ニュース
» 2018年03月05日 10時30分 公開

13業務にRPAを適用、年間6019時間の削減効果へ――大分銀行、CTCのRPA導入で業務自動化を加速

生産性向上と顧客サービスの強化に向け、RPAの導入を進める大分銀行は、伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)の協力の下、ローン実績資料作成や支店の営業報告集計など、13の業務にRPAの適用を拡大する。最大6019時間の定型業務の効率化を見込む。

[金澤雅子,ITmedia]

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は2018年3月2日、大分銀行から定型業務の自動化に必要なRPA(Robotic Process Automation)ツールの導入と開発を受注したと発表した。

 大分銀行では、生産性向上の施策としてRPAの導入を決定。2017年10月から自動化できる定型業務の洗い出しを進め、報告書の作成や集計業務を含めた92項目を特定した。既に、融資に関する月次報告資料の作成業務を自動化して、年間80時間以上の削減効果を見込んでいるという。

 現在も業務へのRPA適用に関する検証を行っており、2018年度上期には、ローン実績や各種資料の作成、支店の営業報告集計などを含めた13の業務にRPAを適用する予定。期待する削減効果は最大6019時間で、定型業務を効率化し、顧客サービスの強化を図る方針だ。

 CTCは、RPAの活用について、シナリオ設計からツールの導入・開発、検証作業や効果の測定を担う。

Photo 大分銀行のRPAによる自動化業務のプロセス

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -