ニュース
» 2008年03月03日 15時51分 UPDATE

32V型でフルハイビジョン、“REGZA”「32C3800」

東芝が32V型のフルHDパネルを搭載した液晶テレビ“REGZA”「32C3800」を発売。

[ITmedia]
photo 「32C3800」

 東芝は3月3日、液晶テレビ“REGZA”の新製品として「32C3800」を3月16日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は19万円前後。

 32V型ながらもフルHD解像度(1920×1080ピクセル)の液晶パネルを搭載。ハイビジョン放送やハイビジョンタイトルはもちろん、PCやゲーム機を接続した際にも、高精細な映像を楽しめる。液晶パネルはVA方式で、視野角は上下左右178度。なお、昨年発売されたWXGAパネル(1366×768ピクセル)を搭載した32V型「32C3500」は併売される。

 そのほかのスペックや機能面は32C3500をほぼ踏襲しており、映像エンジンは「新メタブレイン・プロ」を搭載し、フルハイビジョン解像度を採用した番組表「レグザ番組表・ファイン」も利用できる。チューナーは地上デジタル、地上アナログ、BS/110度CSデジタルを搭載する。

 入力インタフェースにはHDMI×2、D4×1、コンポジット×3などを用意。HDMIは「レグザリンク」に対応しており、接続されたレコーダー「VARDIA」やビデオカメラ「gigashot」などを本製品のリモコンで操作できる。対応オーディオシステムの電源/音量操作なども可能だ。文字をはっきり表示させ、PC接続時に適した「PCファインモード」や入力からのタイムラグを抑える「新ゲームモード」などの表示モードも用意されている。

 サイズは80(幅)×28.5(奥行き)×59.2(高さ)センチ、17.9キロ(いずれもスタンド含む)。

関連キーワード

REGZA | 東芝 | ハイビジョン | 液晶テレビ | HDMI | フルHD


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう