ニュース
» 2017年05月18日 05時23分 UPDATE

Google I/O 2017:「Google Assistant」のiPhoneアプリ登場

Googleが、Appleの「Siri」と競合するパーソナルアシスタント「Google Assistant」のiPhoneアプリを米国のApp Storeで公開した。「Google Assistant」搭載のソニーやオンキヨーの製品も開発されている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは5月17日(現地時間)、年次開発者会議「Google I/O 2017」の基調講演で、AI音声アシスタント「Google Assistant」のiPhoneアプリを公開したと発表した。日本語版はまだないが、米国のApp Storeで既に公開されている。

 assistant 1

 Google Assistantは米Appleの「Siri」や米Amazon.comの「Alexa」と競合するパーソナルアシスタント機能。「OK Google」と呼び掛けることで起動し、音声での質問や命令に対応する。

 assistant 2 App StoreのGoogle Assistantのページ

 Google AssistantはユーザーのGoogleアカウントの情報に基いて質問に対応するので、iPhoneの「連絡先」とどう連係するのか(しないのか)は基調講演では不明だが、天気予報などの汎用的な質問には答えられそうだ。

 Google AssistantはGoogleの新技術「Google Lens」が搭載され、端末のカメラに映した画像から情報を検出して情報を表示するようになる。基調講演では、外出先で見かけたレストランの看板をカメラに映すと、その店の電話番号やレビューが表示され、さらに「予約しますか?」と聞いてくるデモが行われた。

 なお、Google Assistantは現在日本ではソーシャルアプリ「Allo」内でしか使えないが、年内にAndroid端末にアプリとして登場する予定だ。また、Google Assistant搭載の「Google Home」も今夏に日本で発売される。

 Googleはまた、Google Assistantをサードパーティー製ハードウェアに搭載するための「Google Assistant SDK」でのパートナー企業も発表した。スピーカーや玩具などを「OK Google」と呼び掛けることで操作できるようになる。既にソニーやオンキヨー、LG、Bang & Olufsenなどが対応端末を開発中という。

 assistant 3 Google Assistantの提携メーカー一覧

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ