ニュース
» 2009年08月26日 14時35分 UPDATE

アニメに強い「CREAS 2 plus」搭載、ソニーの新フラグシップ「BDZ-EX200」登場

ソニーが発表したBDレコーダーの新しいフラグシップモデル「BDZ-EX200」は、新しい高画質回路「CREAS 2 plus」や2系統のHDMI出力を搭載するなど、画質と音質に注力したモデルだ。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 ソニーは8月26日、BDレコーダーの2009年秋モデルとして、フラグシップモデルの「BDZ-EX200」を含む3シリーズ5機種を発表した(→ソニー、新デザイン&「CREAS 2」搭載の新型BDレコーダーを発表)。フラグシップモデルとなるBDZ-EX200は、従来のXシリーズからデザインと設計思想を踏襲し、専用の高画質回路「CREAS 2 plus」を搭載するなど、画質と音質に注力したモデルだ。価格はオープンプライスで、11月中旬に発売する。店頭では28万円前後になる見込み。

photophoto 「BDZ-EX200」

 外観は、従来のXシリーズと共通。4ミリという分厚いアルミニウム天板を採用し、余分な振動を抑える設計だ。ボディーカラーは、同社の高級オーディオである「ESシリーズ」と同じブラックのヘアーライン加工に変更し、さらに高級感を演出している。2系統のHDMI出力を備えているのもハイエンドモデルならでは。映像と音声を個別に出力することで、余分な干渉を抑え、より高品質の伝送が可能になる。

photophoto 厚さ4ミリのアルミ天板を採用。HDMI出力は2系統を用意している

 ユニークなのは、ハイエンドモデルにだけ採用された新しい高画質回路「CREAS 2 plus」だ。下位モデルにの「CREAS 2」と異なり、新しいチップを追加。スムージング機能を強化して、縦・横・斜めの幅広い疑似輪郭に対応した。アニメーションなどに生じやすい等高線状のカラーバンディングなどにも強いという。

 また、「アニメ・CGリマスター」は、輪郭にのりやすいモスキートノイズを抑制する。「ノイズ部分には、健全な絵をコピー・ペーストして作り替えるという方法で、デジタル放送録画でもBD-ROMに迫るクオリティーを実現する」(同社)。

 「クロマアップサンプリングフィルター」も搭載。ジャギーを抑えて滑らかかつキレのある映像を再現するという。「これらの機能は、再生時に適用するため、昔、録画したディスクにも効果がある」(同社)。

 内蔵HDDは2Tバイト。デジタルダブルチューナーにより、2番組同時録画が可能だ。新たにXMBの設定からデフォルトの録画先に「録画1」「録画2」を指定可能になったほか、2番組同時録画時に両方の録画ユニットで「おまかせチャプター」が使えるようになっている。

 新しいMEPG-4 AVCエンコーダーや、「スカパー!HD連動」「ソニー ルームリンク」「おでかけ転送」といった機能も下位モデルと共通。MEPG-4 AVCエンコーダーでは、最大8倍の長時間記録とともに、スポーツやアニメといった番組ジャンルによって録画時の画質パラメーターを自動的に最適化する「ジャンル別エンコーディング」が利用できる。

 本体サイズは430(幅)×334(奥行き)×95(高さ)ミリ。重量は約7.9キログラム。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.