ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「デジタル家電」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

この発想はなかった……! スマホを手放さないと食事できないユニークなお皿が誕生
「スマホと向き合うよりも、食事と向き合って欲しい」。(2020/11/9)

スマート工場のインフラ:
PR:スマート工場化で高まる「電源」の重要性、モジュラー型UPSが示す7つの価値
IoTやAIなどのデジタル技術の活用により、圧倒的な効率化や付加価値創出を目指すスマート工場化が拡大している。しかし、これらのデジタル技術を支える「電源」の保護については、対策の導入が進んでいない状況である。スマート工場にふさわしい電源環境とはどういうものなのだろうか。(2020/10/23)

建築家やデザイナーも納得するHPのデジタルツール:
PR:ニューノーマル時代の建築設計にマッチする、これまでにない“デジタルシフト”の新提案
新型コロナウイルスによって、期せずして国内の建設業界にも働き方に変革がもたらされた。長時間労働や担い手不足、他産業と比べて低い生産性など、問題は依然として山積しているが、コロナ禍のポジティブな副産物としては、“デジタルシフト”が急速に進んだことが挙げられる。今後はニューノーマルを生き抜くために、いかに最適なデジタルツールを選び出すかがカギとなりそうだ。その際には条件として、グローバルでの社会課題にもなっているSDGsや多様なワークスタイルへの適合性なども、考慮する必要があるだろう。(2020/10/22)

「どう生きるか」でPCを選ぶ時代に向けて――富士通2020年個人向け冬PC 注目機種を紹介
富士通クライアントコンピューティング(FCCL)が2020年冬商戦向けの新モデルを発表した。あらゆるニーズに応えるべく非常に多岐に渡る新モデルの中から、筆者個人として注目する機種を紹介する。(2020/10/20)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
デジタルAVの“兵どもが夢の跡”に思う分岐点
変化の時代だからこそ、“違和感”を発信したい。(2020/10/8)

デスク付きフィットネスバイク「ツクエアロ」 在宅勤務中も“ながら運動”
運動しながら付属のテーブルにPCを置いて在宅ワークを行えるフィットネスバイクが発売。価格は2万9900円(税込)。(2020/10/7)

世界を読み解くニュース・サロン:
止まらない中国排除 米国の次のターゲット、鍵を握る「クラウド」企業
米国のさらなる中国企業排除が注目されている。米政府の「クリーンネットワーク計画」では5つの分野で情報を守ろうとしているが、特に中心となるのが「クラウド」。中国のクラウドサービスが次のターゲットとなる可能性があり、日本もまた振り回されそうだ。(2020/10/1)

Go AbekawaのGo Global!〜Yonatan Wexler編(前):
機械には世界がどう見える? イスラエルの少年はゲームより「認識」がお好き
人間ならすぐできるのにコンピュータには難しい、そこが面白い――グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回はOrCam TechnologiesのYonatan Wexler(ヨナタン・ウェクスラー)氏にお話を伺う。コンピュータで遊ぶより、コンピュータが持つ可能性に心引かれた同氏が「OrCam MyEye」を開発した理由とは。(2020/9/30)

これからの広告の定石を語る(後編):
好意度と購入意向を10倍以上にした「局所的熱狂」をどう生み出すか
成功する広告は他と何が違うのか。マーケターが押さえておくべき新しい広告戦略の定石と注目のマーケティング手法について、最新事例とともにマーケティング戦略の専門家が解説する。(2020/9/17)

エレベーターの「密」 デジタル技術で回避 電機各社、コロナ対策で技術力発揮 工場を「在宅管理」も
電機メーカー各社が「非接触」や「省人化」などをキーワードに、職場での新型コロナウイルス感染防止に向けた技術開発を加速させている。(2020/8/20)

エレベーターの「密」、デジタル技術で回避 電機各社、コロナ対策で技術力発揮 工場の在宅管理も
電機メーカー各社が非接触や省人化を目指して、職場での新型コロナ感染防止に向けた技術開発を加速させている。既存技術を活用した製品の開発や改良で、新たな需要の掘り起こしを狙う。(2020/8/20)

星暁雄「21世紀のイノベーションのジレンマ」:
イーサリアム2.0の足音 あなたが知らないブロックチェーン最前線
2020年8月4日、イーサリアム(Ethereum)の次世代版であるイーサリアム2.0の公開テストが始まった。イーサリアムは有力な暗号通貨であり、同時に有力なブロックチェーン技術のひとつだ。その技術の世代交代が始まろうとしている。(2020/8/19)

湯之上隆のナノフォーカス(29):
主戦場がサーバに移ったDRAM大競争時代 〜メモリ不況と隣り合わせの危うい舵取り
DRAM産業は、出荷個数が高止まりする新たなステージに突入したと考えられる。そこにはどんな背景があるのか。(2020/8/17)

プロジェクター付きシーリングライト「popIn Aladdin」にテレビと音声操作を追加するオプションが登場
プロジェクター付きシーリングライト「popIn Aladdin」のオプションとしてワイヤレステレビチューナーとスマートリモコンが登場。(2020/7/30)

FAニュース:
ロボットと制御機器をまとめて制御、オムロンが統合コントローラーを発売
オムロンは2020年7月29日、従来は別々のコントローラーとソフトウェアが必要だったロボットと制御機器をまとめてコントロール可能な「ロボット統合コントローラー」を同年7月31日に発売すると発表した。(2020/7/30)

オムロンが「ロボット統合コントローラー」 生産ラインの設計や運用をリモートで 
生産ラインに導入することで複雑な作業をロボットに任せられるほか、生産ラインの設計や運用をリモートで行え、新型コロナウイルスの感染予防で求められる生産現場の省人化に貢献できるという。(2020/7/30)

オムロンが「ロボット統合コントローラー」 生産ラインの設計や運用をリモートで
制御機器大手のオムロンは29日、ロボットと制御機器の操作を一つに統合して連携を高める「ロボット統合コントローラー」を31日に発売すると発表した。(2020/7/30)

7色に光るマスク登場 点滅やグラデーションで“存在感”を演出
7色に光るマスクが登場。価格は2970円(税込)。(2020/7/28)

湯之上隆のナノフォーカス(28):
半導体産業はコロナに負けない! 製造装置市場の動向を読み解く
コロナ禍にあっても半導体産業は強いようだ。特に半導体の微細化は止まるどころか、むしろ加速しているようにすら見える。今回は、製造装置市場の動向を、過去も含めて読み解いてみたい。(2020/7/27)

PR:写真シェアや仕事の効率アップ iPhone/iPadでSDメモリカードを手軽に活用する方法
iPhoneやiPadで不便に感じるのが、外部メモリスロットを搭載していないこと。クラウドサービスを使うのも1つの手だが、多くのデータの保存や交換をするには月額料金がかかる。そこでオススメなのが、SDメモリカードとカードリーダーを組み合わせた活用法だ。(2020/6/24)

3Dプリンタニュース:
デジタル技術を活用したフットウェアブランドへデジタルの知見を提供
デジタルアルティザンは、同社メンバーが立ちあげたデジタル技術を活用したフットウェアブランド「MAGARIMONO」へデジタルの知見、手法を提供した。同ブランドは6月中旬にフットウェアの全貌を公開し、受注を開始する。(2020/6/10)

香川県議会、「ゲーム条例」香川弁護士会からの要求に回答 廃止をする「理由ない」
香川県議会が声明を公開しました。(2020/6/3)

第24回「震災対策技術展」横浜:
SNSの書き込みから被害状況を収集、「ソーシャル防災」を支援する解析テクノロジー
昨今は、SNSの浸透とともに、社会に発生するさまざまな事象の情報が、スマホに代表されるモバイルツールから日々投稿されている。JX通信社は、Twitter上を流れるツイートから、災害・事故・事件などに関する情報を得るシステム「FASTALEAT」を開発した。既に放送局や通信社などのメディアで多数採用されており、その有用性は高く評価されている。(2020/6/3)

ニューノーマルをテーマに:
「CEATEC 2020」オンライン開催に変更 幕張メッセ開催は中止
ITやデジタル家電の展示会「CEATEC 2020」について、実施協議会は幕張メッセでの通常開催を中止し、オンラインで開催すると発表した。10月に開催し、オンラインならではの企画も展開する。(2020/5/25)

福田昭のデバイス通信(243) 2019年度版実装技術ロードマップ(53):
コネクタが電子機器の生産性向上と拡張性維持を支える
今回からコネクタを紹介する。まずはコネクタの種類と用途について解説する。(2020/5/1)

顔認証技術:
PR:「ハンズフリー」で出社できる最新工場、先進技術が現代の職人を育てる
スマートフォン向けマイクロコネクターのめっき加工で業界をリードする東新工業が、新設の松本工場の入退管理および勤怠管理システムとの連携にNECの顔認証システムを導入した。それもICカードを併用した部分的な導入ではなく、工場全体の入退を行うシステムとして採用したのだ。製造業が顔認証システムを採用する事例がまだ少ない中で、同社はなぜ導入に踏み切ったのだろうか。(2020/3/26)

Innovative Tech:
口パクで音声入力、喉に小型センサーで 東大とソニーCSLが技術開発
視聴覚障害者のための触診リップリーディングから発想を得た。(2020/3/18)

湯之上隆のナノフォーカス(23):
パンデミック後の半導体製造、ボトルネックになるのは日本なのか
ついに「パンデミック宣言」が出た新型コロナウイルス(COVID-19)の猛威は続き、さまざまな業界に影響が及んでいる。製造業/半導体業界は今後、どのような局面を迎えるのか。実は、終息のメドが立った際、最も早く立ち直るべきは日本なのである。(2020/3/17)

福田昭のデバイス通信(229) 2019年度版実装技術ロードマップ(39):
EMC規制の始まりと、EMC対策部品の働き
「2019年度版 実装技術ロードマップ」を紹介するシリーズ。今回から、「4.2 EMC対策部品」の概要を解説していく。まずは、EMC規制の始まりやEMC対策の考え方、EMC対策部品の主な機能について解説する。(2020/2/26)

湯之上隆のナノフォーカス(22):
CASE時代のクルマ産業、ボトルネックになり得る半導体は何か
CASE(Connected、Autonomous、Shared & Services、Electric)の波が押し寄せている自動車産業。それに伴い、1台当たりのクルマに搭載される半導体の量も増加の一途をたどっている。では、そんなCASE時代の自動車産業において、“ボトルネック”となり得る半導体とは何か。(2020/2/18)

国会中継を見て「デジタル遺品」の専門家が身構えてしまったワケ 国には期待できず……私たちができること
国会でデジタル遺品に関する質疑が初めて行われた。10分間のやりとりを通しで見た率直な感想は、「デジタル遺品はまだちょっと普通の遺品より面倒な存在だな」だった。死生とデジタルを追うライター・古田雄介氏がこの質疑の本質を解く。(2020/1/30)

【お知らせ】買い物を楽しくする“お気に入り”発見サイト「Fav-Log」がオープン
自分の“お気に入り”を見つけられるサイト「Fav-Log by ITmedia(ファブログ・バイ・アイティメディア)」がデビューしました。ITmedia MobileやITmedia PC USERを通して培ってきたノウハウで、より広いユーザーの商品選びのお手伝いをしていきます。(2020/1/10)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
「すごいカメラ」と「ヘンなカメラ」が存在感を示した2019年
2019年のカメラで印象的だったのは、「すごいカメラ」と「ヘンなカメラ」が目立ったこと。完成度は高いんだけど強い個性がないカメラが埋もれちゃってもったいないというくらい、印象的なカメラがいっぱい出てきた。(2019/12/30)

組み込み開発 年間ランキング2019:
ラズパイ4とJetson Nanoは大注目、パナソニックを変える“懲役5年”おじさんとは
2019年に公開したMONOist組み込み開発フォーラムの記事をランキング形式で振り返る。1位に輝いたのは、3年ぶりの新モデルが発売されたあの製品の解説記事でした。(2019/12/26)

OPPO INNO DAY 2019:
OPPOのスマホ工場を見て感じた「品質至上主義」/フラグシップストアで5Gを体感
OPPOの工場は、深センから車で40分ほどの広東省東莞市にある。今回公開されたのは、ハードウェアのテクノロジーを研究する「Hardware Engineering Lab」、マザーボードなどの基板を製造する「SMT Center」など。中に入って、「従業員の邪魔になるのでは?」と心配になるほどの距離で見せてもらえた。(2019/12/23)

160カ国以上から来訪:
1年で230万人集客 順路なし、あえて“さまよう”美術館に外国人観光客の行列ができる理由
東京・お台場で2018年6月にオープンした美術館が、1年で約230万人が訪れる人気施設となっている。特に、外国人観光客が全体の5割を占めることが大きな特徴だ。同館を目的として東京を訪れる外国人が多いのはなぜか。施設の狙いと特徴を森ビルに聞いた。(2019/12/10)

キングジム、筆圧4096段階対応の電子ノート PDF編集やDropbox連携も
キングジムは、電子ノート「freno」のクラウドファンディングを始めた。4096段階の筆圧検知に対応し、ノートの検索機能やPDF編集機能も備える。(2019/12/4)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
UniPhier、有機CMOS、ReRAM……売却されたパナソニック半導体のこれまで
EDN Japan/EE Times Japanの過去掲載記事で振り返ります。(2019/12/2)

製造マネジメントニュース:
パナソニックが半導体事業を台湾Nuvotonに譲渡、60年の歴史に幕
パナソニックは2019年11月28日、パナソニック セミコンダクターソリューションズ(PEMJ)を中心に運営する半導体事業を、2020年6月に台湾のWinbond Electronics傘下のNuvoton Technologyに譲渡することを決めた。(2019/11/29)

宮田健の「セキュリティの道も一歩から」(43):
高い壁を壊して設計前からデータ中心で――意識の高い製造業こそ“性悪説”
「モノづくりに携わる人」だからこそ、もう無関心ではいられない情報セキュリティ対策の話。でも堅苦しい内容はちょっと苦手……という方に向けて、今日から使えるセキュリティ雑学・ネタをお届け! 今回は、IT世界でバズワードとなっている“性悪説”――ゼロトラストが、意外と製造業でピタリとハマる可能性があるのでは……というお話です。(2019/11/29)

製造マネジメントニュース:
ADASやHMIに集中、“再挑戦事業”から脱却目指すパナソニック車載事業
パナソニックは2019年11月22日、各事業の状況を紹介する「Panasonic IR Day 2019」を開催。本稿ではその中から、パナソニック オートモーティブ社(AM社)の社長である楠見雄規氏の説明内容を紹介する。(2019/11/27)

製造業IoT:
PR:日本の顧客に寄り添って30年、時代に応じた組込みOSのニーズをとらえてサービスを進化
注目を集めるIoTやエッジコンピューティングで重要な役割を果たす組込みOSのベンダーとして知られるウインドリバー。日本法人の設立から30周年を迎えた同社は、今後どのようにデジタルトランスフォーメーションを加速化させていくのだろうか。(2019/11/27)

スマートリテール:
イオンモールがスマート化、「快適なカスタマージャーニー」をどう実現するのか
イオンモールは、「イオンモール幕張新都心」をパイロット店舗として、さまざまなデジタル機器を活用してショッピングセンターをスマート化する「スマートモール」の取り組みを進めている。この“スマート・イオンモール”の実証で効果を確認できたサービスは、順次国内で展開を広げていく方針だ。(2019/11/13)

ブックオフ、24時間申し込める「宅配ボックス買取サービス」開始
ブックオフコーポレーションは、10月28日にマンションの宅配ロッカーを利用した「宅配ボックス買取サービス」を開始。ブックオフオンラインや公式アプリから買い取り申し込み後に「フルタイムロッカー」へ品物を投函(とうかん)すれば買取査定手続きが完了する。(2019/10/31)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
CEATECも東京モーターショーもマジでヤバいのか
変わらなければいけないタイミングなのは確かです。(2019/10/1)

湯之上隆のナノフォーカス(16):
日韓経済戦争の泥沼化、短期間でフッ化水素は代替できない
日本政府による対韓輸出管理見直しの対象となっている3つの半導体材料。このうち、最も影響が大きいと思われるフッ化水素は、短期間では他国製に切り替えることが難しい。ただし、いったん切り替えに成功すれば、二度と日本製に戻ることはないだろう。(2019/8/19)

製造業×IoT キーマンインタビュー:
パナソニックが狙う“暮らし”と“現場”、2つのプラットフォーマーへの道
「Society4.0にうまく適合できなかった」と危機感を示すパナソニック。ソフトウェア開発体制の強化など、Society5.0時代に向けてさまざまな変革を進める。パナソニックが新たに変革すべきところ、強みとして残すべきところはどういうところになるのだろうか。パナソニックのイノベーション推進部門を統括する専務執行役員である宮部義幸氏に話を聞いた。(2019/7/29)

マシリトが行く!:
『ジャンプ』伝説の編集長が語る「21世紀のマンガ戦略」【前編】
『ジャンプ』伝説の編集長、マシリトこと鳥嶋和彦氏が21世紀のマンガの在り方を余すところなく語った前編――。(2019/7/19)

査定額がアップする「ビック買取マネー」スタート デジタル機器の買い取りを電子マネーで
現金で受け取るより査定額がアップします。(2019/7/17)

ビックカメラが「ビック買取マネー」開始 買い取りが“チャージ”に
ビックカメラが、買い取りカウンターを設ける全国のビックカメラグループ各店で独自の決済サービスを開始。買い取り時、現金の代わりに「買取マネー」を受け取ると、買い取り価格の5%増しでチャージされる。(2019/7/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。