ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「システム管理入門」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「システム管理入門」に関する情報が集まったページです。

システム管理入門(9):
仮想化技術、本当に“当たり前”と言えますか?
“仮想化によるサーバ集約”は多くの企業にとってもはや当たり前のものとなった。だが、実際に仮想化技術を活用する立場にあるわれわれは、その“当たり前”を疑ってかからねばならない。特に今、企業にとって不可欠な存在となりつつあるクラウドコンピューティングのコア技術となるものだけに、疑問点は確実に解消しておきたい。(2011/11/17)

システム管理入門(8):
システム運用では、原因究明より大切なことがある
システムに異常が発生した際、原因を究明することも大切だが、そればかりに気を取られてしまうとITシステムにとって最も大切な「業務の遂行を安定的に支える」という要件を無視することになりかねない。(2010/9/21)

システム管理入門(5):
リリース管理に不可欠なテストとリハーサル
リリース管理の目標は、ITインフラの変更を本番環境に確実に実装することである。そのために不可欠なのが「テスト」と「リハーサル」だ。(2010/9/9)

システム管理入門(4):
変更管理の目標は何か
利用者の現場レベルでの変更も含めて、システム担当者はITインフラの変更すべてを把握する必要があるが、実際には極めて難しい。どうすればいいのだろうか。(2010/7/6)

システム管理入門(7):
あるあるネタで学ぶ、障害対応“7つの鉄則”
業務を止めないためには、起きた障害をいち早く解決することと、そもそも障害が起きないような備えをしておくことが大切。今回は障害対応を高速化する7つのポイントを、筆者独自の経験における“あるあるネタ”も絡めながら紹介しよう。(2010/6/16)

システム管理入門(3):
いかに根本的な原因を追究するか
メールシステムなどに見られるインシデントを管理する目的は、障害対応ではなく、あくまで現状復帰であると前回述べた。しかし業務に支障をきたすインシデントであれば、根本的な原因を突き止めて取り除く必要がある。それが「問題管理」である。(2010/6/3)

PowerShell的システム管理入門:
第3回 ファイル/レジストリの操作
PowerShellではファイルシステムだけでなく、レジストリや環境変数なども同じ方法でアクセスできる。その操作方法を解説する。(2010/5/19)

システム管理入門(6):
年々難しくなる「障害検知」のコツ
ITシステムの複雑化に伴い、年々速やかな検知が難しくなっているシステム障害。今回は障害をいち早く検知し、効率的に対処するためのポイントを紹介する。(2010/5/19)

システム管理入門(2):
インシデント管理=障害対応という誤解
「情報システムはいつでも使えて当たり前」と思っている利用者は、何かあれば容赦なくシステム管理者にクレームを飛ばしてくる。すべてに正面から向き合っていてはストレスがたまる一方だ。どう対応すべきだろうか。(2010/5/10)

PowerShell的システム管理入門:
第2回 PowerShellの基礎
PowerShellを使いこなすために必要な、最低限の基礎文法知識を身に付けよう。PowerShell 2.0の新機能についても解説する。(2010/4/15)

PowerShell的システム管理入門:
第1回 PowerShellの概要
コマンド・プロンプトやWSHスクリプトはもう古い!? これからのWindowsシステム管理はPowerShellでスマートに片付けよう。(2010/3/11)

システム管理入門(1):
システム管理者の仕事と「構成管理」 ――構成管理と資産管理
企業の情報システムを支える“縁の下の力持ち”――システム管理者はどんなミッションを担い、どのような仕事を行っているのか? 基礎の基礎から解説します。(2010/2/10)

Exchange Server 2007システム管理入門:
第3回 IMAP/POP/SMTPの設定
メールサーバ・アクセスに欠かせないPOPやIMAP、SMTP。Exchangeで使うには、明示的な有効化が必要だ。(2008/12/25)

Exchange Server 2007システム管理入門:
第2回 メールボックスの作成とルーティング設定
インストールができたら、次はメールボックスを作成してみよう。外部ドメインへ送信するためには送信コネクタも必要だ。(2008/11/13)

Exchange Server 2007システム管理入門:
第1回 Exchange Server 2007をインストールする
企業向けメール・サーバとして利用が広がるExchange Server。Exchangeメール・サーバ構築、運用管理の初歩を学ぶ。(2008/9/11)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。