ニュース
» 2008年04月25日 17時34分 UPDATE

パイオニア、CDからのUSB録音に対応したDVDプレーヤー3機種

パイオニアが、同社初となる音楽CDデータのUSBメモリ保存が可能なモデルなど、DVDプレーヤー3モデルを5月下旬より順次発売する。上位機種はDSCDのHDMI伝送にも対応。

[ITmedia]

 パイオニアは4月25日、音楽CDデータからUSBメモリへの保存が可能なモデルなどDVDプレーヤー3モデルを、5月下旬より順次発売すると発表した。価格はオープンで、実売予想価格はDV-610AVが2万6000円前後、DV-410V-K/-Sが2万円前後、DV-310が1万2000円前後。

photophoto 「DV-610AV」(左)と「DV-310」(右)
photophoto 「DV-410V-K」(左)と「DV-410V-S」(右)

 今回発売されるDVDプレーヤーは「DV-610AV」「DV-410V-K(ブラック)/-S(シルバー)」「DV-310」の3モデル。いずれも本体サイズは420(幅)×49.5(高さ)×215.5(奥行き)ミリ、重量は1.8キロ。共通機能として、DVDビデオやCD-DAの再生に加え、DVD-R/RWやCD-R/RW、USBメモリなどに記録されたDivX、MP3、WMA、MPEG-4 AAC、JPEGファイルの再生が可能なほか、DV-610AVおよびDV-410V-K/-SではWMVやJPEG HDの再生にも対応する。

 DV-610AVとDV-410V-K/-Sは、映像信号を1080pへアップスケーリングしてHDMI端子から出力できるため、より高画質なDVD視聴が可能。またDV-610AVでは、SACDに記録されたDSD方式のデジタル信号をHDMI端子からダイレクト出力できるほか、高度な再生機能を持つ「DivX Ultra」への対応、192kHz/24bit 高性能6ch DACの搭載、さらには音楽CDのデータをMP3形式でUSBメモリなどへ保存可能な「CD→USB録音」機能を同社で初めて採用しているのも特徴となる。なお、DV-310はHDMI端子を搭載しない低価格モデルとなっている。

関連キーワード

パイオニア | DivX | MPEG | SACD | WMA


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう