レビュー
» 2004年12月28日 07時46分 UPDATE

レビュー“最終目的地”を選べる快適Blu-rayレコーダー〜シャープ「BD-HD100」 (1/5)

ソニー松下電器産業に続いて発表された3つ目のBlu-rayレコーダーが、シャープの「BD-HD100」。HDDにハイビジョン映像をいったん記録してから、その後の保存方法を考えられる“ハイブリッドならでは”の魅力は本機にしかないものだ。

[本田雅一,ITmedia]

 ソニー松下電器産業に続いて発表された3つ目のBlu-ray Discドライブ搭載ハイビジョンレコーダー、シャープの「BD-HD100」を試用した。発売ギリギリまで開発が続けられていた同製品だが、評価に使ったのは製品版と全く同じものだ。

photo 高輝度アルミ塗料を使用し、高級感を醸し出した外装

 シャープは今年、ハイビジョン録画が可能なDVD/HDDハイブリッドレコーダー「DV-HRDシリーズ」で人気製品を連発したが、BD-HD100もその流れを汲んだもの。DV-HRDシリーズで育ててきたハイビジョン/コピーワンス対応レコーダー用ソフトウェアを基礎にBDドライブへの対応部分を追加することで、世界初のBD/DVD/HDDハイブリッドレコーダーを実用化した。

photo 左がDVDドライブ、右はBD-REドライブ
photo 背面(クリックで拡大)。コンポジット/S端子、D4端子のほか、Blu-rayレコーダーとして初めてHDMI端子を搭載した

 若干の不安定さを感じる場面や、細かな操作性、仕様面での不満などはあったが、HDDにハイビジョン映像をいったん記録してから、その後の保存方法を考えられる“ハイブリッドならでは”の魅力は本機にしかないものだ。

 しかも、i.LINK経由でアイ・オー・データ機器の「Rec-POT M」への録画が可能。BD-HD100の内蔵HDDとRec-POT Mとの間でムーブも行える。ハイビジョン番組を録りためたいなら、本機は細かな不満を押しのけて余りある魅力がある製品だ。

photo リモコン(クリックで拡大)

DVD/HDDハイブリッドを基礎にBDドライブを追加

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.