが第3子妊娠&一般男性との交際を発表 「家族ともども、この素敵なニュースに喜んでいます」
おめでとうございます!(2016/11/9)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。