ニュース
» 2017年03月13日 09時00分 UPDATE

東京金融取引所と富士通、AI技術で市場監視業務の精度向上に向けた共同検討

東京金融取引所は、富士通のAI技術「アノマリ検知技術」を活用した異常取引の自動検知について検討。取引の透明性や公正性を確保し、安定した市場の維持を目指す。

[ITmedia]

 東京金融取引所(TFX)と富士通は3月10日、市場監視業務の精度向上と効率化に向け、外国為替証拠金(FX)取引における異常をAI技術で検知する仕組みについて共同検討を実施することで合意した。

 FX取引は近年、急速に取引が拡大。例えばTFXが上場する為替証拠金取引「くりっく365」は、銀行、証券会社、商品先物取引業者、国内に拠点を持つ外国銀行、外国証券など多数が取り扱い、口座数は70万口座、証拠金預託額は4000億円超となるまでに成長している。

 注文・取引件数の増加に伴い、取引の透明性や公正性を確保し、安定した市場を維持することが強く求められており、今回、AIを活用して市場監視業務の精度向上、効率化について検討するに至ったという。

Photo 共同検討の概要(出典:富士通)

 検証では、富士通の「FUJITSU Business Application Operational Data Management & Analytics 予兆監視モデル(ODMA予兆監視モデル)」を利用した「アノマリ検知」を行う。過去1年の取引データを基にした機械学習をすることで“いつもの状態”のモデルを自動生成し、運用段階で常時発生するデータをそのモデルと突き合わせ、“いつもと違う状態(アノマリ)”を自動的に検証する。

 アノマリ検知を活用することで、高度な分析ノウハウがなくても、異常や故障につながる状態の変化(予兆)を高精度に検知できるようになるという。

 なお、「ODMA予兆監視モデル」は、正常時の稼働データから機械学習により高精度な異常予兆検知モデルを自動生成する技術と、本技術を簡易に利用するためのデータの抽出や可視化を行うツールを含めた、分析に必要な一連の作業プロセスを体系化したもの。

Photo アノマリ検知の概要(同)
Photo AI技術を使った分析の方法(同)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ