ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ピタゴラスイッチの計算書を作ろう」最新記事一覧

設計最適化の要ともいえる、効率のいい事前検討方法をピタゴラスイッチの設計を通じて学ぶ。熟練技術士が“会社では誰も教えてくれない!?”ノウハウをレクチャーする。

ピタゴラスイッチの計算書を作ろう(2):
摩擦係数というより摩擦係数の変数だ
摩擦係数μは、斜面を滑りながら転がっているか、または滑らずに転がっているかにより意味が異なるって理解していた? (2008/9/25)

ピタゴラスイッチの計算書を作ろう(6):
コンピュータが設計するから、設計者は要らない!?
設計したどおりの機能が実現すればスコーン! と快感。しかしコンピュータにすべてを任せたら、それも味わえなくなるかも。(2009/3/24)

ピタゴラスイッチの計算書を作ろう(5):
ボールがスコーンと跳ねる高さを調整せよ
シーソーに置いたボールをバスケットにスコーンとゴールさせるには? ここでもエネルギー保存の法則や反発係数の定義などが活躍。(2009/1/27)

ピタゴラスイッチの計算書を作ろう(4):
台車を狙いどおりに転倒させるよう計算しよう
台車が直線スロープを降り、ストッパと衝突したときにきちんと転んでほしい。 さあ錘(おもり)の重量はどれくらいにしよう?(2008/12/5)

ピタゴラスイッチの計算書を作ろう(3):
ボールの運動軌跡が簡単に計算できるの?
ボールが滑っていく軌跡も計算で分かる。しかし本当にそうなる? シミュレーションと実験の結果を動画で比較してみた。(2008/11/6)

ピタゴラスイッチの計算書を作ろう(1):
摩擦があると、どうしてエネルギーを失うのか
摩擦によって力学的エネルギーが損失することを理解するためには、まずニュートンの運動方程式をきちんと理解する必要がある。(2008/8/25)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。