ニュース
» 2005年02月09日 14時30分 UPDATE

ソニー、70V型SXRDリアプロTV「QUALIA 006」発表

ソニーマーケティングが、SXRD採用のフルハイビジョン対応70V型リアプロTV「QUALIA 006」を発表。民生用テレビでは国内最大サイズ。価格は168万円。

[西坂真人,ITmedia]

 ソニーマーケティングは2月9日、フルハイビジョン(1920×1080ピクセル)表示対応の70V型リアプロジェクション(リアプロ)TV“QUALIA 006”「KDS-70Q006」を3月15日から発売すると発表した。価格は168万円(専用フロアスタンド「SU-SX10」は21万円)。「70V型は民生用テレビでは国内最大サイズ」(同社)

photo 70V型リアプロジェクション“QUALIA 006”「KDS-70Q006」
photo

 米国向けに昨年9月に発表した「グランドベガ KDS70XBR100」を国内向けにローカライズした。同社のプロジェクター「QUALIA 004」にも搭載した独自のフルHDTV対応液晶デバイス「SXRD」(Silicon X-tal Reflective Display)を搭載。自然な色再現を行える3板式を採用。3板式SXRDの独自光学エンジンと200ワットランプで、明るい映像と深い赤を表現できるという。

photo 「SXRD」(Silicon X-tal Reflective Display)を搭載
photo 明るい映像と深い赤を表現できる

 地上デジタル、BSデジタル、110度CSデジタル、地上アナログ放送のフルダブルチューナー機能を搭載。同一放送/他デジタル放送同士など別チャンネルの2画面視聴や録画が行える。

photo テレビ本体とは別に外付けとなるメディアレシーバー

 垂直配向方式液晶で3000:1以上のコントラストと5ミリ秒以下の高速応答性を実現。高画質化回路「ベガエンジンHD」を搭載。新開発のアルゴリズムを適用した「HD高密度デジタルマッピング処理」により、SD/HD信号を高精細に変換する。

 視野角を大幅に改善した新開発のスクリーンシステムを採用。絞り(オプティカルアイリス)機構で視聴環境に合わせた黒再現を可能にする「シネマブラック・プロ」モードを搭載。

 フルデジタルアンプと大容量スピーカーボックスを組み合わせた高音質システム「S-Masterサウンドエンジン」を搭載。本体左右のスピーカーが脱着可能な「デタッチャブルスピーカー機構」を採用。

 GUIを使った操作性の高いユーザーインターフェース“XMB(クロスメディアバー)”を搭載。新コンセプトの折りたたみリモコンが付属。

 HDMI、USB、IEEE1394、D4など豊富なインタフェースを搭載したほか、メモリースティックスロットも装備。メモリースティックに保存したJPEG/MPEG-1/MP3ファイルの再生が可能だ。

主な仕様は以下の通り。

QUALIA 006
型番 KDS-70Q006
画面サイズ 70V型
パネル解像度 207万3600画素(1920×1080ピクセル)
入力対応信号 1125i、750p、525p、525i
消費電力 ディスプレイ部:285ワット、メディアレシーバー部:76ワット
入出力端子 ビデオ入力×3/D4入力×2/コンポーネント入力×2/HDMI×2/PC入力×1/USB×1/i.LINK×3/光デジタル音声出力×1/LAN×1
サイズ(ディスプレイ) 1907(幅)×1195(高さ)×627(奥行き)ミリ
サイズ(レシーバー) 430(幅)×97(高さ)×350(奥行き)ミリ
重さ(ディスプレイ) 126.5キロ
重さ(レシーバー) 9.8キロ
価格 168万円
発売時期 3月15日

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.