ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「プログラマ社長のコラム「エンジニア、起業のススメ」」最新記事一覧

プログラマ社長のコラム「エンジニア、起業のススメ」(11):
それは本物の失敗じゃない
「失敗から多くのことを学びました」「私が成功したのは、失敗のおかげです」いやいや、失敗はそんな甘美なものではない。本物の失敗とはね……。(2014/9/22)

プログラマ社長のコラム「エンジニア、起業のススメ」(10):
「バブル期の日本」と「シリコンバレーなう」の共通点
シリコンバレーでは今、二流エンジニアたちがオフィスの卓球台の周りで多忙ぶりを嘆き合っている。その姿はまるで、バブル時代のニッポンのサラリーマンのようだ。(2014/8/5)

プログラマ社長のコラム「エンジニア、起業のススメ」(9):
スタートアップコミュニティを盛り上げるべきは誰なのか
大阪にはスタートアップ向けの立派な仕組みがあるのに、スタートアップコミュニティが盛り上がっていないらしい。原因はどこにあるのだろうか。(2014/6/17)

プログラマ社長のコラム「エンジニア、起業のススメ」(8):
“伝統的な営業スタイル”は、いつでもどこでも必要なのか
日本の営業マンは、とても親切だ。製品購入前にはあなたの会社まで来て丁寧に説明し、購入後もサポートの窓口となってあれこれ世話を焼いてくれる。しかしそうした営業スタイルを、顧客は常に望んでいるのだろうか?(2014/4/11)

プログラマ社長のコラム「エンジニア、起業のススメ」(7):
必要なのは夢ではない、付加価値だ
起業家に必要なのは、斬新なアイデアか、高い技術力か。もしくは大きな夢や志か―― いや、現実はもっとシンプルだ(2014/1/20)

プログラマ社長のコラム「エンジニア、起業のススメ」(6):
日本のシリコンバレーは何処だろう
日本の大学で学んだことは、実社会ではほとんど使い物にならないことが多い。この状況を打破するための試みが、日本のある場所で始まっている(2013/12/12)

プログラマ社長のコラム「エンジニア、起業のススメ」(5):
快適なオフィスが起業を促進するわけではない
日本で起業が活発化しないのはなぜだろうか? 市場の制度、日本人の気質、未整備の制度、それとも……?(2013/11/6)

プログラマ社長のコラム「エンジニア、起業のススメ」(4):
コピーキャット(パクリ屋)との戦い方
ビジネスは弱肉強食だ。規模の面ではるかに勝る同業他社にオリジナル製品やサービスをパクられたら、どうすればよいのだろうか。(2013/10/2)

プログラマ社長のコラム「エンジニア、起業のススメ」(3):
現実は「ソーシャル・ネットワーク」ではない
(2013/9/6)

プログラマ社長のコラム「エンジニア、起業のススメ」(2):
言葉の壁で守られた市場が、日本の起業家の武器
(2013/6/26)

プログラマ社長のコラム「エンジニア、起業のススメ」(1):
起業家は、非現実的に楽観的だからこそ素晴らしい
(2013/5/10)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。