ニュース
» 2017年07月25日 11時33分 UPDATE

Microsoft、次期「HoloLens」に独自のAIコプロセッサ搭載へ

Microsoftがディープニューラルネットワーク(DNN)用のAIコプロセッサを独自開発していると発表した。次期「HoloLens」のプロセッサ「HPU 2.0」に搭載する計画だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは7月24日(現地時間)、MR HMDの「HoloLens」の次期モデルに搭載するカスタムプロセッサ「HPU(Holographic Processing Unit) 2.0」にAI(人工知能)コプロセッサを組み込むと発表した。現在開発中としている。

 hololens 1 AIコプロセッサのイメージ

 HPUは、HoloLensの様々なセンサーから取り込む大量のデータをリアルタイムで処理するよう最適化されたMicrosoftオリジナルのプロセッサ。

 hololens 2 初代HoloLensのボード

 HPUにDNN(深層神経ネットワーク)を実装するAIコプロセッサを組み込むことで、データ処理をより高速化し、バッテリー消費を削減できるとしている。

 次期HoloLensのリリース時期についてはまだ何も発表されていない。公式ブログには「これはHoloLensのために開発している新機能のほんの一例であり、Microsoftが長期的投資が可能であることを示しいている」とある。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ