ニュース
» 2014年09月03日 12時37分 公開

国内のサーバ設置台数は約250万台、1年で0.2%増加

IDC調査によれば、8割近くのサーバがユーザー企業やサービス事業者のデータセンターに設置されている。

[ITmedia]
国内のサーバ設置台数構成比、2013年末時点:設置場所別(出典:IDC Japan)

 IDC Japanは9月3日、2013年末時点で国内に設置されているサーバ台数(インストールベース)を発表した。総設置数は250万2200台で、内訳は事業者データセンターが39.8%(99万6800台)、企業内データセンターが35.7%(89万2300台)、職場などデータセンター以外の設置が24.5%(61万3100台)と試算している。

 総設置台数は2012年末の249万7000台から0.2%(5200台)増加した。ユーザー企業ではサーバ集約やクラウド移行などによって設置台数の減少が想定されるものの、クラウドサービスなどを提供する事業者での設置台数の増加が総設置台数の増加につながったとみられている。

 なお、同社では今回からカウント方法を変更しており、ハイパフォーマンスコンピューティング向けでは設置台数をノード単位からシステム単位にしたほか、メーカーから直接ユーザー企業に出荷されるサーバを調査対象に加えた。調査結果はこれらの変更を反映したものになっている。

関連キーワード

IDC | サーバ | データセンター


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -