ニュース
» 2017年12月12日 11時00分 公開

東京丸の内の公道で自動運転バスの一般向け試乗会を実施――ソフトバンクらが実証実験へ

ソフトバンクと三菱地所が、2017年12月22日に東京都丸の内仲通りで、自動運転シャトルバス「NAVYA ARMA」の一般向け試乗会を実施。自動運転車の性能と社会的受容性を検証する。

[金澤雅子,ITmedia]

 ソフトバンクと三菱地所は、運転席がない自動運転シャトルバス「NAVYA ARMA」(ナビヤ アルマ)の一般向け試乗イベントを、2017年12月22日に東京都千代田区の丸の内仲通りで行う。試乗は完全予約制で、Webサイトから応募できる。参加費は無料。

 今回実施される試乗イベント「自動運転バス試乗会 in 丸の内仲通り」では、丸の内仲通りの交通を規制し、一般車両の進入がない専用空間にして往復約200メートルを走行する。開催期間は、12月22日の午後1時〜4時まで。

 東京23区内の公道を自動運転車両が走行するのは、今回が初の試み。イベントを通して、自動運転の性能、運用を実証するとともに、一般の参加者に試乗してもらうことで、自動運転車への受容性を検証する狙いがあるという。

Photo 今回使用する自動運転車両/丸の内仲通り

 自動運転シャトルバスNAVYA ARMAは、フランスのNavyaが設計、開発した自動運転専用の電気自動車。GPSなどで自車位置を測位し、LiDAR(レーザースキャナー)などで障害物を検知しながら、あらかじめ設定したルートを自律走行する。乗車定員15人、座席数11、最高速度は時速45キロで、走行時間は最長13時間。試乗イベントでは、SBドライブが所有する車両を使用する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -