特集記事

x64版Windowsへの移行は急がば回れ? 
icon

x64版Windowsは徐々に普及する?

x64版Windowsへの移行について考える短期連載。最終回は、x64版Windowsへの移行にベストなタイミングはいつなのかを考える(特集:64ビットコンピューティング最前線)。 [2005/7/28]


IntelとAMDの64ビットプロセッサを整理する:
icon

64ビットへの移行が開始されたデスクトップPC向けプロセッサ

64ビット拡張プロセッサをサポートしたプロセッサの現状をセグメントごとに確認していく同特集。サーバ向けプロセッサに続いてはデスクトップPC向けプロセッサを見ていこう(特集:64ビットコンピューティング最前線)。 [2005/7/19]


icon

意外に簡単? x64アプリケーション開発環境の構築

64ビット環境のうんちくはもうたくさん、実際のアプリケーションの開発に役立つ知識が欲しい、という方のために開発面にも踏み込んでいこう。まず開発環境の構築から行う(特集:64ビットコンピューティング最前線)。 [2005/7/7]


icon

64ビットWindows環境の開発で注意したいポイント

64ビットWindows対応のプログラミングで注意すべきは、構造体のアライメントとパディングの問題だ。4月に行われたワークショップで筆者がおもしろいと感じたことを紹介する。(特集:64ビットコンピューティング最前線) [2005/6/21]


64ビットコンピューティング最前線:
icon

64ビットになると何が変わる?――64ビットプログラミングのデータモデル

システムが64ビットになるとプログラム的には何が変わるのか。3つの基本的な64ビットプログラミングデータモデルを取り上げながら、理解を深めていこう。 [2005/6/13]


64ビットコンピューティング最前線:
icon

64ビットへの移行で懸念される問題――基礎編

64ビットへの移行は、ビット数を増やすことによって得られるとても大きな恩恵があるが、問題が無いわけでもない。具体的な問題について触れる前に、問題の本質はどこなのかを短時間で理解しよう。 [2005/6/9]


64ビットコンピューティング最前線:
icon

あなたホントに64ビットを説明できますか?

われわれは本当に64ビットがもたらす恩恵を理解しているだろうか。本特集では、64ビットに関する基本的な知識から、64ビットプログラミングへの取り組み方やその考え方、注意点をなどを分かりやすく解説していく。 [2005/6/8]


注目のニュース

Itanium 2の新プロセッサはMontecitoへ向けたステップ

インテルが発表したItanium 2プロセッサの新製品は、Montecitoと同じFSBアーキテクチャを採用している。 [2005/7/19]


AMDはIntelと孤独に戦うことになる?

「Intelから圧力をかけられた」とされるPCメーカー幹部は、裁判所で証言を求められない限り、AMDへの支持を表明することはなさそうだ。 [2005/7/14]


インテル、「マルチコアCPU」時代のベンチマークを語る

すでにAthlon 64 X64やPentium Extreme Editionのレビュー記事で紹介しているように、使うベンチマークによってその結果が大きく変わるデュアルコアCPU。その実力を正しく評価してもらうべく、米国インテル本社からベンチマークのスペシャリストがやってきた。 [2005/7/1]


64ビットコンピューティング最前線:

言えないと恥ずかしいAMD64とEM64Tの違い

news017.jpg

本稿では、まずベースとなるCPUに注目し、32ビットアーキテクチャIA-32の64ビット拡張版である、AMD64とインテルEM64Tのそれぞれの特徴と新しい64ビット環境の概要を数回にわたって紹介していきます。(特集:64ビットコンピューティング最前線) [2005/6/24]


デュアルコアCPUを買うのは待った方がいい

「2」は「1」の2倍いい――はずなのだが、多くの人にとって、デュアルコアプロセッサに飛びついても意味がないかもしれないということは認めざるを得ない。(IDG) [2005/6/14]



関連記事


コラム

Intelのプラットフォーム戦略はPCハードウェア事業を救えるか?

AMDとの競争が激化し、コアマイクロプロセッサのコモディティ化が進むなか、Intelはプラットフォームブランド戦略で優位に立とうとしている。 [5/05/19]





Special

- PR -

Special

- PR -