ニュース
» 2015年08月12日 07時00分 UPDATE

職場で役立つデジタル化レシピ:紙の書類を瞬時にデータ化 iPhone用スキャンアプリを試す(SharpScan Pro+OCR編)

紙の書類をデジタルデータ化するのにもっとも手軽なのは、スマホのカメラで撮影する方法だ。こうしたスマホ向けのスキャナアプリのうち、今回はiPhone用アプリ「SharpScan Pro + OCR」を紹介する。

[山口真弘,ITmedia]

この連載は

 保管コストの削減はもとより、劣化の防止や検索性の向上、再利用の促進などさまざまな利点が認められ、徐々に広がりつつある紙の文書や帳票のデジタルデータ化ですが、用途や目的を考慮せずにむやみにスキャンすることでかえって効率が悪くなったり、作業に手戻りを発生させてしまうことも少なくありません。

 また商法や税法で保管が義務付けられている文書の場合、電子帳簿保存法やe-文書法などのルールに則った手順を踏む必要があり、自分の判断でやみくもにデータ化するわけにいかないといった事情もあります。

 本連載ではこうした現在の状況を踏まえつつ、文書のデータ化にまつわる情報、さらにはフォーマットであるPDFや変換機器であるスキャナ、保存先となるストレージに至るまで、業務現場と情報システム部門に役立つ知識やTips、活用術を幅広く紹介していきます(著者より)


 「SharpScan Pro + OCR」は、Pixelneticaが提供するiPhone用のスキャンアプリ。価格は360円で、試用時のバージョンは3.1。海外のアプリだがインタフェースは日本語化されている。

 アプリを起動して書類の撮影を実行すると、自動的に台形補正およびカラーモードの調整が行われるので、必要に応じて手動での再調整を行ったのち保存する。その後メールなどに添付して書き出したり、クラウドサービスにアップロードするという仕組みは、一般的なスキャンアプリと同様だ。

 書類の撮影にあたっては手ブレ防止機能が用意されているほか、複数の書類を連続して撮影するモードも搭載。なるべく利用者の手を煩わせないよう多くの処理が自動化されているのは利点だが、台形補正やカラーモードの切り替えが手動の調整に対応しているのに対し、明るさとコントラストの手動調節が行えないのはマイナスだ。

 本アプリの特徴は50カ国語対応のOCR機能を搭載していること。保存した書類を開いて「Txt」ボタンをタップすると、指定言語でのスキャンが実行される。処理はサーバ側ではなくアプリ上で行われるので高速だ。ただし試した限りでは、A4はもちろんA6サイズで白黒で処理しても認識率はお世辞にも高くない。本アプリは文字列をテキストレイヤーとして出力するために360円の有料アドオンが必要になるので、なおのこと手を出しづらい。プレビューでOCR処理結果を確認できるので、それを見てから判断するとよいだろう。

 クラウドサービスとの連携も本アプリの特徴の1つだ。Dropboxのほか、Box、Evernote、Google Drive、OneDrive、さらにはOneNoteにも対応している。また自動アップロードにも対応しているので、何もしなくても指定のクラウドサービスにアップロードされるのは便利だ。

 このほか、PDFにパスワードをかける機能など、多くのスキャンアプリが備える機能はひととおり用意されている。FAQなど一部のヘルプ系ページを除いて日本語化されているのも利点だろう。OCRの精度はやや疑問符がつくものの、高速かつインタフェースの分かりやすさから、初心者〜中級者におすすめできるアプリと言えそうだ。

OK
  • 多くの処理が自動化されている
  • クラウドサービスへの自動保存に対応

NG
  • OCRが有料で、日本語OCRの精度もいまひとつ
  • 明るさとコントラストの調節が自動だけで、手動調節ができない


■SharpScan Pro+OCR
項目 機能
自動スキャン
台形補正(自動)
台形補正(手動)
曲面補正 ×
明るさ・コントラスト調整 ×
カラーモード変更
文字のテキスト化
形式 PDF/JPG/TXT
クラウドサービスへのアップロード

Photo ホーム画面。これまでにスキャンした書類が並んでいる。新規に取り込むには下段のカメラアイコンをタップ
Photo カメラを使って書類を撮影する。画面をタップすることでシャッターが切れる。連写にも対応
Photo デフォルトでは白黒モードに変換されるが、手動でグレーやカラーに変換できる。台形補正の手動調整にも対応。明るさとコントラストの手動調整機能はない
Photo 50カ国語に対応したOCR機能を搭載。ただしA4サイズでの認識率は高くなく、A6サイズ程度の画像を白黒化してOCR処理してもご覧の通りだ。用途はかなり限定されるだろう
Photo フォーマットはPDF、JPGのほかテキストにも対応。OCR処理したテキストはPDFには埋め込めず、また書き出す際には360円の有料アドオンが必要となる
Photo クラウドサービスへの書き出しに対応。自動アップロードにも対応する
Photo PDFにパスワードをかけることも可能
Photo JPGの品質は4段階から選べる

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -