ニュース
» 2009年05月15日 15時28分 UPDATE

価格下落進むデジタル家電、テレビはエコポイント開始でさらに低価格化も

テレビやレコーダーなど、デジタル家電の販売価格低下が進んでいる。テレビについては「エコポイント」の開始でさらに低価格化も。BCN調べ。

[ITmedia]

 BCNによれば、今春GW期間中のデジタル家電販売状況を前年に比較したところ、販売台数では昨年を上回るものの、販売金額では前年割れという製品が目立つ結果になったという。

 この傾向が顕著なのは薄型テレビで、GW期間中の販売台数は前年比17.8%増を記録したが、販売金額では4.9%の減少。理由は複数考えられるが、BCNでは平均単価の下落(前年比19.3%の低下)も要因のひとつではと分析している。

photo 写真はイメージです

 薄型テレビの販売に関しては「エコポイント」が5月15日より開始されたが、この制度も販売動向に大きな影響を及ぼしそうだ。

photo

 この制度では、販売価格ではなく画面サイズに応じて、7000から3万6000のポイントが付加される(→15日スタート、知っておきたい「エコポイント」の基礎知識 )。ポイントが何に交換できるか正式には発表されていないが、商品券やプリペイドカードなどとの交換が予定されている。

 画面サイズに応じてポイントが付与されるため、同画面サイズならば販売価格の安いものほど、購入予定者からみた場合に実質的な“お買い度”が高くなる。そのため、販売店がさらに販売価格を下げ、購入予定者へアピールする事態も想定できる。BCNでは「さらなる安値誘導を引き起こす可能性もでてきた」と指摘している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう