ニュース
» 2007年01月31日 19時08分 UPDATE

ハーマン、上位モデルの特徴を備えたAKGヘッドフォン新製品など

ハーマンインターナショナルが「AKG」のヘッドフォン2製品を発表。「K530」はシリーズの上位機種に投入されている技術やノウハウが投入された、コストパフォーマンスの高い製品だ

[ITmedia]

 ハーマンインターナショナルは1月31日、「AKG」ブランドヘッドフォンの新製品として「K530」と「K518DJ」を2月上旬より販売開始すると発表した。価格はいずれもオープンで、K530が2万2000円前後、K518DJが1万3000円前後。

 「K530」は名前の通り「Kシリーズ」の新モデルで、形式としてはセミオープン型に分類される。ヨーロピアンテイストあふれるホワイトの仕上げが特徴的。Kシリーズの上位機種に投入されている技術やノウハウが投入された、コストパフォーマンスの高い製品となっている。

 最上製品「K701」と同様、ダイヤフラムを音の再生される「サウンドゾーン」とその周囲で動きを支える「ムーブメントゾーン」に分類し、それぞれの厚みを最適化する「バリモーションシステム」を採用することで、鮮明かつ立体感のあるサウンドを実現したという。

photo K530

 AKG独自の「XXLトランスデューサー」(スピーカーユニット)も採用されており、低音の躍動感、中高域の鮮明さを正確に再生してくれる。ケーブルは伝送ロスや歪みを低減するOFCケーブル。3.5ミリ→6.3ミリ変換プラグも付属しているので、幅広い機器で利用できる。

 「K518DJ」はコンパクトなDJヘッドフォン。ハウジングは遮音性の高い密閉型で、騒音の激しい場所でも正確なモニタリングを可能にする高出力と、「AKG」のサウンドクオリティを両立させている。ハウジングの回転機能(270度回転)のほか、折りたたみ機構を備えており、カバンの中でも邪魔にならないようコンパクトに収納できる。

photo 「K518DJ」

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.