ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「掃除・清掃」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「掃除・清掃」に関する情報が集まったページです。

在宅勤務で“物が多すぎる部屋”に耐えられず…… 断捨離に至った実録漫画で分かる「掃除とメンタルの関係」
部屋にも心にもゆとりを。(2020/12/30)

延々と見てられる! コスプレスタントマンがキレッキレのパフォーマンスを見せる動画がジワる楽しさ
掃除用品のキャラクターに扮してのパフォーマンスが楽しい。(2020/12/30)

Windows 10時代のレジストリクリーニング【前編】
「“遅いWindows 10”をレジストリ掃除で解消」は危険なだけで無駄だった?
「Windows」のレジストリ編集は危険を伴うが、うまくクリーニングできれば遅くなったPCの動作を改善できる――。こうした考え方は、現在では必ずしも正しいとは言えないという。どういうことなのか。(2020/12/29)

パナソニックが考える「2020以降の街づくり」:
パナソニックが全自動掃除トイレの2機種を改良、非接触で用足しから手洗いまで可能に
パナソニックは、全自動掃除トイレ「アラウーノ」のL150シリーズとS160シリーズを非接触で用足しから手洗いまで行えるように改良し、リニューアル発売することを2020年11月5日に発表した。(2020/11/12)

Whiz i IRIS EDITION:
アイリスオーヤマ、法人向け清掃ロボ事業に参入 法人事業の基盤拡大図る
アイリスオーヤマは、法人向け清掃ロボット事業に参入すると発表。11月10日に多様な業種の利用ニーズに合わせて最適化できる「Whiz i IRIS EDITION(ウィズ アイ アイリス エディション)」を発売する。(2020/11/5)

アイリスオーヤマ、法人向け掃除ロボ事業に新規参入 AI搭載モデルを発売へ
アイリスオーヤマが法人向けの掃除ロボ事業に新規参入すると発表。第1弾として、AIを搭載したモデルを10日から発売するという。ソフトバンクロボティクスのモデルをベースにしたもので、空気中の菌やウイルスを減少させる効果や清掃コストの削減が見込めるという。(2020/11/4)

エレベーターも乗りこなす 三菱やパナが競うロボット市場
新型コロナウイルスの感染拡大で作業現場の「非接触」が求められるなか、電機メーカーなどが人の代わりに荷物の搬送や清掃、警備などを行う「サービスロボット」関連の技術開発を競っている。(2020/10/19)

【母校の謎ルール、教えてください】「掃除中、絶対にしゃべってはいけない」 → 破ったら廊下に正座して瞑想
「他の生徒とやりとりをする場合は基本的にジェスチャー」。(2020/10/26)

JR東、「ホームドア清掃ロボット」開発へ
JR東日本グループがホームドア清掃ロボットを開発へ。2年後の実用化を目指す。(2020/9/30)

サービスロボット:
コンビニの裏方にロボット! 先端技術を実装したスマートビルが竹芝で開業
東急不動産と鹿島建設は2020年9月14日、各種サービスロボットや最先端のデジタル技術を導入したスマートビル「東京ポートシティ竹芝」を開業した。配送/警備/清掃用のサービスロボットを運用することでビル管理の効率性向上や、ビル利用者の快適性向上に役立てる。(2020/9/15)

井戸田潤、清掃会社を立ち上げた元カラテカ・入江との対面動画を公開 「セカンドキャリアを頑張って」とエールを送る
新事務所の清掃を入江さんの会社に依頼しました。(2020/8/18)

「ミニ四駆のコース清掃マシンを作りました」 細部まで考え抜かれた魔改造マシンに絶賛の声 作者にこだわりを聞いてみた
安全に配慮したやさしい設計でした。(2020/7/11)

宇宙開発:
宇宙のお掃除サービスはいつ実現する? デブリ除去衛星開発の最前線を追う
民間企業による宇宙利用が活発化する中で深刻な問題となっているのが、宇宙ごみ(デブリ)の脅威だ。本稿では、デブリをこれ以上増やさない対策の1つである「デブリを除去する技術」に焦点を当てるとともに、存在感を発揮している日本企業の取り組みを紹介する。(2020/7/2)

ソフトバンクの清掃ロボ「Whiz」販売台数が1万台突破
ソフトバンクロボティクスのAI清掃ロボット「Whiz」の世界販売台数が累計1万台を超えた。(2020/7/1)

お風呂掃除やお湯張りもスマホで、TOTOの「おふろアプリ」
TOTOは、システムバスルームをスマートフォンで操作するゲートウェイなどをパッケージ化した「つながる快適セット」を発売する。専用の「おふろアプリ」で浴槽の掃除やお湯張りも。(2020/6/29)

喜びすぎだろ! トイレ用洗剤が支給されてめちゃくちゃうれしそうな掃除係の写真がこちらです
給付前が大変だったんだろうな……。(2020/6/10)

プラモ製作時の切りくずを掃除する「指ほうき」が便利そう 指に装着して持ち替えずに掃ける小型ブラシ
こまめに掃除することでニッパーへの負担も軽減できます。(2020/6/7)

AI搭載の掃除ロボ「Whiz」、床の新型コロナウイルスを大幅に減少させる 第三者機関が実証
AIを搭載した清掃ロボット「Whiz」が、床面の新型コロナウイルスを大幅に減らせることが実証された。この結果を受け、Whizによる清掃と、薬剤による壁やドアノブなどの消毒を組み合わせた「除菌ソリューション」(β版)の提供を6月中旬以降に始める。医療機関などで感染拡大リスクを低減する狙い。(2020/6/2)

普段通りの掃除が新型コロナ対策に 界面活性剤の使い方、NITEに聞く
人が触れる場所や物(ドアノブなど)の消毒に有効と分かった界面活性剤とそれを含む洗剤のリストを経済産業省が公開した。住宅用洗剤は使用法に沿って、台所用洗剤は薄めて使用する。(2020/5/26)

オイルスマッシャー開発秘話:
発想の転換から生まれた「10年間ファン掃除不要」を実現するレンジフード
「10年間ファン掃除不要」を実現するレンジフードを開発した富士工業。「いかに清掃性を高めるか」ではなく「最初から汚さない」という発想の転換から生まれた「オイルスマッシャー」機能はどのようにして誕生したのか。オイルスマッシャーの設計担当者に聞いた。(2020/5/13)

巨大水槽のビフォーアフターに超スッキリ! 出張中の旦那に代わり大掃除をした奥さんに称賛の声
スネークヘッドってかむんですよね……。(2020/5/7)

「分別してない缶は袋を開けないといけないので今の時期は……」 ごみ清掃員による新型コロナで変わったこととお願いの話
清掃員が感染すると困るのは私たち。(2020/4/27)

ソフトバンク、AI清掃ロボットと“清潔度”診断サービスを無償提供 医療や小売店などの生活インフラ支援で
ソフトバンクロボティクスは、AI清掃ロボット「Whiz」と、「施設清潔度診断サービス」を無償で提供すると発表した。清掃員や緊急事態宣言発令後も営業している施設での清掃を支援する。(2020/4/15)

掃除中に描かれた「桜のカービィ」が心弾むかわいさ “はるかぜとともに”あらわれ去っていく
作者は黒板アートで知られるはまー(@hamacream)さん。(2020/4/11)

Airbnb、世界10万人の医療従事者に無料で宿泊先提供へ 新型コロナ対策支援で
民泊大手のAirbnbが、新型コロナ対策に従事する世界10万人の医療従事者に、宿泊先を無償で提供する。ホストが無料にできない場合でも料金を免除する。また、専門家と作成した新たな清掃・安全ガイドラインを追加した。【UPDATE】日本は対象外。(2020/3/27)

堀ちえみ、息子からの不意打ちで“自然体”の姿 掃除中に「パシャリ」
「まぁ貴重な一枚になるわね(笑)」(2020/3/18)

フェネック「うおおおおおお!!!!」 猛烈な勢いで飼育員さんの掃除を手伝う(?)フェネックがかわいい
とってもパワフル。(2020/2/26)

竹中工務店がロボット運用の「BIMプラットフォーム」構築、2020年度中に本格運用
竹中工務店は、機械学習を活用した分析や検索などのサービスを提供しているブレインズテクノロジーに委託し、BIMモデルを地図データに活用したロボット運用のプラットフォームを構築した。近年、清掃ロボットや建設資材の自動搬送、品質管理の記録など、適用領域が拡大している多様なロボットを同一のプラットフォーム上で管理することで、効率的な運用が可能になり、共通仕様によるソフトウェアなどの開発スピードアップも見込む。(2020/2/18)

JR渋谷駅に“無人カップラーメン店”登場 セルフで決済・調理、掃除はロボ任せ 「最新技術を詰め込んだ」
エースコックがJR山手線渋谷駅のホームに“無人カップラーメン店”を期間限定でオープンする。店内では、顧客がセルフで決済・調理・飲食できる。食後は米iRobotの掃除ロボ「ブラーバジェット m6」がテーブルを清掃する。(2020/2/12)

耳掃除が好きすぎるOL、でも彼氏は…… 異色の耳掃除ラブコメがスッキリ爽快感
耳かきしたくなる。(2020/2/1)

Apple、中国の直営店を1店閉鎖 新型コロナウイルス対策で
Appleが業績発表後の電話会見で、世界に広がりつつある新型コロナウイルス対策について説明した。中国の直営店の1つを閉鎖し、他の直営店でも清掃や従業員の体温チェックを強化している。(2020/1/29)

「耳掃除は本当に必要?」 日本耳鼻咽喉科学会が女性の耳を5カ月検証した動画を公開し不要論を説くも「データが少なすぎ」「人それぞれ」の声
なにごともやり過ぎないのが一番。(2020/1/28)

製造マネジメントニュース:
サービスロボット導入をワンストップで支援するサービスを提供開始
TISは、運搬や清掃、警備などを代行するサービスロボットの導入を支援する「ロボット導入コンサルティングサービス」の提供を開始した。サービスロボットとIoTやAI技術を組み合わせ、企画・検証から、導入・運用までをワンストップで支援する。(2020/1/27)

産業動向:
TISが“施設管理用ロボット”を対象に導入支援のコンサルを開始
TISは、施設管理用のサービスロボット導入を検討している企業を対象にしたコンサルティングを始める。対象となるロボットは、ビルや施設などで人の業務を代替する運搬、清掃、警備、案内用途のロボット。(2020/1/17)

大掃除で思わぬ収入も:
大掃除で見つかる不要アイテムの「資産価値」は10万円!? フリマアプリ上で人気なブランドの取引単価も発表
大掃除で見つかる不用品に、意外な「資産価値」があるようだ。ラクマが調査したところ、ファッションアイテムのうち、大掃除で最も多く見つかる不要アイテムは「Tシャツ」だった。人気ブランドアイテムの平均取引単価も発表した。(2019/12/26)

AI「OK人間 ホコリを掃除して」 OLが息つく間もなく次々に不幸に直面する漫画「耐え子の日常」−今、そこに潜む不条理編−
またまた新刊が出るよー!(2019/12/16)

ロボットは人手不足を解消できるか 清掃+警備+案内をこなす「複合型サービスロボット」オムロンが開発
オムロン ソーシアルソリューションズが、清掃・警備・案内の3機能に対応した「複合型サービスロボット」を開発した。(2019/12/10)

JR東、さいたま新都心駅でロボットの実験 人混みを移動できるか確認
JR東日本が12月9日に、さいたま新都心駅で警備や清掃を行うロボットの実証実験を始めた。2020年春に開業する高輪ゲートウェイ駅で試験的に導入するロボットを使用する。(2019/12/9)

ロボット開発ニュース:
東京ビッグサイトでサービスロボット4種の実証実験を開始
東京都立産業技術研究センターと東京ビッグサイトは、東京ビッグサイトの施設内で「運搬」や「清掃」など4種のサービスロボットの実証実験を開始する。専用のロボット連携管理システムを構築し、開発企業が異なるロボットを同時に運用する。(2019/12/6)

Japan Home & Building Show 2019:
通路幅1.2メートルで清掃可能、ロボット床面洗浄機「EG-3RX SP2」
アマノは、ロボットを用いたより狭い通路での清掃や壁際での運用をしたいという顧客のニーズを反映し、ロボット床面洗浄機「EGrobo EG-3RX SP2」を開発した。(2019/11/21)

Japan Home & Building Show 2019:
清掃員不足を解消する自律走行式床洗浄機「T7AMR」、PCでのルート設定は不要
イオンディライトは、商業施設などの清掃員不足を解消するために、米・テナントカンパニーと自律走行式床洗浄機「T7AMR」を共同開発した。(2019/11/20)

お掃除ブラシも付属したメカニカルキーボード用メンテナンスキット
ドスパラは、メカニカルキースイッチ向けメンテナンスキット「DN-915823」の取り扱いを開始した。(2019/11/11)

ロボット:
輸送業界の人手不足を解決、ロボットで野菜を運ぶ都内の実験
東京都は、東京2020大会を最もイノベーティブなイベントとするため、ロボットの利活用を促進する事業「Tokyo Robot Collection」を推進している。Tokyo Robot Collectionは、警備・清掃・接客などの多様な用途で、人間と共存しつつサービスを提供するロボットの実証を進め、東京の課題解決に向けた新しい社会実装モデルを形成するとともに、ロボット分野の最新技術をPRすることを目的としている。2019年11月2日には、東京・丸の内エリアで、運搬ロボット「EffiBOT」と「Marble」を用いて、実証実験を行った。(2019/11/7)

先生教えて! ネコちゃんの耳掃除に綿棒は使ってもいいの?
専門家に確認しました。(2019/10/20)

記者会見で強調:
社長自らお店でゴシゴシ ローソンがトイレ掃除に注力している理由
ローソンの竹増社長は、決算会見で何度かトイレ掃除について言及。店舗を訪れた際、トイレに直行して掃除をすることもあるという。トイレ掃除に大きな意義を見いだす日本の経営者は少なくない。(2019/10/18)

災害後の感染症に注意 対策や清掃時の注意点は
知ってるようで知らない予防策も!(2019/10/15)

ルンバに「進入禁止エリア」を設定できるアップデート、提供開始
アイロボットジャパンは、指定した場所に「ルンバ」が進入しなくなる「進入禁止エリア」機能の提供を始めた。「ルンバi7」と「ルンバi7+」、ふき掃除ロボットの「ブラーバ ジェット m6」が対象。(2019/10/8)

製造ITニュース:
業務用空調機内部の汚れを自動検知する、ドレンパン遠隔点検サービス
ダイキン工業は、業務用空調機の室内ユニット内にあるドレンパンの汚れ度合いを定点カメラの画像から自動解析し、パソコンやタブレット端末で清掃の推奨時期を通知するサービス「Kireiウォッチ」を発売する。(2019/9/26)

37年も放置されていたベンツがピッカピカに! 海外のプロ掃除屋「AMMO NYC」が手がけたクルマの大掃除が爽快すぎる
ホコリだらけの古い車が、みるみる立派なクラシックカーに。(2019/8/25)

動かざること山のごとし…… 掃除の邪魔になっても決してどかないワンちゃん
無理にどかさない飼い主さん優しい。(2019/8/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。