連載
» 2007年06月21日 11時04分 UPDATE

デジモノ家電を読み解くキーワード:「DRMフリー」――新時代のオーディオコーデックを考える

AppleとEMIによって始まった「DRMフリー」の流れは、これからの楽曲オンライン販売のあり方を大きく変える可能性を秘めている。

[海上忍,ITmedia]

AppleとEMIの“DRMフリー戦略”が呼んだ波紋

 EMI MusicがiTunes StoreでDRMフリーの楽曲を提供するという4月2日の発表は衝撃をもって受けとめられた。Appleのスティーブ・ジョブズCEOは今年2月にDRM廃止論を表明していたが、成果がすぐ現れるとは誰も予想していなかったはず。

photo iTunes Storeでは、いちはやく「iTunes Plus」としてDRMフリーの楽曲の取り扱いを開始した

 その数日後には米Microsoftが、Zune MarketplaceでEMIの楽曲をDRMフリーで提供すると発表。5月には米Amazonも音楽オンライン販売への参入を表明、EMIを含む1万2000を超えるレーベルの楽曲をすべてDRMフリーで提供する方針を明らかにした。MP3tunes.comなどDRMフリーのオンラインストアは以前から存在したが、今回の一連の流れは、潤沢なコンテンツを抱える大手レーベルが参加したことに意味がある。

DRMフリーの楽曲は“+α”で勝負

 ここで注目したいのが、各オンラインストアが採用するコーデック。iTunes Storeは従来どおりAAC、新規参入のAmazonはMP3。公式にはコメントしていないが、Zune MarketplaceはWMAを採用する公算が高い。

 DRMフリーとともに、高ビットレート化の流れもある。iTunes Storeで扱うDRMフリーのAAC(iTunes Plus)は、帯域に従来比2倍の256kbpsを適用。Amazonはビットレートを公表していないが、プレミアムダウンロードと称されたサービスであることから、低いとは考えにくい。コーデックの種類こそ違えど、DRMフリーで高ビットレート、価格は少し高めという「+α」を前面に出す販売戦略は、各オンラインストア共通と見ていいだろう。

DRMフリーの行き着く先

 オーディオコーデックを語るとき、音質を直接左右するビットレートに注目が集まりがちだが、前述したとおりDRMフリー時代では高ビットレートが当たり前、もはや高音質という触れ込みでは商品の差別化が難しい。各オンラインストアとも、楽曲の品揃えはもちろん、アルバムジャケットの画像や歌詞など"おまけ"の提供に力を入れるはずだ。

 再生機器を増やすための取り組みも始まっている。先週には、ヤフーが「Yahoo! ミュージック」でiTunes Storeとの連携をスタートさせ、従来はATRAC3に限定されていた品揃えにiTunes StoreのDRMフリーなAACが加わった。iPodでもウォークマンでも聴けるため、かなりの集客効果が見込まれる。

 しかし、DRMフリーと再生機器増加の取り組みが行き着く先は、「コーデック選択の自由」だと筆者は考える。実際、ロシアの楽曲販売サイトAllofMP3(著作権問題により閉鎖される見込み)では、購入時にMP3やAAC、WMAなどのコーデックをユーザーが選び、自由にエンコード方式(CBR/VBR)やビットレートを決定できる。DRMという足かせが消えつつある現在、このようなオンラインストアが増えても不思議ではないはずだ。

関連キーワード

Apple | DRM | iPod | iTunes


執筆者プロフィール:海上忍(うなかみ しのぶ)

ITコラムニスト。現役のNEXTSTEP 3.3Jユーザにして大のデジタルガジェット好き。近著には「デジタル家電のしくみとポイント 2」、「改訂版 Mac OS X ターミナルコマンド ポケットリファレンス」(いずれも技術評論社刊)など。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.