ニュース
» 2018年09月12日 12時00分 公開

米国サッカー殿堂、NECの顔認証システムで来場客一人一人の好みに合わせた展示を実現

米NECが、米テキサス州にオープンする米国サッカー殿堂に顔認証システムを提供。来場客の好みに合わせた展示を実現し、カスタマーエクスペリエンス(顧客体験)の向上を図る。

[金澤雅子,ITmedia]

 NECは2018年9月11日、グループ会社のNECコーポレーション・オブ・アメリカが、2018年10月に米テキサス州に開設される米国サッカー殿堂「National Soccer Hall of Fame」に、顔認証システムを提供したと発表した。

 National Soccer Hall of Fameは、米国サッカー界の発展に寄与した人物をたたえる施設。顔認証システムを活用して、来場客一人一人の好みに合わせた展示を行い、カスタマーエクスペリエンス(顧客体験)の向上を実現する。

 来場客は、入場時に自身の顔画像と併せて、出身地、好きなチームやポジションなどの情報を登録。これにより、展示エリアでは顔認証システムが近づいてきた来場客を特定し、来場客の登録情報に応じた展示内容をデジタルサイネージなどに優先的に表示する。

 今回、同社が提供した顔認証システムは、NECの顔認証AIエンジン「NeoFace」を活用したもの。ディープラーニングによって、顔の向きの変化や低解像度の顔画像にも対応するなど、高精度な顔認識が可能。米国国立標準技術研究所(NIST)による動画顔認証技術のベンチマークテスト(FIVE)で、世界第1位となる照合精度99.2%の性能評価を獲得しており、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の関係者エリアの入場ゲートへの採用も予定されている。

Photo NECの顔認証システムによる動画顔認証のイメージ(出典:NEC 2017年リリース

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -