ITmedia NEWS >
ニュース
» 2007年07月26日 15時45分 公開

富士フイルム、27ミリスタートの光学18倍ズーム「FinePix S8000fd」

富士フイルムが27ミリスタートの光学18倍のズームレンズを備えた一眼レフタイプデジカメ「FinePix S8000fd」を発表。CCDシフト方式の手ブレ補正も搭載した。

[ITmedia]

 富士フイルムは7月26日、一眼レフタイプのデジタルカメラ「FinePix S8000fd」を9月上旬より販売開始すると発表した。価格はオープンで実売想定価格は5万円前後。

photo 「FinePix S8000fd」

 昨年7月に発表された「FinePix S6000fd」と同様の一眼レフタイプだが、“フジノン”光学レンズの倍率を10.7倍から18倍(35ミリ換算27〜486ミリ)に強化、スナップから風景までさまざまな撮影シチュエーションに対応する。5.1倍のデジタルズームも用意されており、組み合わせると91.8倍という驚異的なズーム撮影が行える。開放F値はF2.8〜8.0。

photophotophoto 18倍ズームだとレンズはここまで伸びる(左)(中)、電源OFF時(右)

 望遠時の撮影に対処すべく、CCDシフト式の手ブレ補正機能も搭載した。また、手にしっかりとフィットするようボディ形状にも改良が加えられたほか、表面各所には滑り止めのラバーが配置されている。撮像素子は1/2.5型有効画素数800万画素CCD。オートでISO1600、マニュアルモード時には最高ISO6400までの高感度撮影が行える(ISO6400での撮影時は画素数400万画素)。

 顔検出機能「顔キレイナビ」も引き続き搭載。最短約0.05秒で最大10人の顔を検出、ピントをあわせるとともに、露出も自動調整する。自動赤目補正機能も搭載されているほか、フラッシュ撮影時には顔の位置に基づいた発光量調整も行われる。

 15コマ/秒(最大200万画素)と7コマ/秒(最大200万画素)の連写機能によってスポーツシーンの撮影にも力を発揮する。シーンモードはナチュラルフォト/高感度2枚撮り/人物/風景/スポーツ/夜景/花火/夕焼け/スノー/ビーチ/美術館/パーティー/花の接写/文字の撮影/オークションの15種類が用意される。

photophotophoto

 背面液晶は2.5インチ(約23万画素)で、0.24インチ(23万画素)の電子ビューファインダーも備える。ビューファインダーの視野率は約97%。同時発表の「FinePix Z100fd」と同じく、同時100コマを背面液晶に表示できる「マイクロサムネイル機能」も備えている。

 「デュアルスロット」によってxD-ピクチャーカードとSDメモリーカードのいずれも使用できる。電源には単三形アルカリ乾電池4本ないし単三形ニッケル水素電池4本を利用し、撮影可能枚数は約350枚/約500枚(CIPA規格)。本体サイズは111.3(幅)×78.2(高さ)×79.3(奥行き)ミリ、約410グラム(本体のみ)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.