ニュース
» 2009年08月11日 16時57分 UPDATE

山陽トランスポート、スタンドアーム付きのUSBデジタル顕微鏡

山陽トランスポートは、USB接続対応のデジタル顕微鏡「EEA-MAN1011」の取り扱いを発表した。

[ITmedia]
photo EEA-MAN1011

 山陽トランスポートは8月11日、USB接続対応のデジタル顕微鏡「EEA-MAN1011」の取り扱いを発表、同社直販「esupply」にて販売を開始した。直販価格は1万2550円(税込み)。

 EEA-MAN1011は、USB接続に対応した200万画素CMOSセンサー搭載のデジタル顕微鏡で、光学5倍〜150倍のズーム表示に対応。専用ソフトでの映像表示と静止画キャプチャーが可能で、本体側ボタンで倍率調整やシャッター操作、LEDランプ調整などを行うことができる。

 本体を固定可能なフレキシブルアーム付きスタンドも付属。本体サイズは32(幅)×107(奥行き)×29(高さ)ミリ、重量は約38グラム(本体のみ)。対応OSはWindows Me/2000 Professional(SP3以降)/XP(SP2/SP3)/Vista。

関連キーワード

顕微鏡 | CMOS | LED | Windows


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう