ニュース
» 2018年07月13日 10時47分 公開

Microsoft、「Slack」対抗の「Teams」を無料で提供開始 日本でも

Microsoftが、Slackと競合するコラボレーションツール「Microsoft Teams」を「Office 365」抜きで無料で利用できるようにした。無料版でもSlackの無料版と異なり、メッセージ件数に制限がない。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは7月12日(現地時間)、これまで「Office 365」で提供してきたコラボレーションツール「Microsoft Teamsの無料プランの提供を開始した。日本語を含む40カ国語で利用可能だ。

 teams 1 日本でも無料でサインアップできる

 Teamsは、Microsoftが2016年に発表したチームコラボレーションツール。Slack対抗とみられている。

 teams 2

 利用するには、サインアップページでのMicrosoftアカウント、「勤務先の電話番号」「会社名」「会社の規模」「国または地域」の入力が必要だ。会社の規模として1人も選べるので、フリーランスでも利用可能だ。

 teams 3 電話番号などの入力が必須

 無料版でもメッセージ数と検索に制限はなく、ゲストによるアクセスも可能。最大300人までが参加できる。有料版にあって、無料版で使えない機能は、以下の通り。

  • Exchangeによるメールホスティングと独自のメールドメイン
  • OneDrive、SharePoint、Planner、YammerなどのOffice 365のサービス
  • あらかじめスケジュールを設定した会議
  • Microsoft Steamでの会議の録画・録音
  • 電話での通話と電話会議

 また、ファイル用のストレージが1人当たり2GBで、共有ストレージは10GBだ。データの転送と保管は有料版同様に暗号化される。

 ライバルのSlack無料版は、検索可能なメッセージは1万件までで、ファイル用ストレージは5GB、ゲストアカウントはない。

 Microsoftによると、Teamsは現在、181市場で20万以上の企業が活用しているという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -