ニュース
» 2007年09月11日 12時00分 UPDATE

光学18倍&高速連写のコンパクトデジカメ「CAMEDIA SP-560UZ」

オリンパスが焦点距離27-486ミリ(35ミリ判換算)の光学18倍ズームを搭載したコンパクトデジカメ「CAMEDIA SP-560UZ」を発表した。

[ITmedia]

 オリンパスイメージングは9月11日、光学18倍ズームレンズを搭載したコンパクトデジタルカメラ「CAMEDIA SP-560UZ」を9月21日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は5万5000円。

photophoto CAMEDIA SP-560UZ

 35ミリ換算での焦点距離が27-486ミリの光学18倍ズームレンズを搭載する。F値はF2.8-F4.5。レンズはEDレンズ2枚、非球面レンズ4枚を含む11群14枚で構成されている。マクロ撮影では被写体距離1センチでの撮影が可能。CCDシフト式の手ブレ補正機構を搭載するほか、最高ISO6400の高感度撮影で手ブレと被写体ブレに対応した。

 800万画素の1/2.35インチCCDと、画像処理チップ「TruePic III」(トゥルーピック・スリー)の採用により秒間15枚の連写を実現する(画像サイズが1280×960ピクセル以下時)。最大40枚の連続撮影能力にくわえ、シャッターボタンを半押しし、押し切る前の画像を10コマ分記録する「プリキャプチャー機能」も搭載した(画像サイズが1280×960ピクセル以下時)。

 顔検出機能は同社独自の「フェイス&バックコントロール」を搭載。顔検出AFにくわえ、部分ごとに最適な露出を設定することで顔と背景とをきれいに写すことのできる顔検出AEを搭載した。また被写体の笑顔を検知し、自動でシャッターを切る「スマイルショット」も備えている。撮影後の編集機能も充実させ、顔の表情などを変形処理する「ファニーフェイス」や、顔のまわりが放射線状にアウトフォーカスする「センターフォーカス」などの機能を搭載した。

photo 本体背面

 本体サイズは116(幅)×78.5(高さ)×78(奥行き)ミリで、重さは365グラム(電池・カード含まず)。2.5インチのTFTカラー液晶を搭載する。単三形アルカリ乾電池4本、または単三形ニッケル水素電池4本を電源とし、撮影可能枚数は約380枚。xD-ピクチャーカードに対応するほか、約47Mバイトのメモリーを内蔵した。

関連キーワード

オリンパス | CCD | CAMEDIA | デジカメ | 手ブレ補正


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう