ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ギャル」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ギャル」に関する情報が集まったページです。

「元旦から強烈」「誰かわかんないし」 菊地亜美&三四郎、令和の時代に降臨した“ガングロギャル&ギャル男”姿が別人級の仕上がり
時代を超えて現代によみがえったギャル。(2020/1/2)

ウェイなギャルが医者になっちゃった! 医療ミス(?)をやらかしながらもなぜかハッピーにオチる漫画『ギャル医者あやっぺ』
一番の武器はすっぴん。(2019/12/26)

「なんかウチ宇宙になりかけてるっぽいんだよね〜」 ギャルがふとしたはずみで宇宙化する漫画が人類には早すぎる
ギャルが日焼けしてるのかと思ったら、宇宙になりかけてた――そんな導入、ある?(2019/12/19)

「安室ちゃんみたい!」「最高に可愛い」 二階堂ふみ、安室奈美恵さんそっくりの“平成のギャル”姿がチョベリグ
二階堂さん「平成のギャルファッションには心が踊りました」。(2019/12/1)

二階堂ふみ&染谷将太、大正着物やギャルファッションで“100年越しの恋” エモさ満載の動画に「ヤバすぎるだろ…」
楽曲はyuiさんとミゾベリョウさんが歌う「ばらの花」と「ネイティブダンサー」のマッシュアップ。ヤバすぎ……。(2019/11/29)

「めちゃくちゃきれい」「女神様みたい」 ゆきぽよ、純白のウエディングドレス姿が“ギャル感強め”で美しい
一瞬びっくりした。(2019/11/20)

マヂおめ誕 18周年の「ロリポップ!レンタルサーバー」、ギャルになってピーマンを配る謎キャンペーン開催
パリピなので、パリパリピーマンを配ります。(2019/11/15)

「17歳です。あれ……無理あるかな?」 ダレノガレ明美、JKコスで堂々ディズニーランドを満喫
JKコスは“生徒会長編”と“ギャルメイク編”の2パターン。(2019/11/2)

コギャルが行き交う渋谷の街で、ハルオやさぐれる「ハイスコアガールII」17話 恋の舞台は地元の外へ
コギャルにチーマー、ああ90年代。(2019/11/2)

「スタイルとお顔の強さ」「ゲームキャラとかになれそう」 “ポスギャル”安斉かれんの初コスプレがビジュアルの大勝利
これが令和のギャル!(2019/10/30)

鈴木奈々、Popteen時代のギャル写真を投稿 青春時代を思い出したファン「まねしてた」「憧れでした」
ギャルのカリスマだった頃の鈴木さん。(2019/10/29)

「家なし子でーす!」 安達祐実、「ゾンビランド:ダブルタップ」で“家なしギャル”に
年齢不詳のセクシー&キュートなギャル役に挑戦(2019/10/26)

「今日も笑い過ぎました」 千秋の誕生日を小倉優子、ギャル曽根、山口もえがお祝い
この4人だと千秋さんは聞き役にまわるようです。(2019/10/21)

ギャル封印もいいな! ゆきぽよ、ナチュラルメイクな新たな一面に「超大人っぽい」と反響
いい感じだ。(2019/10/11)

「やっぱりギャル似合う!」「懐かしくて泣きそう」 益若つばさ、15年前に戻った“ギャルプリクラ”がさすがのカリスマ感
またギャルブーム来そう。(2019/10/11)

秋元才加、バーチャルギャルの葵プリズムと2ショット 仮想モデル並の“美くびれ”に「どっちがCG!?」の声
CGに負けていないスタイルの秋元さん。(2019/9/12)

「黒よりちょっといいかも」 中学時代ギャルの天木じゅん、普段と180度違う金髪姿で再び“ギャル化”
ギャルっていいな!(2019/9/10)

新木優子がまるで別人! 中条あやみらと“ギャル化”した姿に「全然違う!」「印象がガラリ」と反響
中条さん「ギャル達大好きよ」。(2019/9/9)

ギャルの恋バナの勘をなめちゃいけない。「手品先輩」咲ちゃんの押しの強さが幸せを呼ぶ
ブラコンがおさまりさえすれば本当によい子。(2019/8/13)

正反対の陰キャとギャルが美術の授業3時間で恋に落ちる 恋の始まり描く漫画に「かわいい」「ギュンときた」
じっくり見ないと見えてこないこともある。(2019/8/1)

ギャルのやさしさに触れたボッチ女子 「やっぱり苦手」の本心にニヤニヤが止まらない漫画
苦手は好きの裏返し!?(2019/7/31)

ギャルのパジャマパーティーに幽霊が現れた! ガールズトークで盛り上がる漫画に「とてもツボ」「元気もらいました」
ギャル霊媒師爆誕。(2019/7/18)

「どこのギャルかと思った!」 指原莉乃、イメチェンした金髪姿で小島瑠璃子と仲良し2ショット
金髪も似合うな。(2019/7/14)

小森純、結婚記念日に8年前の2ショット 「パンチ効きすぎる夫婦」「ギャル時代から大好き」と反響
いまでは、すっかり2児の母。(2019/7/9)

ビジネス戦略にも通じる歌姫の“大転換”:
安室奈美恵がJ-POPの女王になれた秘密――「売れたモノこそ実は先鋭的である」
平成を代表するJ-POPの女王、安室奈美恵。もともとは「ギャルのカリスマ」だった。その「大転換」の秘密に迫る。(2019/6/26)

ギャルギャルしてる! 吉川ひなの10年前の自撮り写真に「かわいすぎ」「懐かしい」の声
当時のブームを感じさせます。(2019/5/27)

茶髪・眉なし・盛りまつげ 若槻千夏、東原亜希と撮った12年前のプリクラがめっちゃギャル
こんな時代もありました。(2019/5/6)

『egg』復刊 平成を彩ったギャルカルチャー雑誌が令和に
2度の休刊を経て再び。(2019/5/2)

「蛇にピアスのルイ」「これは分からない」 吉高由里子、ギャルメイクでほぼ別人になった姿にファン驚がく
みちょぱみたい。(2019/4/12)

バイト先に苦手なギャル系の客が来た――意外な注文内容がかわいい漫画にギャップ萌えする人続出
人を見た目で判断しちゃいけないよね。(2019/3/17)

「子どもの実の父親である彼とともに」 浜田ブリトニー、お笑い芸人と結婚発表 ギャルらしい家族目標も
おめでとうございます!(2019/3/13)

「こういう離婚もある」「今も大好きです」 “ビリギャル”小林さやか、2018年3月に離婚していたことを発表
今後も小林姓で活動。(2019/2/25)

180度違う! “筋肉アイドル”才木玲佳が茶髪ギャルにイメチェン、黒髪とのギャップに「美人さん現る」
茶髪もいいな。(2019/2/22)

「化けたね」「まるで別人」 SKE48須田亜香里、金髪ロングのギャルになりきるビフォーアフターで驚きの大変身
メイクの力すごいな。(2019/2/21)

「ポテト油で化粧落とすなんて」 芸人・紺野ぶるま、“元ギャル”時代と現在のビフォーアフターがまるで別人
ギャル時代のエピソードがやばい。(2019/2/15)

「秋元さんギャルなん?」 指原莉乃、卒業シングル「ジワるDAYS」にジワジワくるツッコミを放つ
秋元康ギャル説。(2019/2/13)

ギャル雑誌「egg」、5月1日に復刊 クラウドファンディングで支援募る
誌面に載る権利などがリターンに!(2019/2/1)

いつもと180度違う! 「十二人の死にたい子どもたち」出演の吉川愛、“脱清楚”な金髪&派手メイクのギャル姿がギャップ萌
ギャルかわいい。(2019/1/25)

「こんなに変化してる!」 益若つばさ、ママになった“10年間”のビフォーアフターが超劇的
根底のギャル感は変わってなくてうれしい。(2019/1/24)

なんだこの無敵感……! 大食いアイドルもえのあずき、“大先輩”ギャル曽根との女王2ショットが何人前も平らげそう
無限の胃袋が2つ。(2019/1/17)

「仲良くなりたい」思いが交差を続ける―― 陰キャとギャルのすれ違い百合漫画『ふたりモノローグ』レビュー
みかげとひなたの告白の行方は――。(2019/1/8)

ベタッと密着してくるギャルに地味な子がドギマギ 正反対な女子2人の距離感描く漫画 「うるっときた」「尊い」の声
ドキッとしてうるっとする温かい漫画です。(2019/1/8)

これが本当のビリギャル……! とあるアイドル、学業不振で活動セーブ 試験結果の低空飛行ぶりに注目集まる
「顔面偏差値はかなり上位」の声も。(2019/1/3)

“ビリギャル”5周年パーティーに石川恋、主人公の小林さやか 作者「みんな成長しています」
石川さんの金髪ギャル姿が懐かしい。(2018/12/29)

「安室ちゃんそっくり!」「世界一かわいい」 二階堂ふみ、90年代風の“ギャル姿”がさすがのカリスマ感
変幻自在なおふみちゃん。(2018/12/19)

かしこい猫とギャルの日常にほっこり イラッとするけど憎めない喋る猫の漫画がかわいい
もも太のかしこさに笑ってグッときてほっこりします。(2018/12/8)

カラフルな妖怪じゃねーか! バイキング小峠の“マンバギャル”姿が一度見たら忘れられないインパクト
なんて絵だ!(2018/10/11)

「世代過ぎで泣ける」 藤田ニコル&青山テルマ、2ショットプリクラが90年代“ギャルカルチャー”を再熱させそう
ギャル熱い。(2018/10/10)

GirlsAward 2018 A/W:
西岡徳馬がギャル男に!? 桐山漣、バンダリ亜砂也、志尊淳、古川雄輝、M!LKら注目イケメンがガルアワに集結
ここがイケメンパラダイスか。(2018/9/29)

キリ番、メル画、ギャル文字! 日清「ラ王」特設サイトが“平成1桁生まれ”の胸をギュッと締めつける
たまらーん!(2018/9/20)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。