ニュース
» 2014年07月28日 12時20分 UPDATE

日本IBM、モバイルアプリの受託テストサービスを開始

テスト作業全般をIBMが実施するテストサービスにモバイルアプリを追加した。

[ITmedia]

 日本IBMは7月28日、アプリケーション開発・保守でのテスト作業を同社が行う「IBM テスト・アウトソーシング」の新サービス「IBMモバイル・テスティング」の提供を開始した。

 IBM テスト・アウトソーシングは、ユーザー組織の開発・保守チームと同社が連携しながらテスト作業全般を実施するフルマネージメント型のテストサービス。テスト計画の策定、テスト準備・設計・実行、欠陥分析、報告といった作業全般を行う。全体工期の短縮や品質向上、手戻りの削減、自動化による効率化などを図れるとしている。

 新サービスでは同社の統合開発基盤「IBM Worklight」を利用して、複数OS、複数バージョン、多機種、既存システムとの連携などによるモバイル開発のテスト負荷を最適化する。また、「Rational Test Workbench」を活用して継続的なテストとリリース、仮想デバイスでの効率的な自動テストを実現、実機テストではPerfect Mobileの提供するクラウド上のオンデマンド型実機テストサービスを利用し、開発期間の短縮や効率化や実現します。

 サービスの利用価格は個別見積りとなる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -