ニュース
» 2009年06月17日 17時32分 UPDATE

厚さ99ミリの85V型プラズマ、パナソニックが開発

パナソニックは、NeoPDP技術を採用した85V型のフルハイビジョンプラズマディスプレイを発表した。6月17日に米国オーランドで開幕する「InfoComm09」に参考出展する。

[ITmedia]

 パナソニックは6月17日、85V型のフルハイビジョンプラズマディスプレイを開発したと発表した。業務用製品として販売する計画で、今秋から日米を皮切りに世界展開を図る。なお、このディスプレイは17日から米国オーランドで開催される「InfoComm09」に参考出展する。

photo 85V型のフルハイビジョンプラズマディスプレイ。横はサイズ比較用の42V型

 2006年発売の103V型プラズマディスプレイで培った大判パネルの開発生産技術を元に、NeoPDPなどの最新技術を盛りこんだ。42V型4枚分という大きなパネルながら、厚さは99ミリ。コントラスト比は4万:1という。また、デジタルサイネージなどの業務用途に適した「LANコントロール」機能や、独自の拡張インタフェース「ファンクションスロット」を備える。

 外形寸法は2015(幅)×1195(高さ)×99(厚さ)ミリ。重量は約130キログラム。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう